ホーム > 少女漫画 > Kiss > のだめカンタービレ

6.85点(レビュー数:63人)

作者二ノ宮知子

巻数25巻 (完結)

連載誌Kiss:2001年~ / 講談社

更新時刻 2011-08-27 01:09:16

あらすじ 飛行機に乗るのが怖くていつまでも日本を脱出して留学することができない千秋。
指揮者の勉強も独学で、日本ですることがなく悶々とした日々を送っていた。
ある日酔っ払って、自分の家のお隣に倒れこんだ。
次の日起きると、美しいピアノの旋律が耳に入り、汚らしい部屋のごみが眼に入った。
隣人の野田恵、通称のだめにここで出会い、二人はこれから大きく羽ばたいていく。
ただ、のだめは天然の変態だった。

備考 アニメ化、実写映画化された。本編は23巻で終了。24・25巻は番外編。

シェア
Check

のだめカンタービレのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全63 件

8点 朔太さん

憧れの先輩とピアノ協奏曲を大きな舞台でいつか協演したい、
それさえできれば幼児たちと毎日楽しくピアノで楽しみたい
だけと考える天才ピアニストの無邪気な成長物語が一つの基軸です。
もう一つの基軸は、常に散りばめられているギャグの連発ですね。
当初の5巻までは、後者のギャグの面白さで引き込まれました。
天才指揮者の女狂いの一面だとか、「ぎゃぼ」という決め
ゼリフなどは秀逸でした。

以降は、フランスに留学して、じれったいくらいなかなか
成長を見せません。
音楽の魅力を中心に、苦悩する音楽苦学生に焦点を合わせた
真面目な展開でしたが、しかしこれはこれで楽しめます。

最近、読んだ2017年直木賞を受賞した恩田陸さんの
「蜜蜂と遠雷」を彷彿とさせる同じテイストの面白さを感じました。
本作品の方が崎に世に出ていますから、まさかのまさかですが、
本作品に恩田陸さんがインスピレーションを得たということも
あるのでしょうか?
直木賞と同じ感動を与える作品と言えます。


ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-03-15 20:33:17] [修正:2019-03-15 20:33:17] [このレビューのURL]

8点 k0e3n2t0aさん

作品の雰囲気、ギャグのペースがよく面白い。
絵も最低限の線で描かれており、見やすい。
コンスタントに最初から最後まで楽しめる漫画だと思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-01-21 17:41:55] [修正:2016-01-21 17:41:55] [このレビューのURL]

7点 dkbqq145さん

10巻までの日本編はほんとうに面白かったです、とくに最初の5巻位までは笑いが止まらないくらい面白く、あとこの作品見て、クラシック音楽に興味持ちました。
ただ漫画としては、11巻以降のヨーロッパ編の失速感が半端じゃなかったです。
のだめと千秋がプロのピアニストとして大成していくプロセスは面白いのですが、それまでにあった痛快さがほぼなくなってしまったのが残念でした

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-08-30 13:17:02] [修正:2013-08-30 13:17:02] [このレビューのURL]

9点 fasterさん

絵が完全に少女漫画な点は嫌いだけど、内容自体はかなり好き。

音楽にさほど興味のない人でも普通に読めるし、ストーリーの内容だけでなくギャグも面白い。

でも、何よりもすごいところはキャラ設定。
のだめはもちろん、真澄ちゃんとか黒木くんとかシュトレーゼマンなど一癖も二癖もあるキャラが生き生きとしていて読んでいて楽しい。
心理描写も非常に上手く、惹き込まれる内容だった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-05-04 17:07:19] [修正:2013-07-25 00:07:24] [このレビューのURL]

6点 pazzoさん

途中まですごい楽しめたが、なんかいきなり駆け足になってそのまま終わってしまった。

なんかもったいない。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-03-11 18:24:23] [修正:2013-03-11 18:24:23] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

のだめカンタービレと同じ作者の漫画

二ノ宮知子の情報をもっと見る

同年代の漫画

Kissの情報をもっと見る