ホーム > 少年漫画 > 週刊少年チャンピオン > ウダウダやってるヒマはねェ!

7.71点(レビュー数:14人)

作者米原秀幸

巻数21巻 (完結)

連載誌週刊少年チャンピオン:1994年~ / 秋田書店

更新時刻 2011-01-12 12:46:55

あらすじ 島田亜輝と赤城直己。無敵のヤンキーコンビが高校三年間でハデに繰り広げる喧嘩物語

シェア
Check

ウダウダやってるヒマはねェ!のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全14 件

ヤンキー漫画というよりは、バトル漫画に近いです。
冒険活劇のような。

強敵を倒していくだけですが、テンポもよく読者を飽きさせないです。

やはりアマギンの存在は大きかったです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-15 14:31:52] [修正:2015-03-01 19:13:47] [このレビューのURL]

9点 CHIEROさん

[ネタバレあり]

中学生の頃夢中で読んだ漫画で思い出補正が満載です。

亜輝と直己の友情や仲間たちとの高校生活は子供心に憧れました。
米原先生は画力が高いのでバトル描写が解り易く、またキャラクター描写がうまいのでボスキャラを前にした時の亜輝や直己の絶望感がよく伝わってきます。
そしてなんといっても天草銀の存在です。彼の存在なくしてはこの漫画は語れません。
天草銀(通称アマギン)というキャラクターだけでも読む価値ありです。
楓の登場がかなり唐突だったので-1です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-02-26 23:37:10] [修正:2014-02-26 23:39:01] [このレビューのURL]

6点 トラヴィスさん

単純に読みやすいですね。まだ荒削りですが気持ちのいいサッパリ展開で安心して読めます。
でも今となってはちょい古臭さもでてきたかな。

個人的にはフルアヘッドココよりこっち。


ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-05-19 21:36:07] [修正:2011-05-23 21:31:02] [このレビューのURL]

7点 森エンテスさん

ヤンキー漫画・・・・なのだと思いますが、非常に面白い作品。

学校単位の物語からドンドン膨らんでいって、過去には敵だったヤツらと一緒に最後はエライ巨大な敵と戦うという少年漫画の王道が気持ち良い。

本作の一番の魅力は痛快な事。
ヤンキー漫画というよりは、男塾とか、そっち系の作品とも言えるかもしれません。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-11-22 18:39:00] [修正:2010-11-22 18:39:00] [このレビューのURL]

10点 あーちんくんさん

私が高校生の頃、友達に「面白い漫画ない?」って尋ねたところ、その友達がすぐに貸してくれたのが、ウダヒマでした。

最初のほうは絵もあまり上手ではなくストーリー的にもあまり面白くはなくがっかりしていたのですが、アマギンというキャラが登場してからはそんなことすべて吹っ飛んで超ハマりました!

読んだことがない人には本当にお勧めです!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-10-26 23:11:58] [修正:2010-10-26 23:11:58] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123

ウダウダやってるヒマはねェ!と同じ作者の漫画

米原秀幸の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年チャンピオンの情報をもっと見る