ホーム > 少年漫画 > 週刊少年サンデー > タッチ

6.67点(レビュー数:37人)

作者あだち充

巻数26巻 (完結)

連載誌週刊少年サンデー:1981年~ / 小学館

更新時刻 2012-10-15 02:25:25

あらすじ 上杉達也と和也は双子の兄弟。幼なじみの浅倉南とは家も隣同士で、小さな頃からいつも一緒に遊んでいた。そんな3人は今、同じ高校明青学園に通う同級生。
スポーツ万能、成績優秀の和也と、そんな弟に何をやってもかなわない兄の達也。
和也は好きな南が夢みる甲子園出場を叶えるため、野球部のエースとして活躍していた。
その一方で、達也もまた南に密かな想いを寄せていた。当の南は、和也の気持ちを知りながらも、少しずつ達也に心惹かれていくのだったが…。

備考 ワイド版全11巻、文庫版全14巻、完全版全12巻。
第28回(1982年度)小学館漫画賞受賞。

シェア
Check

タッチのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全37 件

8点 朔太さん

[ネタバレあり]

和也の事故以降の南と達也の二人の関係性の変化が、多くのセリフなしで
表現されていることが特筆されるでしょう。和也に対する喪失感と、どのように自分を
修復していくかという迷いを、文学以上に上手く表現されていて、リアルな
劇や映画でも難しい感情の機微が漫画で表現されているのはすごいことだと思います。
ここがしっかりしているから、怠け者の達也が以後、突然ヒーローに変化して
いくプロセスもほとんど違和感なく受け入れられるのです。

あだち先生の作品全部に言えることですが、ストーリ展開を追う楽しさ以上に
毎回毎号の男女の機微が嬉しいというか、キュンとする瞬間の表現が素晴らしいです。
だから、タッチであろうが、H2であろうが、ラフであろうが、何でも良くって、
主人公達也の目と口を借りて読者が南を見つつ、会話をしているのですね。
言わば、模擬恋愛をさせてくれる漫画とでも言えるのではないでしょうか。
ある意味で、偉大なるマンネリ青春漫画、とでも言えます。
褒めてるのか、腐しているのか分からないですが。

私は、2度、3度読み直しています。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-04-10 09:44:07] [修正:2016-04-10 09:44:07] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

あだち充らしく、脇役が雑な扱いでメインにスポットを当てた作品だと思います。昭和の作品ということを考えて構成的には有りな作品だと思います。

内容は皆さんご存知の通りだと思います。最終的に主人公とヒロインの関係を脳内保管しろという作品はあまり好きではありません。

個人的にはタッチのノベルゲームでも作り、弟が死ななかったり、兄弟で甲子園に出場する分岐点などを作ってハッピーエンドやバッドエンドなど最後の結末が変わるゲームを作ってもらえたらと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-08-04 17:00:37] [修正:2014-08-04 17:00:37] [このレビューのURL]

9点 勾玉さん

あだち充の描く主人公と言えば、達観しすぎてて覇気に欠けるけど
いざスイッチが入ると一転して真価を発揮する飄々としたところが魅力だ。
そしてタッチの場合、このスイッチが入るきっかけとなった出来事が
他の作品より劇的であり、達也が奮起するための原動力としてこれ以上無い説得力を与えている。

ヒロインの南ちゃんも達也の頑張りを支えていく必要不可欠なキャラクターだが
それ以上に、和也の存在がこの漫画を特別なものにしてくれたと思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-05-18 00:18:16] [修正:2014-07-22 11:03:06] [このレビューのURL]

8点 プリさん

[ネタバレあり]

あらゆる年代の人が知っているあだち充氏の代表作。

アニメの方が有名で、原作を読んだことがある方は
少ないかもしれません。
昔アニメが何度も再放送されていて、カっちゃんが事故死する回は
いつも学校で話題になりました。

野球漫画という感じではないですが、恋愛漫画として
とてもドキドキしながら読んだのを覚えています。

この作者の作品は、やはり昔も今も変わらず
登場人物の心理描写が素晴らしいと思います。

南が和也ではなく達也の方を好きなのも、
和也が死んだ後、達也が南に対して微妙に距離をとるのも
無理なく自然に理解できます。
説明はなくても伝わってくる感じです。

登場人物の気持ちをモノローグ全開のテキストで説明するのでは
なく、間や表情、セリフでここまで見せることができる力は
昔から一貫して変わっていなく、どの時代の作品でも
安心して読むことができます。

現在、このタッチの26年後が舞台の最新作「MIX」が
発表されており、そちらも読んでいますが、
個人的には南も達也も、絶対登場してほしくないと思っています。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2014-03-23 23:31:28] [修正:2014-03-23 23:31:28] [このレビューのURL]

10点 polojoさん

[ネタバレあり]

80年代の「さわやかスポーツ漫画」の初期作品にして、サンデーを代表する作品といえるでしょう。

素晴らしいのは、劇画とは対照的ともいっていい、デフォルメされた線、輪郭(野球シーンはちょっと線の入れ具合が多くなりますが)。

あとこの作品は「間」が良いですね。安易に表情で喜怒哀楽を表現したりすることはあまりないです。一見したら無表情だけど、行間から悲しみや怒りなどが伝わってきます。あだち作品の代名詞ともいえる漫画的表現です。

ヒロインである南ちゃんもこの漫画を名作へと押し上げている要素となります。僕は全然タッチ世代でもないのですが、最強に可愛いです。後ギャグがそんなに古臭くない所も好感が持てます。

「80年代の漫画なんて古い」と思っている、タッチ世代じゃない方にこそ読んでほしい、おすすめの作品です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-05-20 15:57:09] [修正:2013-05-20 15:57:09] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12345678

タッチと同じ作者の漫画

  • H2

    総合点:6.79点

    レビュー数:49人

  • クロスゲーム

    総合点:5.93点

    レビュー数:32人

  • ラフ

    総合点:7.19点

    レビュー数:31人

あだち充の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年サンデーの情報をもっと見る