ホーム > 青年漫画 > 週刊ヤングサンデー > 殺し屋1(イチ)

6.82点(レビュー数:51人)

作者山本英夫

巻数10巻 (完結)

連載誌週刊ヤングサンデー:1997年~ / 小学館

更新時刻 2010-05-23 09:26:19

あらすじ 舞台は新宿歌舞伎町。気弱で泣き虫だけど特製スーツに身を纏うと殺戮マシーンに変化するイチは、残忍で究極のマゾヒストである安生組の若頭・垣原との抗争に巻き込まれるのだが・・・。

備考 読者に「痛み」を感じさせるような意図的な暴力描写と異常な性癖の登場人物達が特徴。

シェア
Check

殺し屋1(イチ)のレビュー

点数別:
31件~ 35件を表示/全51 件

8点 オカシューさん

漫画だから許される表現か。とにかく危ない刺激を追い求めればここまでくるか、というそのタイトルどおり殺し屋の漫画。

グロいのダメな人は読みながら「これ無理無理無理無理〜」とエンドレスに言う事になるだろう。(その前に読むのやめるか・・)

悪くいえば他人の生爪はがれたのをみて楽しむ作品、良くいえば本から痛みが伝わる作品。
表現不足でもこれくらい書けば用心して読んでもらえるだろう。

所持巻数 全巻

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-07-27 21:36:58] [修正:2009-07-27 21:44:54] [このレビューのURL]

4点 櫻井さん

はっきりいってかなり人を選びます。えぐいです。作者が結局何を
言いたかったのかよくわかりませんでした。ただ、登場するキャラクターの
その凄まじい個性は単純に凄いと思います。
僕は割りと楽しめましたが、人に勧めるのはちょっと無理です(汗)

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-05-06 22:31:45] [修正:2009-05-06 22:31:45] [このレビューのURL]

7点 飛魔人さん

グロい部分もあり 万人受けは絶対しないだろうけど
読み始めると 最後まで一気読みしたくなる漫画
インパクト大

思い出して また読みたくなる

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-04-16 02:56:28] [修正:2009-04-16 02:56:28] [このレビューのURL]

7点 bugbugさん

全巻一気読みして、衝撃を受けたことを覚えています
当時、高校生だった私にはかなり刺激が強いマンガでしたね

登場人物に性倒錯者が多く、表現もわざと嫌悪感を煽るように
描かれています
表現的にも精神的にもグロテスクですので、苦手な人は注意してください

ストーリーは非常に良く出来ています
単純なストーリーと思いきや、裏の設定が豊富で
展開を読むことはまず不可能でしょう
驚きながらページを読み進めることができます
キレイに完結しているので、余計に作品の評価を高めたくなります

太くインパクトのある線を好む作家さんで
世界観とマッチしていて、読みやすかったです

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-01-25 23:39:16] [修正:2009-01-25 23:39:16] [このレビューのURL]

6点 カッコウさん

[ネタバレあり]

痛いシーンばっかりでヤになっちゃう漫画

・・・と思ってたけど、垣原がマンションでヤクザ殺しちゃう
シーンなんかは少しドラマチックだった。
そんな感じです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-09-20 00:53:11] [修正:2008-09-20 00:53:11] [このレビューのURL]

PR


殺し屋1(イチ)と同じ作者の漫画

山本英夫の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊ヤングサンデーの情報をもっと見る