ホーム > 青年漫画 > 月刊アフタヌーン > 神戸在住

7.8点(レビュー数:40人)

作者木村紺

巻数10巻 (完結)

連載誌月刊アフタヌーン:1999年~ / 講談社

更新時刻 2011-03-24 14:36:21

あらすじ 高校卒業後、東京から神戸に引っ越してきた、神戸の総合大学芸術科に通う「辰木 桂」の大学生活を中心とした日常を描いたエッセイ作品。

備考 2002年5月 第31回日本漫画家協会賞新人賞を受賞

シェア
Check

この漫画のレビュー

8点 森エンテスさん

この作品を初めて読んだのは単行本の1巻が発売された直後だったのですが、その後全ての巻数を発売日に購入して、何度も読み返している大好きな作品です。

架空の主人公の架空のキャンパスライフを描いたエッセイ調の作品なのですが、そこに描かれている空気感が素晴らしいです。

物語もほっこり出来る物から、タイトルからも想像できる大震災や大事な人との死別という重い話まで、しっかりと描かれていて、そこに主人公の人生を垣間見れるような気がします。

僕にとっての名作です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-10-25 18:26:30] [修正:2010-10-25 18:26:30]

神戸在住と同じ作者の漫画

木村紺の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊アフタヌーンの情報をもっと見る