ホーム > 不明 > 月刊コミックトム > 三国志

7.55点(レビュー数:36人)

作者横山光輝

巻数60巻 (完結)

連載誌月刊コミックトム:1972年~ / 潮出版社

更新時刻 2012-01-19 13:33:30

あらすじ 巨匠による三国志漫画のバイブル!三国志通への道ははまずはここから!

シェア
Check

三国志のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全36 件

8点 さん

幼い頃に図書館に唯一置いてあった漫画。
改めて読み返すと、顔の見分けが全く付かないですね(笑)大らかな時代だったんだなと思いました。

これは一気に読まず、一巻一巻何回も読み返して読み返して楽しむ作品だと思います。

情報量が多いので、消化して読み進めないと、面白みが半減します。

あと、改めて読む方は、印象が大分変わるんじゃないかな。。

私は
小さい頃は、善玉劉備がカッコ良く、曹操、董卓はずる賢い嫌な奴と言う印象でしたが、

改めて見ると、董卓は残虐性はあるが強かで強く、部下の話を取り入れ、堪えることも出来る勇将

曹操も垣間見える素行の悪さはあるが、合理的でカッコいい所もある。

話も、アニメ、人形劇、KOEIの三国志、三国志を行くなどで記憶がごっちゃになってて、話やキャラが記憶とは随分違いました。

既に読んだ方も、改めて読むと面白いと思います。
改めて読むなら、地名と年号も頭に入れて読むとより楽しめると思う

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-03-07 09:14:24] [修正:2019-03-07 09:14:24] [このレビューのURL]

5点 punpeeさん

[ネタバレあり]

言わずもがな、学校の図書館にも置かれる、後世に残すべくクラシック作品。
…というのが一般的な認識なのでしょうし、リスペクトも込めてはいます。
しかし、読破するに多大なエネルギーを要し、疲労感の激しい作品でした。

前提として、学生の時、この手の学習から逃げ、三国志に関する興味や知識がほぼゼロの状態で読んだ者の感想です。
どうせなら読むことで三国志に興味を持てればなぁという思いもありました。

その上で、いつもレビューがダラダラ長くなってしまうので、今回は感じた事を端的に、箇条書きで列挙します。
・1巻の、物語が始まろうとする段階が一番ワクワクした。
・劉備、関羽、張飛、諸葛亮孔明、呂布といった主要キャラは良かった。
・趙雲が最も信じれる男!
・しかし、それ以外のキャラは印象が無く、読んで半年で名前も性格も思い出せない。
・特に最初の劉備、関羽、張飛等の主役級キャラが次々と死んでいった、50巻以降くらいは読むのが苦痛で、キャラもストーリーも何も頭に入ってこず、「はぁ。。あと残り2冊…、あと1冊…。読み終えた―!」という感じ。
・子供の時に読んだら面白かったかもだけど、色んな漫画を経た上で読むと展開も既視感があり、迫力も無いなぁ。
・そして未だに三国志の概要を理解出来ていない自分がいる。

という事で結論は、
「三国志にまったく興味は無く、漫画好きとして通っておかなくては」くらいの温度の方にはお薦めしにくいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-07-31 20:03:08] [修正:2017-07-31 20:03:08] [このレビューのURL]

8点 朔太さん

諸葛亮孔明をはじめとする曹操、劉備玄徳らの傑出した
人間集団の紡ぐ歴史劇は、いつの時代にも喝采を持って
民衆に受け入れられてきました。
蜀を正統・善玉として娯楽性を追求した「三国志演義」を
ベースに、本作は展開されています。

娯楽性があると言っても、史実が根幹にあるので、
ふっと冷酷な現実に戻される瞬間もありますが、横山光輝は
その部分も省略しないところは有り難いと思います。

「赤壁の戦い」等の史実、「三顧の礼」や「泣いて馬謖を
切る」などの故事を一般常識として学べる漫画としては、
一般日本人への貢献は大変高いと言えます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-08-16 17:28:44] [修正:2016-08-16 17:28:44] [このレビューのURL]

8点 pazzoさん

日本の三国志人気に間違いなく最も大きな貢献をした作品。
これをきっかけにNHK人形劇、光栄のSLG、吉川三国志、三国志演義と制覇してしまいました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-03-11 17:17:19] [修正:2013-03-11 17:17:19] [このレビューのURL]

7点 muzina-kidsさん

横山光輝先生バージョンの三国志です

この作品で三国志入門をされた方多いんじゃないでしょうか?
書くゆう私もその一人です、その後に某ゲームメイカーのシミュレーションゲームにはまりました

昔の作品って読みやすいですね、絵がごちゃごちゃしてないから、最近のに馴れた方は素っ気ない感じするかも‥

ただ、やはり絵が‥‥人物の見分けが兜、鎧等に依存する場合が多い点がマイナスです

しかし、三国志の書物はヤッパリ諸葛亮孔明が没してしまったあとは読むのが苦痛になってしまいますね

100年以上にも及ぶ壮大な歴史物語なので、はしょってる部分があってもしかたなし、でも何故に官渡の戦いが無い‥‥

以上の点からこの点数です

読みやすい三国志、入門にはもってこいです

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-02-12 22:13:51] [修正:2013-02-12 22:16:09] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12345678

三国志と同じ作者の漫画

  • 項羽と劉邦

    総合点:6.8点

    レビュー数:5人

  • 史記

    総合点:5.75点

    レビュー数:4人

  • 水滸伝

    総合点:6.66点

    レビュー数:3人

横山光輝の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊コミックトムの情報をもっと見る