「鈴森一」さんのページ

総レビュー数: 71レビュー(全て表示) 最終投稿: 2010年01月07日

3点 太郎

長編ボクシング漫画です。
「あしたのジョー」とか、「がんばれ元気」とかに連なる系統の漫画です。
ストーリーが丁寧に描かれています。
個人的には、よくあるタイプの漫画だなーと思えてしまい、後半になるに連れて興味がなくなっていきました。

個人主観の採点のため点数は低いですが、作品としての完成度が低いわけではありません。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-09-02 18:38:18] [修正:2019-09-02 18:38:18] [このレビューのURL]

4点 群竜伝

主人公は白井なのかと思ったら、どんどん変わっていきます。
よく言えば群像劇ですが、私は作者の思いつきで話を進めているだけのように感じました。


岩鉄高校を甲子園で優勝させる、という白井の目的から物語が始まり、それを軸に話が進んでいきます。

しかし、それは2巻までです。
甲子園を目指して地区予選決勝を戦っていた岩鉄高校ですが、試合の決着が着く前に、岩鉄高校自体がストーリーに出てこなくなります。
決勝戦の途中で、主役の高校が、いきなりストーリーから消えるのです。
勝ったのか、負けたのかすらよくわかりません。


その後、刺青に関する話が進んでいきます。

全4巻しかないのに、ストーリーが破綻しすぎですね。

勢いはあるので、楽しく読めます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-09-02 15:55:07] [修正:2019-09-02 18:15:15] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

「あずみ」の続編です。
主人公の名前は「あずみ」
前作の主人公と同じ名前で、見た目も同じです。
でも、前作の主人公とは別人です。

前作の舞台は安土桃山時代から江戸時代。
今作の舞台は幕末。

幕末の動乱の中で、刺客・あずみが活躍する物語となっています。

前作あずみとの人物やストーリー上のつながりはほぼありませんが、今作単独で読むのではなく、前作と比較しながら、作者の意図を想像して読むほうが楽しいと思います。


今作のあずみには「駿介」という兄弟がいて、彼がもうひとりの主人公となっています。
駿介とその家族を巡っていろいろ事件が起こります。

駿介がいるので、作者は話が動かしやすそうです。

前作あずみほどのグロ描写はなく、読者が精神的に安定して楽しめる漫画になっています。
前作が作者の予想以上にメジャー作品となり、ここまでメジャーになるならグロは控えなきゃとか作者が思ったのかも、とかそんな想像をするのが楽しかったです。

実在する人物の中では、坂本龍馬が群を抜いて好漢に描かれており、作者の坂本龍馬への愛を感じます。
(「おーい竜馬」の作者さんですから当然といえば当然ですが…。)

剣士が活躍する漫画なのに、殺陣シーンがいつもややかっこ悪く描いてあります。
作者の力量的に、殺陣シーンはかっこよく描こうと思えばいくらでも描けそうです。
それでもかっこよく描かないのは、人殺しがかっこいいはずがない、という作者の価値観の表れなのでしょうか・・・?

けっこう楽しめる漫画なのですが、最期はあまり盛り上がらず、あっさり終わってしまったのが、残念です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-04-18 22:42:45] [修正:2019-04-18 22:44:56] [このレビューのURL]

10点 赤龍王

「項羽と劉邦」を漫画化した作品です。
項羽、劉邦はもちろん、韓信、鯨布、陳勝らの群像劇が、エネルギッシュに、テンポよく描かれています。

この漫画は、私が小学生の時に、少年ジャンプで連載されていました。
当時は小学生なので、よく理解できない内容が多々あり、大人の漫画という印象でした。
それでも、「おもしろい」と思って読むのを楽しみにしていました。
ただ、当時、私は毎週ジャンプを購入できる環境にはありませんでした。
気づいたら、赤龍王の連載は、いつのまにか終わっていたのです。

話の続きは、ずっと気になっていました。
そして、成人してから、改めて全巻を入手し、読み直しました。

読んでみて、おもしろさに圧倒されました。

あきらかに大人向きで、少年コミックの内容ではありません。

逆に言うと、大人の鑑賞に耐えうる作品です。
(それでいて、当時小学生の私の心も捉えていました。すごい・・・!)

