ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスピリッツ > RAINBOW 二舎六房の七人

7.36点(レビュー数:19人)

作者柿崎正澄

原作安部譲二

巻数22巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスピリッツ:2003年~ / 小学館

更新時刻 2011-01-12 12:52:15

あらすじ 湘南特別少年院に堕ちてきた水上真理雄ら六人の少年は、収容された二舎六房で、良い兄貴分である桜木六郎太と出会う。それは真理雄たちにとって、初めて出会った優しい年長者だった。ただ、生き抜くことすら困難だった時代に、七人の少年たちはようやく信頼できる仲間を手に入れたのだが……?「再来年の夏は、みんなでシャバにいてェよな」、七人が抱いた、初めての淡い希望は、果たして叶うのだろうか? (週刊ヤングサンデー公式サイト紹介文より)

備考 「週刊ヤングサンデー」にて連載開始され、休刊に伴い「ビッグコミックスピリッツ」へ移籍した。

シェア
Check

RAINBOW 二舎六房の七人のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全19 件

6点 朔太さん

原作者安部譲二氏の昭和30年代回顧録といった感じです。
負けて終わった戦争の傷跡が残り、人々は貧しく社会は
混とんとしていました。
生き残った者たちは、ただその日その日を送っていくだけで、
辛く厳しい時代ということです。
一面で暴力か才覚でサバイバルに勝ち残り財をなし、
のし上った人物伝も聞く話ですが、一面で厳しく淘汰
された時代なのでしょう。

その多くの後者たちの中でも、絆とか友情とか仲間で生きる
希望を求める時代だったようにも思います。
原作者は、その時代の方が幸せなんじゃないか、と
問いかけているようにも思えます。

2003年から8年の連載で、全22巻の長編ではありましたが、
思いのほか単調な展開でした。
大人買いで全巻を読破しましたが、全編、同じトーンで
終始しましたので、最初の数巻でも良かったかと思います。


ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-01-27 06:25:18] [修正:2018-01-27 06:25:18] [このレビューのURL]

1部は文句なしの面白さです。ただ2部以降の理想や自分探し編の失速具合。

6人が悪徳行為を結構してるのに、それがスルーされてます。
6人以外の悪人は異常に醜悪に描いている部分も引っかかりました。

あとこの作品は友情、恋愛、ボクシング、犯罪、不条理とテーマが多いです。
バラエティが富んでいるというより、詰め込みすぎて破綻してる印象です。

どこに重きを置けばいいか分からないし。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-01 23:05:40] [修正:2015-03-09 18:00:51] [このレビューのURL]

7点 レントロンさん

可もなく不可もなくですが、どちらかと言われれば楽しめたかな?
そんな感じのマンガでした。絵はいいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-02-09 17:46:40] [修正:2012-02-09 17:46:40] [このレビューのURL]

7点 abexturnerさん

男の友情が大好きな人に勧めたいです。

前半と後半で物語の方向性が結構変わります。

大きく分けると前半の少年院編と後半のそれぞれの人生探し編。

それぞれ違うベクトルで楽しめるので前半苦手な人も後半まで是非読んで頂きたいですね!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-01-27 12:47:34] [修正:2012-01-27 12:47:34] [このレビューのURL]

8点 落とし穴さん

戦後間もない日本で少年院という地獄に落ちてしまった7人の少年たちの友情の物語。

7人の少年たちが大人たちによってこれでもかってくらい不条理な扱いを受けます。でも、7人は互いを信じあい、互いのために命を張り、懸命に生きていきます。

やはり、この漫画は第1章が圧倒的に衝撃的で、残酷で、それでいてとても熱い。7人の友情が物語をかなり熱くし、かつ悪役が圧倒的に悪役を演じていて7人の友情をさらに印象的にしています。

しかし、第1章が衝撃的すぎて、面白過ぎて、第2章からが退屈に思えてしまいます。個人的にも初めは面白かったのは第1章とメグ関連の話のみであるという認識でした。
しかし、最近読み返してみるとそれぞれのキャラクターに愛着がわいたからかどの話もとても楽しんで読めました。

精神的にキツイ描写も多いですが、この漫画は2回以上は読んでもらいたいと思います。そこにはとてつもない感動が待っています。


個人的にはメグ編のヘイタイと、スッポンが好きなキャラですね。誰よりも仲間思いなスッポンには何度も泣かされそうになりました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-08-30 21:57:14] [修正:2011-08-30 21:57:14] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
1234

RAINBOW 二舎六房の七人と同じ作者の漫画

柿崎正澄の情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスピリッツの情報をもっと見る