ホーム > 青年漫画 > 月刊アフタヌーン > エンブリヲ

7点(レビュー数:5人)

作者おがわ甘藍

巻数3巻 (完結)

連載誌月刊アフタヌーン:1994年~ / 講談社

更新時刻 2009-11-25 06:39:42

あらすじ 朔良(さくら)市の結城沼は、洪水対策の為に
長いあいだ水門を閉じたままの人造湖。
水の流れがよどみ、多くの生物が死滅していく中で、
ある種が、生きる為の進化を遂げる。
それは人体の脊椎で、胎児(エンブリヲ)を育てることであった!

舞台は、結城沼から最も近い県立将門高等学校。
生物部に所属する少女、布良衿子(めら えりこ)はある時近くの森で謎の虫に刺されてしまう。
それからという物、衿子の回りで人々が次々に謎の虫に襲われるという事件が発生する。そして衿子の体にも異変が生じていた…。

備考 現在、エンターブレインから復刻版が発売中。

シェア
Check

エンブリヲのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全5 件

7点 Leonさん

虫の描写が結構グロかった。虫嫌いには相当なものだろう。
でも虫と人との共存などテーマがあったのは良かったかな。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-03-10 17:35:08] [修正:2020-05-22 17:47:14] [このレビューのURL]

6点 ゆうぞうさん

うへー…
変なもん読んじまった…
まさに狂気。グロいです。
お話?んーもはや覚えてない…
好きな人は好きそうかなぁ

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-07-23 12:10:11] [修正:2011-07-23 12:10:11] [このレビューのURL]

7点 ジブリ好き!さん

尊敬するレビューワー方お二方がレビューなさっていたので、ぜひ読もうと思っていた作品、ついに読みました!

本当に気持ち悪かったです。画がきれいで上手な分、余計に。

内容は、ナウシカの世界観に似てる部分もあり、楽しめました。
自らの力で地球環境自体を変えようとする個体。興味深かったです。
ただやっぱり、勝手に体にワームの子供を産みつけられたのに、それを愛してしまう主人公が理解できなかった。「レイプ」って漫画でもそんな場面がありましたが(虫ではありませんがw)、やはり理解できなかった。それはたぶん私が男だからでしょう。母性ってすごいや。

深くはないけど濃い作品。漫画でしか表現できない作品。
普通の方にはお薦めはしませんが、読む漫画がなくて困っている方や、ホラー好きでグロ耐性がある方にはぜひ読んでほしいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-01-13 16:01:46] [修正:2010-01-13 16:01:46] [このレビューのURL]

7点 Dr.Strangeloveさん

変異を遂げた昆虫に主人公が卵を産みつけられて・・・というB級ホラーっぽい内容。


本当に描写が気持ち悪い。今まで読んだ漫画の中でベスト10に入るかもしれない。
鳥肌が立つぐらいゾッとしたシーンもあり。

ほったらかしの伏線も多いので傑作とはいいがたいが、独特の魅力を持った怪作。

にしてもこの頃のアフタ作品はどれも濃い漫画ばっかりだ。
できればリアルタイムで読んでみたかったと思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-09-25 12:02:13] [修正:2009-09-25 12:02:13] [このレビューのURL]

8点 居酒屋さん

あらすじ
少女が虫に刺され何かをうみつけられる そして・・・

面白かった ホラー調だが虫と人の進化の話
今こういうSF?みたいな進化の話が大好きなんです

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-03-04 08:40:01] [修正:2009-03-04 08:40:01] [このレビューのURL]

PR


エンブリヲと同じ作者の漫画

おがわ甘藍の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊アフタヌーンの情報をもっと見る