ホーム > 不明 > 短編集 > SF全短篇

9.23点(レビュー数:17人)

作者藤子・F・不二雄

巻数3巻 (完結)

連載誌短編集:1968年~ / 中央公論社

更新時刻 2009-11-27 19:33:10

あらすじ ---

備考 藤子・F・不二雄大全集に『少年SF短編』全3巻で収録

シェア
Check

SF全短篇のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全17 件

10点 ゆーやさん

漫画入門編として、いつか息子が出来た時にプレゼントしたい。

絵、コマ割り、セリフ、文字量、全てが半端なく読みやすい。
それでいて明るい、暗い、浅い、深い、愉快、不愉快、色んな後味の作品があり、
F先生のアイデア、センス、知識の豊富さ、チャレンジ精神に脱帽させられます。

「ミノタウロスの皿」、「宇宙船製造法」、「みどりの守り神」、「カンビュセスの籤」は
一本の映画を観てる様な壮大さ、完成度(無駄の無さ)を感じる。

創世もの、サバイバルもの、パラレルワールドもの、タイムマシンものはやはり多くあり、この辺の分野はF先生に粗方書き尽くされちゃってますね。
片やA先生の作品ばりの憂鬱、哀愁が漂う様な、人生やり直しものや社会風刺ものも多く、油断してると心をえぐられます。
何ともいえない鬱に陥る作品も多いです。


「僕の漫画は風俗だ。高級な顔をするものではないし、楽しんだら読み捨てられていい。大人になった時、あんな漫画を読んだと思い出してくれればいいんだ」
というのがF先生の持論。
しっかり受け継いでいこうと思います。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2015-05-18 22:46:34] [修正:2015-05-18 22:46:34] [このレビューのURL]

9点 masaroさん

藤子Fの代表作と言える作品。
あの子供向けの絵柄で不条理や恐怖を描くのが
見事なまでにマッチしている。

中には今となってはそれほど目新しい話ではないものも
多少は含まれているが、時代を考えて欲しい。
やはりアイデアが優れた作家なのだと痛感させられる。

名作。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-01-22 11:23:22] [修正:2015-01-22 11:23:22] [このレビューのURL]

10点 うどんげさん

なぜいままで読まなかったのだろうと後悔した作品のうちの一つです。
小学館で出た藤子F不二雄大全集の少年SF短編を買い、読みました。
異色短編どちらもおすすめの作品です。
改めてFさんの偉大さを感じました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-12-11 18:07:45] [修正:2014-12-11 18:07:45] [このレビューのURL]

6点 kikiさん

藤子F不二雄先生のどちらかと言うと大人向けSF短編集。
家に文庫の方はあるけど家人が図書館で見つけて借りてきたので、重複作品(大半)をも含めて久々に読み返しました。
大半の作品は上手い設定、オチまで優れた物語で面白く読めました。
特に『カンビュセス〜』は上手い掛け合わせで秀逸。

子供の頃星新一や筒井康隆などのSFに触れる前だったら感動しながら読んだと思うのですが、大人になってから読んだせいか、そこそこ面白いと思うものの凄く心踊らせて読むことはなかったです。
ここでの得点はまぁ愛蔵版買われるぐらいならバイブルでしょうし、高くなるのは無理もないでしょうね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-03-26 22:23:43] [修正:2014-03-30 01:13:33] [このレビューのURL]

5点 青心さん

このサイトでの評判が高かったのでヤフオクで辞書みたいな本を購入。
藤子・F・不二雄のSF(すこしふしぎ)な世界が堪能できました。
設定、アイデア等が突拍子もなく、常人では決して思いつかないような
展開が楽しめます。
また、彼のイメージはドラえもん、パーマン等に代表される、児童向け漫画
というイメージですが、このシュールな展開に覆されました。
そういう意味では一見の価値ありです。

ただ・・・。自分にとっては。何も考えずに単純に面白かったというと、
そうではありませんでした。
話によってはすこしだれる展開もあり、なんとか読み終えたという感じこの
ような評価としました。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2014-01-16 20:59:38] [修正:2014-01-16 20:59:38] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
1234

SF全短篇と同じ作者の漫画

藤子・F・不二雄の情報をもっと見る

同年代の漫画

短編集の情報をもっと見る