「polojo」さんのページ

総レビュー数: 37レビュー(全て表示) 最終投稿: 2013年05月11日

[ネタバレあり]

イタリア料理店を舞台とした料理漫画。

ほかの料理漫画と一緒で、見習いからの主人公の成長を描きます。
見張るべきは、内容と絵のタッチの相性の良さです。料理漫画には、修行という側面がありますので、その熱血な感じが絵のタッチと見事に調和しているのです。ちょっと劇画調と言いますかそんな感じの太い線で描かれているので、読んでいると不思議な熱さがこみ上げてきます。

要は、この熱さが漫画の魅力の大部分であり、ストーリーが凡庸なものでも、読んでいて飽きないものに仕上がっています。また「凡庸」とは言いますが、イタリアンのレストランの厨房やホールというそれだけで魅力的な舞台の「凡庸」ですので、無理にひねる必要はないのです。

なので終盤のストーリー展開は私としては、過剰なものに感じました。イタリアンレストランの「平凡」を突き詰めてくれれても、充分に面白くかつより感情移入しやすいものになっていたのかと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-05-25 00:51:57] [修正:2013-05-25 00:51:57] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

マガジンの長寿スポーツ漫画

その知名度は高く、「あしたのジョー」と双璧をなすボクシング漫画といえるのではないでしょうか。

見張るべきは試合の迫力。どの試合も手に汗握る展開となっています。キャラクターも一人一人に、とても個性が立っていて主人公の試合でなくても、目が離せない展開になっています。(むしろ、主人公以外の試合をベストバウトに選ぶ読者も多いのではないでしょうか)

ギャグはいかにもマガジンらしい下ネタが多いです。

マイナスポイントとしては、主人公一歩が優等生すぎる点、宮田との試合がなかなか実現しない点、最近は冗長な試合が目立つという点でしょうか。

しかし、最近やっと主人公も世界戦を戦い始めていますから、頂上決戦はちかいのかもしれません。それが宮田かリカルドかはわかりませんが。

ただ長年連載をしているだけあって、物語の質の高さは相当だと思いますので、かなりおすすめ作品です。


ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-05-25 00:07:05] [修正:2013-05-25 00:07:05] [このレビューのURL]

10点 H2

[ネタバレあり]

H2は2人の主人公と2人のヒロインから成り立っています。

もうこれだけで相当な人間ドラマが成り立ちます。そしてそこには嫉妬や痛みや苦しみも存在します。凡才の漫画家なら非常にウェットで生々しく描いてしまうか、その状況は完全にないものとしてストーリーを進めるでしょう。

しかしあだち氏は、その少年少女を成長させるためにこれらの感情とまっこうから向き合います。そしてただ向き合ってそのまま表現するだけでなく、あだちフィルターを使って、読者ターゲットである少年たちがギリギリ理解し、少し背伸びをして感情移入できるようなレベルに標準を合わせています。

いやあだちさんのデフォルメ力は、本当にすばらしいと思います。押しつけがましくない淡い感動を描くのが得意なんでしょうね。

また登場人物が魅力的(特に主役の4人)ですので、読者の多くは最後の方で必ず「自分はどっちを応援したいのだろう」という自問自答に入ることだと思います。そしてこれが1周目、2週目繰り返し読むと感想が大きく変わっていきます。つまり、読者も成長とか新しい考えを発見できるのです。

登場人物のみならず、読者も成長させるお手本にすべき少年漫画です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-05-20 22:25:40] [修正:2013-05-20 22:25:40] [このレビューのURL]

10点 タッチ

[ネタバレあり]

80年代の「さわやかスポーツ漫画」の初期作品にして、サンデーを代表する作品といえるでしょう。

素晴らしいのは、劇画とは対照的ともいっていい、デフォルメされた線、輪郭(野球シーンはちょっと線の入れ具合が多くなりますが)。

あとこの作品は「間」が良いですね。安易に表情で喜怒哀楽を表現したりすることはあまりないです。一見したら無表情だけど、行間から悲しみや怒りなどが伝わってきます。あだち作品の代名詞ともいえる漫画的表現です。

ヒロインである南ちゃんもこの漫画を名作へと押し上げている要素となります。僕は全然タッチ世代でもないのですが、最強に可愛いです。後ギャグがそんなに古臭くない所も好感が持てます。

「80年代の漫画なんて古い」と思っている、タッチ世代じゃない方にこそ読んでほしい、おすすめの作品です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-05-20 15:57:09] [修正:2013-05-20 15:57:09] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

僕の従妹がすごくはまっていました。久しぶりに彼女の部屋にはいったら、跡部君のイラストが写真立てに入っていて愕然としました。そういった少女たちの心をくすぐるには素晴らしい作品だったのでしょう。

作品としてのクオリティはというと。。。評価しにくいですね。
テニスシーンは、動的な動きこそあるもののいかんせん線が細く、迫力としては今一つです。

それを補うための必殺技なのかもしれませんが、インフレしすぎているし、いまいち絵でそのすごさが伝わってきません。そして説明口調のセリフがいただけません。

ストーリーは難関を乗り越えたら、より大きな難関がというわかりやすいインフレ状態があります。まぁ、ジャンプ漫画なので当然といえば当然なのかも。

友達の部屋にあって、一人になる時間がある時は暇つぶしに読んでみたらいかがでしょうか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-05-18 23:34:40] [修正:2013-05-18 23:34:40] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

漫画料理の金字塔的存在。しかしそのアクはかなり強く、作者の思想がふんだんに盛り込まれている作品です。

この漫画の売りは「ボキャブラリーの多さ」だと思います。ただおいしい料理においしいとは言いません。「滋味あふれる一品」とか「楽しい味だ」とかこの漫画でしか見たことありません。