今や入手困難な本ですが、ぜひ、多くの人に読んでもらいたいと思っています。

歴史に興味を持つきっかけにもなるので、学校の図書室に置いてほしいくらいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-09-21 19:47:44] [修正:2018-09-21 19:47:44] [このレビューのURL]

7点 あずみ

[ネタバレあり]

主人公が魅力的で、その魅力で読ませていく漫画です。

主人公のあずみは、剣士として超一流の腕前を誇る、絶世の美少女。

登場するほぼすべての男性キャラが、主人公に女性としてひかれていきます。

それなのに、主人公はそのことに無頓着。
そして、何度恋愛しても、処女のままの主人公。

グロい描写はたくさんあるのに、主人公の印象は爽やかなままです。

この作品の魅力は、ここに尽きると思います。


また、各エピソードの人情ドラマの部分も大変面白いです。

一体誰が一番強いんだ?という強さランキングをつける楽しみ方もできますし、

水戸黄門的に、時代劇の持つマンネリ感を楽しむ読み方もできます。

読む人こどに、気になるところは変わってくると思います。

いろんな見方を楽しめる作品なので、ヒットもしたし、名作とも呼ばれているのではないでしょうか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-04-08 12:18:46] [修正:2018-04-08 12:18:46] [このレビューのURL]

みやすのんきさんの描く女の子はいいです。
性が商品化されてて、倫理的にどうなの?って思うことは多いです。
まーコメディですからね。
深く考えずに読んだほうがいいと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-09-26 08:39:07] [修正:2017-09-26 08:39:08] [このレビューのURL]

「キャプテン」の谷口くんの高校時代を描いた作品です。

私は小学生の頃、学童クラブや児童館の図書コーナーなどでこのマンガを何度も読み返していました。

それから30年以上がたち、中年オヤジとなった今日、たまたまこのマンガを読み直す機会がありました。

・・・読んでいるうちに、何度もうるうるしました。


一度しかない高校時代、
その時期を、ひたすら野球に打ち込んで過ごす純粋さ!

ぶつかり合ったりいたわりあったりしながら育まれる仲間との絆!

その素晴らしさに何度か涙が出ました。

私は自分が20代、30代、40代と、年をとる中で、高校時代がいかに若く、貴重な時間であったか、ということが、わかるようになってきました。。

そんな時期にたまたまこの作品を再読し、
子供の頃とは違う感動がこみ上げて来たのです。

このマンガは、自分の年齢や社会的地位などの置かれている状況によって、読み返すたびに新しい発見、感動を私に与えてくれます。

こういう作品を、名作と言うのです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-09-08 22:58:20] [修正:2017-09-08 22:58:20] [このレビューのURL]

「ファンタジスタ」の主要キャラたちと、数人の新キャラと、本田圭佑氏とが、日本のワールドカップ優勝に向けて奮闘するお話です。
本田圭佑氏が、実在の人物でありながら、マンガのキャラたちに違和感なく溶け込んでいます。
読み進めるうちに、実際の本田圭佑氏自身が、マンガみたいなキャラクターなんだな、ということがわかってきます。
サッカーマンガとして、素直に楽しく読むことができます。

また、2010年の南アフリカワールドカップ後から2014年のブラジルワールドカップ前までの、サッカー日本代表を取り巻く空気感がうまく表現されています。
(実在の日本代表選手は本田圭佑氏1人しか出てこないのにもかかわらず、実際の日本代表の雰囲気をかもし出すことに成功しています。)

ファンタジスタファンのはもちろん、2010?2014年のサッカー日本代表を取り巻いていた雰囲気を感じたい人にもおすすめです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-08-23 19:16:32] [修正:2017-08-23 19:16:32] [このレビューのURL]

斎藤道三の成り上がり人生を描いた漫画です。

道三をとりまく女性関係がとても面白かったです。

残念なのは合戦場面です。

説明が少ないため、読者に戦況がよく伝わりません。
後半は合戦に継ぐ合戦でしたが、
激しく戦ってるけど状況がよくわからねー
という場面が続いて飲み続けるのが辛かったです。

それでも、最後のエンディングには感動し、
読んでよかったと思いました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-02-04 21:41:31] [修正:2017-02-04 21:41:31] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

本当は、予備知識なしに読んでほしい作品です。
でも、この情報過多の時代ではそれも難しいかな、とも思いつつ、レビューします。

人間を守るために戦う主人公が、次第に人間に守る価値があるのかと自問し、いろいろあって守るべき価値はないと判断します。

その結果、人間は滅んでしまい、ラストシーンへ繋がります。

この、衝撃の結末へと向かうまでのストーリーやパワーが素晴らしいです?

私は小学生の頃に予備知識なくこの漫画を読みました。
その結果、それまでの価値観が確かに変わりました?
まさに、人生に影響を与えた漫画です。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2016-11-27 13:11:20] [修正:2016-11-27 13:11:20] [このレビューのURL]

<<前の10件
12345678