ホーム > 少年漫画 > 週刊少年サンデー > お茶にごす。

7.7点(レビュー数:44人)

作者西森博之

巻数11巻 (完結)

連載誌週刊少年サンデー:2007年~ / 小学館

更新時刻 2012-08-21 12:41:51

あらすじ “悪魔(デビル)”と恐れられる中学最凶の男、船橋雅矢。高校入学時、相棒・山田とともになんと茶道部に入部。だって、不良の修羅の道から足を洗い、静かなハートと学園ライフを手に入れたいんだモン!!だけど、その体にどっぷり染みついた不良魂は簡単には消えないモノで・・・!?血とお茶がほとばしる文化系・脱不良コメディー始動!!

シェア
Check

お茶にごす。のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全44 件

8点 kitanoさん

ちょっと風変わりな設定と単純明快なストーリーに、個性的なキャラと脱力的ギャグを気持ち良い間隔で忍び込ませた西森流萌え漫画。男前な主人公と、理想的なヒロインという、西森らしいキーワードを大胆に取り入れつつ、少年漫画の古い伝統を受け継いだ可愛らしい絵柄が醸す柔和な雰囲気に目を奪われる。お手軽な巻数、丁度いいギャグ・キャラ・展開といい、万人に勧めたい優しいコメディ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-03-13 20:11:31] [修正:2016-03-13 20:11:31] [このレビューのURL]

7点 punpeeさん

この作者の「今日から俺は」以降の作品では、これが一番面白いです。

キャラクターが躍動している。
女の子が特に可愛いのと、ブルーが出てくるエピソードは結構笑いもあります。
あとは主人公の真面目な葛藤もあり、読み応えがあります。
巻数もまぁ妥当なところ。

何よりも、クライマックスも無理矢理バトルで盛り上げようとしてないところがいい。

この作者が大好きな倉庫バトル描写もありません。
記憶が正しければですが。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-02-06 15:49:27] [修正:2016-02-06 15:49:27] [このレビューのURL]

ギャグとシリアスのバランスはいつも通り上手いです。

自分を見つめ直して、優しくなりたいって設定も良かったです。

でも喧嘩パートが地味すぎでした。
他作品にある危機感というのものが見当たらなく、呆気なかったです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-15 14:39:20] [修正:2015-03-05 18:16:25] [このレビューのURL]

4点 pazzoさん

今日から俺は!!も読んだが、どうにも楽しめなかった。
こういうジャンルのマンガ自体が肌に合わないのかもしれない。ギャグパートも楽しめなかった。

この作者の軽い感じの作風が合わないのかもしれない。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-05-05 04:05:12] [修正:2014-05-05 04:05:12] [このレビューのURL]

9点 とこまさん

元々悪魔と呼ばれていた主人公が茶道部という異色な部活に入り
人間の鏡のような部長と会い人間的に成長していくお話。

終わり方が秀逸すぎて、余韻に浸ってしまった。これだから漫画は辞められない。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-02-10 10:03:19] [修正:2013-02-10 10:03:19] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

お茶にごす。と同じ作者の漫画

西森博之の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年サンデーの情報をもっと見る