ホーム > 青年漫画 > 月刊アフタヌーン > ヨコハマ買い出し紀行

7.75点(レビュー数:49人)

作者芦奈野ひとし

巻数14巻 (完結)

連載誌月刊アフタヌーン:1994年~ / 講談社

更新時刻 2011-01-12 13:08:16

あらすじ 舞台は、文明がほぼ滅びた近(?)未来。
のんびりとした時が流れ、のちに”夕凪の時代”と呼ばれる時代。
とある片田舎(神奈川県・三浦半島近辺)の西の岬で、小さな喫茶店を経営する主人公ロボット、アルファと、彼女を取り巻く人々との、穏やかな穏やかな物語。
(はてなダイアリーより)

備考 2009年10月より新装版が発売。

シェア
Check

この漫画のレビュー

7点 punpeeさん

一見、SF設定の、日常ほのぼの系漫画。
ただ、そこで終わっていたら、私も大して評価は出来ないんですが、
この作品は、終盤で、時の流れを感じた主人公の寂しさや切なさを描いているのが、良かったです。

時の流れがある為、一話一話の地味な点が、最後には繋がった線となり、物語になっています。

なんとなくでコーヒーも読みたくなる漫画です。

作者も主人公も、「人によっては何でもない、意味や価値があまり感じられないものを楽しむ」感性に訴える作品なので、
読み手もそういうタイプかどうかで、完全に評価が分かれると思いますね。


完全版が出たので、買い直した作品です。
カラーページが多い点も満足しています。

ちなみに、この作者の別の作品は、どれも地味過ぎて好きになれませんでした。笑

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-02-20 22:09:25] [修正:2016-02-20 22:09:25]

ヨコハマ買い出し紀行と同じ作者の漫画

芦奈野ひとしの情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊アフタヌーンの情報をもっと見る