作者は元新聞社出身ということが見事に生かされていると思います。
ただ、大人はともかくとして、未成年のキャラクターがこまっしゃくれた表現を使うのはさすがに違和感がありますが^^;

また長年やっているだけあって、料理の絵はかなり上達していて本当においしそうです。

この作品の一番のマイナスポイントは、主人公たちの成長があまり見て取れない所でしょうか。確かに主人公はおっさんたちなので、成長という表現が難しいのかもしれませんが、様々な出会いを通じて考えが広くなったとか、多様な考えを尊重できるようになったとかそんなことはありません。ただ、料理の含蓄が増えていくだけのような気がします。

全くおすすめできない漫画とは言いませんが、買う程ではないのかなぁ。。。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-05-18 23:24:53] [修正:2013-05-18 23:24:53] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

イラスト、キャラ、ストーリー展開すべてが濃い・・・濃すぎます。
間違いなく胸焼けを起こします。一巻読んだら、相当疲れます。しかし、読む手が止まらず、次の感に手が伸びてしまいます。

日本橋先生のもはや定番なのですが、登場キャラクター一人一人に強烈なトラウマを最初から与え、それを克服することによって成長させる青春物語になっています。

しかし今までと違うのは、トラウマを克服していくテンポが速くなっています。G戦場や極東のときは、最終巻あたりでそれらのトラウマを克服して糧にして大人になっていきますが、少女ファイトではみんな着実と過去と向き合って大人になっていきます。

スポ根漫画なので、その都度出てくるライバルたちに打ち勝たなければいけません。よって、キャラクターたちは何かしらの成長描写が必要です。トラウマの克服スピードを速くしたのは、これが理由なのかもしれません。

後、日本橋先生特有であります絵の大胆な構図がバレーボールのシーンで、かなり活かされている漫画かと思います。ただ詰め込み癖はまだまだ直っていない模様。書き込みの細部を眺めているのは楽しいですけどね。

とはいえ、日本橋先生の漫画の中では相当エンターテイメントに昇華した作品といえると思います。非常におすすめです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-05-18 03:11:41] [修正:2013-05-18 03:11:41] [このレビューのURL]

5点 GANTZ

[ネタバレあり]

パワードスーツ、武器、宇宙人、エロ、グロ・・・

中学生から高校生の少年たちが好きな要素がこれでもかというぐらいのSF漫画です。メカニックのデザインはなかなかかっこよく、宇宙人のキャラクターや設定も個性がたっています。

戦闘の展開は面白いです。どの戦いにも絶望感と爽快感が良いバランスで含まれています。

一番のマイナスポイントは、キャラがあまりイキイキとしていないだと思います。デザインは良いのに各キャラの表情が乏しく、また動的な描写もそこまで上手だとは思いません(漫画独自の表現が、足りないといった方が良いと思います)。

人間キャラはたくさん出てきますが、彼らのキャラの堀具合が中途半端です。

奥氏のたぐいまれなるメカニックデザインセンスを楽しむには、絶交の漫画です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-05-18 02:11:35] [修正:2013-05-18 02:11:35] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

非常にあらゆる要素のレベルの高い作品だと思います。
画力、ストーリー、演出、起承転結の滑らかさ、SF設定どれをとっても作りこまれた漫画だと思います。

宇宙生活を描いた日常系と言えますね。荒唐無稽な設定ではないので、地上生活は案外ふつうだったりして丁度良い塩梅の近未来の風景だと思います。

人類が発展と出てくる新たな問題。プラネテスで語られている問題も現実には表面化していませんが、ここの問題もある程度リアリティを持っています。(特に中東の問題なんて、かなり深刻な感じがするしなぁ)

エイリアンもミュータントも出てこない、近未来の生活を疑似体験するには、かなりおすすめの面白い漫画です。キャラクターたちも一人一人個性がありグッドです。

敢えて難癖をつけるならば、時折セリフとキャラの表情があっていないコマが数か所あるような気がします。あってないというか、過剰なんです。例えばキャラが怒るシーンがあります。こっちとしては、軽くイラッとする所なんだろうなーと思います。そしたらものすごい怒り顔が待っていて、「えっ?そんなに血走った眼で眉間にしわを寄せるところか?」とこっちはセリフと顔の不一致に若干混乱してしまいます。トラウマに踏み込まれたわけでもなく、完全にオーバーリアクトなんだなーと思います。

しかし『宇宙兄弟』とはまた違った角度で宇宙へのロマンを語ってくれるおすすめの漫画です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-05-17 20:41:48] [修正:2013-05-17 20:41:48] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

インテリ、スポーツマン、軍事知識も豊富、多趣味で紳士のキートンの活躍を描いた作品です。

画力は今より低いですが、浦沢氏の得意芸ともいえる「ヨーロッパ人のかき分け」の技術はすでに完成されています。ロシア人、ドイツ人、イタリア人、英国人など白人をかき分ける技術は本当に素晴らしいものがあると思います。

この漫画はストーリーというものがほとんど存在しません。極端な話キートンと周りの人の生活を描いた「日常系」ともいえます。

よって漫画を面白くする要素は、かなりの部分キャラの魅力、もっというと主人公・キートンの魅力に左右されています。そしてこのキートンが非常に魅力的な人物です。

読めば読むほど、キートンという人物の魅力を知りたくなります。また、どの巻からよんでも全く問題ないです。

読んで何かが残るということは、ないかもしれませんが、おすすめです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-05-17 03:08:38] [修正:2013-05-17 03:08:38] [このレビューのURL]

<<前の10件
1234

月別のレビュー表示