ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックオリジナル > MASTERキートン

7.85点(レビュー数:61人)

作者浦沢直樹

原作勝鹿北星

巻数18巻 (完結)

連載誌ビッグコミックオリジナル:1988年~ / 小学館

更新時刻 2012-08-21 12:46:35

あらすじ ロイズの保険調査員(オプ)である平賀・キートン・太一は、元SAS(英国特殊空挺部隊)のサバイバル教官であり、また、オックスフォード大学を卒業した考古学者でもあるという複雑な出自を持つ日本人(父太平は動物学者)とイギリス人のハーフ。本人は内心、考古学の道を進みたく思っているが、過去の経歴の優秀さからいろいろな調査依頼が舞い込んでくる。冷戦前後の社会情勢、考古学、そしてキートンをめぐる人々のドラマが絡み合った秀作である。(Wikipediaより)

備考 余談だが、原作者の勝鹿北星はほとんどこの作品に関わっておらず、ストーリーはほとんど浦沢直樹と長崎尚志が考えていた。なお、この作品は長らく絶版となっていたが、2011年から完全版の刊行が開始された。

シェア
Check

MASTERキートンのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全61 件

一話完結式ですが、どの話も濃厚です。

考古学、社会問題、文化、主人公の知識や経験からの
サバイバル演習などの幅広い知識が増えます。

ほぼ完璧で倫理のある主人公ですが、人間味もあって好感が持てます。

知的サスペンスや心に沁みる人間ドラマなどバラエティにも富んでいて、飽きないです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-03 16:56:27] [修正:2015-05-16 19:54:05] [このレビューのURL]

9点 ヒデリウさん

小学生の時に読んで難しかったけどとても衝撃を受けました。
年齢によるものか読む度に違った印象、新しい発見があります。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-09-04 15:05:02] [修正:2014-09-04 15:05:02] [このレビューのURL]

8点 fasterさん

絶版になっているため、なかなか手に入らずに苦労。
しかしその甲斐あって面白い漫画に出会えた。

考古学者という難しそうな内容なのに飽きることなく読み進めることができ、すごいストーリー展開だなと感心させられた。

追記
新装版が出て入手しやすくなった模様。
ぜひ一度読んでみるべき。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-10-12 23:00:18] [修正:2013-07-25 01:25:50] [このレビューのURL]

8点 polojoさん

[ネタバレあり]

インテリ、スポーツマン、軍事知識も豊富、多趣味で紳士のキートンの活躍を描いた作品です。

画力は今より低いですが、浦沢氏の得意芸ともいえる「ヨーロッパ人のかき分け」の技術はすでに完成されています。ロシア人、ドイツ人、イタリア人、英国人など白人をかき分ける技術は本当に素晴らしいものがあると思います。

この漫画はストーリーというものがほとんど存在しません。極端な話キートンと周りの人の生活を描いた「日常系」ともいえます。

よって漫画を面白くする要素は、かなりの部分キャラの魅力、もっというと主人公・キートンの魅力に左右されています。そしてこのキートンが非常に魅力的な人物です。

読めば読むほど、キートンという人物の魅力を知りたくなります。また、どの巻からよんでも全く問題ないです。

読んで何かが残るということは、ないかもしれませんが、おすすめです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-05-17 03:08:38] [修正:2013-05-17 03:08:38] [このレビューのURL]

7点 pazzoさん

浦沢直樹はこういう一話完結でこそその才能を十分に発揮できるんじゃないかと思う。

風呂敷広げないですむし。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-03-11 16:58:47] [修正:2013-03-11 16:58:47] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

MASTERキートンと同じ作者の漫画

  • 20世紀少年

    総合点:5.85点

    レビュー数:106人

  • MONSTER

    総合点:7.08点

    レビュー数:90人

  • PLUTO

    総合点:6.64点

    レビュー数:59人

浦沢直樹の情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックオリジナルの情報をもっと見る