ホーム > 少年漫画 > 週刊少年ジャンプ > ぬらりひょんの孫

4.7点(レビュー数:10人)

作者椎橋寛

巻数25巻 (完結)

連載誌週刊少年ジャンプ:2008年~ / 集英社

更新時刻 2012-08-24 18:20:40

あらすじ 主人公、奴良リクオは一見、ごく普通の中学生。しかし、実は彼は妖怪の総大将、ぬらりひょんの孫。そんな彼は妖怪の総本山、奴良組の次期首領になる事を周りの妖怪たちから期待されていた。果たして、リクオの運命やいかに。

シェア
Check

ぬらりひょんの孫のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全10 件

10点 アキトさん

登場人物が個性ゆたかで、筆ペンでかかれたコマにはすごくひかれました。
イケメンがいっぱいいるので、女性の方にオススメです(^O^)

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-04-18 18:45:07] [修正:2018-04-18 18:45:07] [このレビューのURL]

7点 fasterさん

ストーリーは言うほどでもない。
ありきたりな展開にありきたりな設定。

ただ、この人の絵は一目見ただけでわかるほど独特で良いと思う。
個人的にはかなり好みの絵だし、世界観と筆のタッチがマッチしていて非常に良い味を出しているなと感じた。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-08-06 22:30:57] [修正:2013-07-24 23:51:16] [このレビューのURL]

妖怪×任侠という設定は良い。
キャラデザも凝っているんだけど
結局リクオと合体やらをしてしまい
リクオ以外のキャラの活躍を描ききれていない

筆を使った絵は好きなんだけどなあ

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-09-20 23:37:35] [修正:2011-09-20 23:37:35] [このレビューのURL]

6点 はまおーさん

こういうの嫌いじゃないです。
面白いかなー・・・たぶん。

言われてみると、主人公の立ち位置が中途半端なんですよね。
ただ悪いらしい奴を倒すだけという、単純な漫画。
未熟。

設定は悪くないです。
ヤクザっぽいのと妖怪を合わせたみたいなの。
この設定をもう少しうまく使えたらもっとよくなりそう。
今のままだと、そこらの漫画となんら変わりません。

画力はけっこういい気がします。
けっこう独特の絵だし、キャラもいい。
処女作にしてはまあまあだと思います。

ただ、今のところ、キャラで売っている感があります。
まだまだ未熟な漫画。
けど、これから伸びる可能性はあります。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-03-23 11:26:54] [修正:2011-03-23 11:26:54] [このレビューのURL]

3点 ひらがなさん

とりあえず、作者へ
「地獄先生ぬ?べ?」
「げげげの鬼太郎」
「恐怖新聞」等、
それらの有名妖怪怪奇漫画を
読む事を勧めたくなる漫画。

絵もストーリーもイマイチパッとしない。
今の編集者は駄目ですね・・・^^;


妖怪物は実像が無いだけに簡単な面と
難しい面と両方があります。

ぬーべーは作家の制作意欲と共に
時期的にも都市伝説ブームの時でしたから
一種の波に乗れていましたが。

この作品は波が立っておらず、作家自身も対した腕も無いのに
勝手に大海原へサーフィンに出かけたような感じがします。

妖怪漫画なのに主人公が普通。
妖怪がヤクザの様に徒党を組んでいるという設定も
イマイチ盛りあがりに掻けます。

なんか、過去に人気の有った妖怪の要素と
ギャグチックなヤクザの世界二つを混ぜたら
より美味しくなると思って失敗したパターンです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-08-01 01:32:47] [修正:2010-08-01 01:32:47] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12

ぬらりひょんの孫と同じ作者の漫画

椎橋寛の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年ジャンプの情報をもっと見る