ホーム > 青年漫画 > 週刊ヤングジャンプ > スカイハイ・カルマ

6.87点(レビュー数:8人)

作者高橋ツトム

巻数2巻 (完結)

連載誌週刊ヤングジャンプ:2003年~ / 集英社

更新時刻 2011-02-10 21:44:59

あらすじ 暗く深い大きな闇夢にうなされる女優・高丸真唯の背負う、強大でかつ恐るべきカルマ。狙い定められた過酷な運命が、ゆるりと動き始めた…

シェア
Check

スカイハイ・カルマのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全8 件

7点 朔太さん

2巻を2時間程度で読み下しますと、一編のホラー映画を
見させて頂いたという感じです。
子孫を根絶やしにするという怨念をもった彷徨える怨霊と
対峙する少女の美しさは、しっかりと映像化に値すると思います。
例えば、50年間霊を鎮めるために山寺で籠りをしてきた僧が、
「私は徳を積めたでしょうか?」と少女に問いかけるシーンでは、
少女は「モチロンです」と答えます。
その姿に僧は菩薩を見ます。このシーンは美しく、高橋ツトムの
渾身の描画だと思いました。映画なら一番の見せ場でしょうか。

ところで現世は修行であって、徳を積むために生まれ変わって
くるという輪廻の教えは、仏の立派な知恵ですね。


ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-09-03 19:39:57] [修正:2018-09-03 19:39:57] [このレビューのURL]

4点 デビルチョコさん

前作の「スカイハイ」の方が楽しめた。

このカルマ編は、輪廻転生や因果応報を凄く強調している。
確かに題名通り「業」がテーマになっているのは分かるが、
私には合わなかった。。

そもそもこの作品のシリーズがそういった設定なので、
そこを指摘するのはヤボな事ですが。。

親子の絆が深いものだというストーリー展開やコマ割は良かった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-03-20 22:31:47] [修正:2015-04-03 16:33:03] [このレビューのURL]

前作の短編形式とは違い、続き物です。

人々の歪んだ怨念を重厚なタッチで描いてます。
主人公の過酷な運命を受け入れる姿は胸を打たれました。

暗い話ですが、温かい親子愛なども扱ってます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-02-15 13:38:23] [修正:2015-02-15 13:38:23] [このレビューのURL]

7点 booさん

他のスカイハイシリーズと違い、ストーリーはこれ一本なのでスカイハイ読み始めるならこれが一番適してると思うし、このシリーズが一番好き。高橋ツトムの絵が怨霊をすさまじいタッチで描いてて見ていると本当に怖い。ラストは見てて辛いんだけど、とても心に残る。読んだ後の余韻は何ともいえない感じ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-06-27 20:53:57] [修正:2011-10-27 17:55:18] [このレビューのURL]

6点 torinokidさん

のめり込んで読んでしまった。
「因果応報」という言葉を改めて実感。

しかし高橋氏の怨霊描写は凄いですな。
背筋にきましたわ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-03-15 18:29:49] [修正:2011-03-24 14:22:46] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12

スカイハイ・カルマと同じ作者の漫画

高橋ツトムの情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊ヤングジャンプの情報をもっと見る