ホーム > 不明 > 短編集 > SF全短篇

9.05点(レビュー数:18人)

作者藤子・F・不二雄

巻数3巻 (完結)

連載誌短編集:1968年~ / 中央公論社

更新時刻 2009-11-27 19:33:10

あらすじ ---

備考 藤子・F・不二雄大全集に『少年SF短編』全3巻で収録

シェア
Check

SF全短篇のレビュー

点数別:
11件~ 15件を表示/全18 件

10点 shuhheさん

今日初めて読みました!!!

あの時代に描けたというのが凄すぎる!!


改めてこの人の凄さを思い知りました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-03-21 00:41:53] [修正:2010-03-21 00:41:53] [このレビューのURL]

10点 ゆうやさん

凄いですよね。
飽きないですもんね。

子や孫、多くのこれからの世代にも読んでほしいですね。
僕は本を大事に扱う神経質なので、子どもが出来ても僕の本は読ませませんが(´・ω・`)

1巻の作者の娘さんのあとがきを読むと、
F先生が、作品から想像した通りの人間性でますます好感が持てました。


抜粋
・父は人一倍「不思議な話」が大好きであった。それも人づての話だけでは納得できず、自分の目で確かめずにはいられない性格だった。日本の漁船が首長竜の死体を引き上げたというニュースが広がった時も、様々な雑誌かや新聞の記事を読み比べて鑑定を心待ちにしていた。結果、ヒレの組織からウバザメと推定され、残念なことになったのだが、それはそれで嬉しそうなのである。

作者のファンになったらA先生の「まんが道」も合わせて是非。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-03-01 00:51:15] [修正:2010-03-01 00:51:48] [このレビューのURL]

10点 とろっちさん

天才の、天才による、大人のための短編集です。

不条理な設定、ブラックユーモア、鮮やかなドンデン返し、強烈な社会風刺。
もちろんハッピーエンドになる作品も多数。夢と希望と毒と皮肉に溢れた作品が満載です。

笑いあり、涙あり、驚きあり、怖さあり、下ネタまであり。もう言うことなし。
読むたびに衝撃が心にズシリと響きます。
凡庸な作品ではどれだけ長く描いても表現できないような衝撃が、
一話30ページ前後の中にたっぷり詰まっています。

短編集のレビューが「異色短編集」と「SF全短篇」の2つに分かれてしまっていますが、
少なくとも異色短編集にある話はすべてこちらにもあるようです(たぶん)。
なので、もしどちらも選べるなら、こちらを手に取ることをお薦めします。
PERFECT版も選べるなら、もちろんPERFECT版の方がいいですが。

個人的ベストは「カンビュセスの籤」です。
他に3つほど無理に挙げると、「箱舟はいっぱい」「流血鬼」「ウルトラ・スーパー・デラックスマン」あたり。

異色短編集も含め他の方のレビューを見ると、お気に入り作品の何と多彩なことか。
読んだ人それぞれに思い入れのある作品にきっと出会える、極上の作品集です。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-02-07 20:33:53] [修正:2010-02-07 20:33:53] [このレビューのURL]

10点 yutaさん

ドラえもんのイメージだけでこの作者を捉える事なかれ。
ドラえもんを読んでいても時々作者の風刺なんかがポロっと出てくるが、こういったいかにもSF漫画という感じの作品を読まないほんとのとことはわからない。
人間の暗い部分をどんどん暴いてゆく。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2009-11-08 01:24:41] [修正:2009-11-08 01:27:38] [このレビューのURL]

10点 小塩さん

作品毎の風刺がすごい
人間の泥臭い部分をこれでもかというほどに突いてくる

「絶滅の島」の最後を読んだ時はぐうの音も出なかった

藤子先生は、まさに天才だと再認識させられる作品

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-08-18 20:36:06] [修正:2008-08-18 20:36:06] [このレビューのURL]

PR


SF全短篇と同じ作者の漫画

藤子・F・不二雄の情報をもっと見る

同年代の漫画

短編集の情報をもっと見る