ホーム > 青年漫画 > スーパージャンプ > 狂四郎2030

7.93点(レビュー数:59人)

作者徳弘正也

巻数20巻 (完結)

連載誌スーパージャンプ:1997年~ / 集英社

更新時刻 2012-01-19 13:35:22

あらすじ 西暦2030年、男女隔離政策下にある近未来日本に密かにインターネットを通じて結婚した一組のカップルがいた。狂四郎と志乃ことユリカ。
その世は性欲を抑えるため、ポリゴンによるバーチャセックスが主流になり、国民はこれによる奉仕に満足し、逆にそれを手にするために働くようになった。
第三次世界大戦後の死滅へと向かう国家の話であると同時に、ただ二人が愛し合ったというそれだけを証明するだけの話。

シェア
Check

狂四郎2030のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全59 件

9点 勾玉さん

今まで読んだ漫画の中で一番ハラハラドキドキさせられたのが、この漫画。
物語の大筋は主人公がヒロインを救いに行くというラブストーリーだが、
そこに至るまでの道中には、様々な出会いとエピソードがあり
狂気の社会に翻弄される醜美交えた人間模様の数々が描かれている。

おぞましい世界で展開する物語は、常にどう転がっていくか予想のつかない怖さがあり、
反吐が出そうなほど救いの無い結末で終わるエピソードもあれば、
胸を撫で下ろし心底ホッとするハッピーエンドな話もありと、
初めて読んだ時は、ひどく感情を揺さぶれた。

下ネタの頻度や強烈さで確実に人を選ぶ作品だが、
それでも一度は読んでみてほしい快作となっている。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-10-24 15:12:52] [修正:2017-11-10 08:38:55] [このレビューのURL]

9点 kitanoさん

近未来の日本が舞台。SF漫画としての側面を保ちつつも、結末から鑑みてラブストーリーが根幹であることは明白。狂気と欲望に駆られた人物らをテンプレ化させることなく、独特の距離感を持って時に残酷に、時にユーモラスに、時に優しく、時に冷徹さを秘めて輪郭を浮かび上がらせてゆく。
過不足ない編集とここぞという場面の描写の上手さ、状況問わず飛び出すコメディ、如何なる題材でも、如何なる世界でも自身の作家的スタイルを崩さない徳弘正也の筆致の強さ。漫画はかくあるべきだと実感させる傑作。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-04-30 08:31:30] [修正:2017-04-30 08:34:52] [このレビューのURL]

面白かったです。

露骨な性描写とギャグがストーリーを妨害してるようにも捉えられそうですが、
これがないと重苦しくて見てられませんでした。

伏線未回収のものは多少はありますが、
圧倒的構成力と体制下による人間のエゴや醜悪さが見事に描かれていました。

社会改革を最終目標にするでも、ラスボスを倒すのではなく、
社会の不条理さを描いて終わったのも良かったです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-03-22 15:35:36] [修正:2015-05-16 19:31:41] [このレビューのURL]

10点 シクターさん

恋愛漫画でもあり、格闘漫画でもあり、ギャグ漫画でもあり
それでいて、ちょっとエッチな場面もありのマルチSF漫画。
作者の作風から、ポインとエッチな場面が随所に現れるのはさておき、
主人公「狂四郎」の「志乃」に対する愛。
また最初から最後まで貫き通す姿は「純愛漫画」である。
SF、ボイン、格闘、恋愛まんがが見たい方はぜひ一読を。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-09-29 08:43:49] [修正:2014-09-29 08:43:49] [このレビューのURL]

8点 rarukuさん

ギャグマンガだと思って読んでみたが、思った以上に世界観がよくできており、SFと狂気が上手い具合にマッチしている
近未来SF設定としては突っ込みどころありまくりだが、中々斬新で面白く
そういったマイナス要素も気にならない程のストーリーの勢いがこの作品にはある

戦闘も主人公が剣の達人で、化け物や不快な敵をばっさばっさと切り捨てて爽快
少し強すぎるきもするが俺TUEEEE系の主人公が好きな人ならきっと気に入る

ただ、下品な下ネタや後味の悪い話などが多いので合わない人には全く合わない
とくにエロ描写は他の作品と比較しても非常に多い

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-04-17 17:40:28] [修正:2014-04-17 17:40:28] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

狂四郎2030と同じ作者の漫画

徳弘正也の情報をもっと見る

同年代の漫画

スーパージャンプの情報をもっと見る