ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスピリッツ > ホムンクルス

5.63点(レビュー数:33人)

作者山本英夫

巻数15巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスピリッツ:2003年~ / 小学館

更新時刻 2010-05-29 11:51:07

あらすじ 新宿西口で車上生活をしている名越は、他のホームレスの中にとけ込めない日々を送っていた。そんな彼の唯一の楽しみは、車で気ままに走ることだった。だがついにガス欠となり、お金も底をついてしまう。そんなある日、名越の前に不気味な男が現れて、彼に声をかけてくるのであった。

「ねえ、『トレパネーション』、やってみない…?」

シェア
Check

ホムンクルスのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全33 件

5点 yumenneさん

最後まで読んでいた手前こんなことをいうのはなんだが、あまり好きな作品ではない。漫画家というのは結局時間がなく、締め切りに追われすぎていて、人生経験も少ないためか、青年漫画のようなリアルな話題に突っ込んだ話になると、微妙であることが多いと、自分は感じる。

こういうあたかも世の中の裏側を暴き出してやったような気になっているようなのはどうも苦手だ。

結局この主人公に対して著者がどう思っているのかなどさっぱりわからなかった。何もかもを突き放し置いていった印象。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-05-13 20:49:46] [修正:2018-05-13 20:49:46] [このレビューのURL]

序盤は深層心理の具現化という面白い発想で引き込まれました。
コマ割りやセリフも少なく読みやすかったです。

中盤からは精神世界、仮想世界がディープすぎてついていけなくなりました。
自己との向き合いの描写もずっと立ち往生で、展開の進展も遅かったです。

序盤の主人公の能力を駆使して、相手の心の闇を浄化するオムニバス方式がもっと読みたかったです。

抽象的な表現が多いのに、セリフで説明する描写がかなりあるのは違和感があって、
主題も不明確でした。

色々批判してますが、人間の内面描写は上手かったし、
抑圧からの解放の描写は共感する部分も多く、読めて良かったと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-07-23 18:45:26] [修正:2015-07-23 18:45:26] [このレビューのURL]

5点 デビルチョコさん

面白かったです。

序盤は謎が多く、続きが気になる。
伏線の回収も良く出来ていたし、絵も良かった。
しかし同じような話の繰り返しで途中から飽きてくる。

ラストは良かった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-03-10 07:13:52] [修正:2015-03-10 07:13:52] [このレビューのURL]

5点 fooさん

最初は目新しくグイグイ引き込まれましたが
中盤からはやはり題材が難しいこともあり、中だるみ

主人公の心の闇に迫るシーンが長くてもうちょっと短くてもよかった
んじゃないかな?あーでもない、こーでもないと遠回り

尻すぼみな作品ですが

ラストは好きです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-09-29 22:58:00] [修正:2013-09-29 22:58:00] [このレビューのURL]

6点 勾玉さん

題材になっているトレパネーションが新鮮、ホムンクルスの視覚的な表現も斬新で
見たことのない世界観に引き込まれます。
上記に加え、序盤はこの作者の鬱屈した作風も控え目なため
思わず人に薦めたくなる大衆向けの面白さもありました。

しかし、5巻あたりから主人公の内面を映し出す形で徐々に作者の地が出始め
案の定、人を選びそうなドロドロとした展開に…。
正直言って色々と気持ちの悪い作品ですが、
扱っている内容の奇抜さもあり、妙に先が気になってしまう漫画でもあります。

ラストも決して気持ちの良い幕切れではありませんが
過去を捨て、社会から逃げ、最終的には現実からも目を背けてしまった男の末路としては
あれが妥当な線なのかもしれませんね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-09-05 19:10:21] [修正:2013-09-05 19:10:21] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
1234567

ホムンクルスと同じ作者の漫画

山本英夫の情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスピリッツの情報をもっと見る