ホーム > 青年漫画 > 月刊アフタヌーン > 茄子

7.13点(レビュー数:23人)

作者黒田硫黄

巻数3巻 (完結)

連載誌月刊アフタヌーン:2000年~ / 講談社

更新時刻 2011-01-12 13:03:08

あらすじ 主役は「ナス」!? 老若男女、国籍を問わず繰り返される人のいとなみ。家族、恋愛、友情、勉強、仕事……。なにげない日常のなかの人間関係を、ナスのある風景を交えて描いたヒューマンドラマ。――ある夏の夜、ナスの化身から「タマネギよりもメジャーにしろ!」という使命をうけた作者が描いたナス漫画の金字塔!!

備考 本作品に収録されている「アンダルシアの夏」は2003年『茄子 アンダルシアの夏』としてアニメ映画化された。日本アニメ界随一のサイクリストとして知られる高坂希太郎が監督

シェア
Check

茄子のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全23 件

4点 gundam22vさん

絵の感じは悪くないですし、たまにハッとする台詞もあるのですが、自分には面白いとは感じなかったです。評価は高いようですが人を選ぶタイプかと。一話完結集ですがノリは同じなので、最初の数話くらい見て合うかどうか判断すれば良いのでは。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-01-03 15:54:06] [修正:2017-01-03 15:54:06] [このレビューのURL]

淡々とした日常の再現が上手いです。

セリフやモノローグは多様せずにコマ割りとかで人物の心情を表現するのは良かったです。
時々核心のついたセリフの挿入具合も絶妙です。

でも淡々としすぎて何を推量すればいいか分からなかったし、空気感も苦手でした。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2016-05-28 13:27:38] [修正:2016-05-28 13:27:38] [このレビューのURL]

8点 punpeeさん

独特のセンスがあり、色々な読み味のある短編集。
茄子をテーマにしてるというか、作中のシーンで茄子が出てくるという程度。
茄子が食べたくなります。

この作者の描くキャラクターはとにかく全員がユニークで自由で躍動感に溢れ、生き生きしている。
だから悲壮感が無いんですよね。
作中、人が死ぬところもあるんですが、「まぁ、好きな様に生きたしね」という、さっぱりした空気が作中でも流れており、読み手にも伝わってくる。

また、モラトリアム節のキャラもいれば、凄く大人なキャラも描ける、味のある作家さんです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-02-13 18:34:09] [修正:2016-02-13 18:34:09] [このレビューのURL]

4点 fasterさん

ふざけたようなタイトルだけど中身は結構真面目で良い漫画。
茄子を仲立ちにするという一風変わったところがいい。

面白い話もあるし、断然つまらない話もある。
ただ、少しつまらない話の方が多かったなという印象を受けた。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2009-01-31 23:19:16] [修正:2013-07-24 23:21:35] [このレビューのURL]

2点 chanさん

色々な意味で渋い漫画。
ところどころでセンスあるなあとは感じるけど、
話的には特に面白いと感じることはなく。
この人の漫画は最初に読んだ時のインパクトが凄いですね。
途中でもういいかなって気分にはなっちゃうんだけど。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-08-28 23:31:58] [修正:2011-08-29 21:47:35] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12345

茄子と同じ作者の漫画

黒田硫黄の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊アフタヌーンの情報をもっと見る