ホーム > 不明 > グランドジャンプ > イエスタデイをうたって

7.34点(レビュー数:44人)

作者冬目景

巻数11巻 (完結)

連載誌グランドジャンプ:1999年~ / 集英社

更新時刻 2012-07-26 21:18:34

あらすじ ロウテンション青春漫画。カラスを飼うエキセントリック少女野中晴と、色々と迷いながらコンビニでバイトを続けるフリーター魚住陸男の二人を中心に、若者たちの揺れ動く心を描く。

備考 ビジネスジャンプで不定期で連載されていたが、途中で休刊となった為、グランドジャンプに移籍した(月1連載)。

シェア
Check

イエスタデイをうたってのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全44 件

5点 チーズカバオさん

中盤以降、隔週誌でありながら月イチ連載で同じような話をチマチマやっていたので、連載の後半には大して真面目に読まなくなっていた。

最近、コミックスで一気に読み直したが、4巻まではかなり良かった。6巻までも楽しめた。しかし7巻以降はやはり連載時と同じ印象に落ち着いてしまう。
この作者のモチベーションが続くのは、せいぜい単行本5巻くらいまでなんだろうと改めて感じた。

とは言え、超飽きっぽい冬目景にしては、これほどの長期連載を投げ出さず完結させてくれたこと自体に謎の感動はあると思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-02-26 06:38:13] [修正:2020-02-26 06:40:29] [このレビューのURL]

6点 朔太さん

カラスを飼い馴らして街を歩く少女ハルとの出会いから
始まる冒頭では、これから起こる事件への期待感が膨らみます。
恋愛感情を抱くリクオには恋愛に踏み切れない事情があり、
それは高校生の時から憧れるシナコの存在でした。
そうこうしている間にも、ハルに接近してくる雨宮が登場、
その雨宮にも幼馴染のミモリが現れます。
という風に出てくる登場人物全てが、相思相愛になれず
三角関係の連鎖が延々と続きます。
この成就しそうでしない人間関係の微妙な加減が作品の魅力です。

読み進めるうちに、男性作家がこんな微妙な人間関係を
ベースに物語を紡ぐのは珍しいなあ、と思っていました。
ところがこのサイトで作者はやはり女性だということを知り、
納得した次第です。

男性誌に掲載された女性漫画という印象です。
8巻で満腹になりました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-03-02 21:18:46] [修正:2018-03-02 21:18:46] [このレビューのURL]

冬目作品で一番好きです。

基本三角関係ですが、後半は多角関係に発展していき、相関図が少し複雑でした。

少年漫画のラブコメみたいな強引な人物や派手な展開もなく、淡々と進んでいきます。
相手の気持ちを汲み取り、謙虚な部分が多く切ないです。

恋愛面の他にも、自我を見失ってる人物の焦燥や弱さも描くのも巧妙で、
自分に通ずる部分があります。

行間を読ませるコマ割、人物の表情や仕草も魅力的です。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2014-10-28 14:12:13] [修正:2015-09-24 22:53:12] [このレビューのURL]

7点 森エンテスさん

[ネタバレあり]

18年の連載期間を経て無事完結しました。

読み手である自分自身が、この作品と出会った当時の恋愛観と現在の恋愛観に大きな変化がきたしているので、序盤にハマっていたが為に、中盤から終盤にかけての作品に入り込むのが難しくなってしまった気がします。

とはいえ、主人公であるヒロインが幸せなEDを迎えてくれたことが何よりかなと思います。

もやもやした恋人関係を続けている人にはオススメかもしれないです。
20代の恋愛観の作品という気がします。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2015-09-24 19:07:12] [修正:2015-09-24 19:07:12] [このレビューのURL]

6点 ニカイドウさん

冬目作品は(たぶん)コミック全作持ってますが、
社会的な評価より個人的にはやや下回るイメージです。

他作品に比べて根気よく続いている点は良いのですが、
イマイチこの作品とは恋愛観において、やや呼吸が合わないといったイメージです。
※当然、男女間の差も有るのでしょうけど・・・

私もカンスケ見たいなペットが欲しいな?

ナイスレビュー: 1

[投稿:2013-01-22 05:14:27] [修正:2013-01-22 05:14:27] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

イエスタデイをうたってと同じ作者の漫画

冬目景の情報をもっと見る

同年代の漫画

該当なし

グランドジャンプの情報をもっと見る