ホーム > 少年漫画 > 週刊少年サンデー > 月光条例

5.41点(レビュー数:34人)

作者藤田和日郎

巻数29巻 (完結)

連載誌週刊少年サンデー:2008年~ / 小学館

更新時刻 2010-05-27 15:11:59

あらすじ 何十年かに一度、月から青い光が降り注ぐ「月打(ムーンストラック)」と呼ばれる現象が起こる時がある。そして「月打」が起こるとこの世の「おとぎ話」が狂ってしまうという。そして「おとぎ話」の世界の長老達はこれに対処すべく、「月光条例」という一つの法律を作り上げた。その内容は、「青き月光でねじれた『おとぎばなし』は…猛き月光で正されねばならない」そんな時、「おとぎ話」の世界から「鉢かづき姫」と呼ばれる者が「読み手」の世界(現実世界)に助けを求めてやってきた。そして、彼女を助けた少年、岩崎月光(いわさき げっこう)は偶然、「月光条例」の執行者に選ばれ、狂った「おとぎ話」を正すための戦いをする事になるのであった…。

シェア
Check

この漫画のレビュー

こんばんはー
ポケモントレーナーみゆきです♪

今回は、現在も少年サンデーにて連載中の大人気作家・藤田和日郎さんによる熱いマンガ『月光条例』について書いていきますー!

この作品のウリは、なんと言っても主人公の熱い生き方です!!


本作の世界では、青い月の光に照らされて「月打(ムーンストラック、げつだ)」という現象が起こることで、物語の登場人物や世界がおかしくなり、現実世界にまで影響が出てしまう世界です。

そのため、登場人物には「シンデレラ」「赤ずきん」「浦島太郎」「桃太郎」などなど、超有名な童話や物語のキャラが激変して登場します笑

その「月打」を受けたキャラクターたちを物語に返すことが出来るのが「月光条例」という力を執行する執行者たちです。

主人公である月光(ゲッコー)は、時には拳で、時には生き様で物語の登場人物たちにどんどん影響を与えて、月光条例を執行していきます!

ほんの少しだけ名言を引用するなら
『だから他人に 自分の人生を 評価させるんじゃねえ。』(月光)

この生き方だけでもぜひ一度知ってほしいと思いますー!


以上、ポケモントレーナーみゆきでした♪

ナイスレビュー: 1

[投稿:2020-03-01 21:46:33] [修正:2020-03-01 23:22:19]

月光条例と同じ作者の漫画

藤田和日郎の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年サンデーの情報をもっと見る