ホーム > 不明 > 月刊!スピリッツ > 重版出来!

6点(レビュー数:4人)

作者松田奈緒子

巻数13巻 (連載中)

連載誌月刊!スピリッツ:2012年~ / 小学館

更新時刻 2014-09-05 13:41:33

あらすじ 「マンガ」は、漫画家だけのものじゃない。 編集者、営業、宣伝、製版、印刷、デザイナー、取次、書店員…。 数えきれないマンガの裏方たちのリレーで、読者の手に届くもの。 そう、裏方の熱き想いがあるからこそ「マンガは売れる」んです!

備考 2017年1月23日、第62回「小学館漫画賞」(一般向け部門)受賞。 2016年4月期にTBS系でテレビドラマ化された。

シェア
Check

重版出来!のレビュー

点数別:
1件~ 4件を表示/全4 件

7点 朔太さん

漫画家さんは孤独で傷つきやすいナイーブな存在なんですね。
おだてたり透かしたりしてその気にさせて木に登らせる
のが担当編集者の役割です。
読者の声を代弁して、ネームも何度も訂正させて育てていく。
新人さんを育てて大きなホームランを打つのが編集者の夢。
大学柔道出身の編集者小熊は、夢を追いかける良い
個性を持っていて好感が持てます。
「売れるのではない、売ったのだ。」というセリフは編集者の矜持です。
そんなお仕事を楽しく見せてくれる漫画です。

漫画レビューワーにとって、漫画制作の裏事情を知って
おくことは大切と思いますので、必読の作品です。


ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-06-17 20:15:00] [修正:2019-06-17 20:15:00] [このレビューのURL]

「じゅうはんでき」と読むと思ってましたが、「じゅうはんしゅったい」と読むんですね。
知らなかったです。

漫画家視点の他に、編集部や営業部、書店の店員など様々な視点から出版業界を見ることができます。
編集部と営業部の確執や内部の人間模様などは興味深いです。

主人公の真っすぐなところや何にでも干渉する部分は少し不快です。
そんな新米に影響されるベテラン編集者や漫画家にも「お前人生経験ないのか?」と感じます。
出版業界の内部を描きたいなら、この主人公の設定も邪魔な気がきます。

女性作者独特のコマ割りの見づらさが気になります。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-10-01 18:07:57] [修正:2015-10-01 18:58:01] [このレビューのURL]

4点 そうすけさん

ひとまず点数だけでも、また読み返したら追記?
ただ惹かれるものは少ない、こういう業界モノって個人的に食傷気味

果たして読み返すことがあるのだろうか

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-02-12 00:22:35] [修正:2015-02-12 00:22:35] [このレビューのURL]

柔道選手の主人公・黒沢心はケガでその道を絶たれことにより出版社に就職、漫画雑誌編集部に配属される。体育会系らしく、持ち前のガッツと体力で漫画作りの仕事に奮闘していく…という、よくあるといえばよくある熱血仕事モノ。

新人漫画家の育成や、はたまた巨匠がスランプから脱するきっかけを作る。生き生きと、ときにオーバーに、日々の仕事に感動を覚える主人公のキャラには好感を持てる。
主人公は編集部の心であるが、書店員や製作所の社員、“消えた漫画家”の娘などマンガ作りの周りにいる人たちも描かれ、人間ドラマとしての側面も持つ。
そうしてたくさんの人たちの手を経てヒットは作られていくという事実。1巻ラストの「売れたんじゃない。俺たちが売ったんだよ!!」というセリフには震えた。
そしてなにより、この単行本自体の奥付にはスタッフや編集者だけでなく、装幀・販売担当・宣伝担当・制作担当の名前がクレジットされている。この一冊にたくさんの人の手が関わり、また逆にたくさんの人の人生を支えていることを実感できるのだ。

こういう裏方を描いた作品はどこまでいってもフィクションとして捉えられがちだが、業界とはそもそもマンガの題材にならない限り目につかないのだ、とも思う。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2014-09-08 10:37:26] [修正:2014-09-08 10:37:26] [このレビューのURL]


重版出来!と同じ作者の漫画

松田奈緒子の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊!スピリッツの情報をもっと見る