ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスペリオール > AZUMI あずみ

5.25点(レビュー数:4人)

作者小山ゆう

巻数18巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスペリオール:2009年~ / 小学館

更新時刻 2009-11-25 00:46:42

あらすじ 1860年(安政7年)大老井伊直弼が、桜田門外にて襲撃される。その間隙を突いて、井伊を仕留めた少女の名前は・・・“あずみ” 若き志士の情熱が滾った幕末を舞台に、刺客として生きた少女の軌跡−この巻より始まる!!

備考 『あずみ』第2部。

シェア
Check

この漫画のレビュー

6点 鈴森一さん

[ネタバレあり]

「あずみ」の続編です。
主人公の名前は「あずみ」
前作の主人公と同じ名前で、見た目も同じです。
でも、前作の主人公とは別人です。

前作の舞台は安土桃山時代から江戸時代。
今作の舞台は幕末。

幕末の動乱の中で、刺客・あずみが活躍する物語となっています。

前作あずみとの人物やストーリー上のつながりはほぼありませんが、今作単独で読むのではなく、前作と比較しながら、作者の意図を想像して読むほうが楽しいと思います。


今作のあずみには「駿介」という兄弟がいて、彼がもうひとりの主人公となっています。
駿介とその家族を巡っていろいろ事件が起こります。

駿介がいるので、作者は話が動かしやすそうです。

前作あずみほどのグロ描写はなく、読者が精神的に安定して楽しめる漫画になっています。
前作が作者の予想以上にメジャー作品となり、ここまでメジャーになるならグロは控えなきゃとか作者が思ったのかも、とかそんな想像をするのが楽しかったです。

実在する人物の中では、坂本龍馬が群を抜いて好漢に描かれており、作者の坂本龍馬への愛を感じます。
(「おーい竜馬」の作者さんですから当然といえば当然ですが…。)

剣士が活躍する漫画なのに、殺陣シーンがいつもややかっこ悪く描いてあります。
作者の力量的に、殺陣シーンはかっこよく描こうと思えばいくらでも描けそうです。
それでもかっこよく描かないのは、人殺しがかっこいいはずがない、という作者の価値観の表れなのでしょうか・・・?

けっこう楽しめる漫画なのですが、最期はあまり盛り上がらず、あっさり終わってしまったのが、残念です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-04-18 22:42:45] [修正:2019-04-18 22:44:56]

AZUMI あずみと同じ作者の漫画

小山ゆうの情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスペリオールの情報をもっと見る