ホーム > 少年漫画 > 週刊少年チャンピオン > 鉄鍋のジャン!

6.8点(レビュー数:15人)

作者西条真二

巻数27巻 (完結)

連載誌週刊少年チャンピオン:1994年~ / 秋田書店

更新時刻 2010-11-11 00:20:15

あらすじ 祖父の経営する中華料理の名門・五番町飯店で働いている五番町キリコは、勝つためにはどのような手段を選ばない秋山醤とことごとく対立する。

シェア
Check

鉄鍋のジャン!のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全15 件

6点 s-fateさん

 いさぎよく最初から「料理は勝負だ」で通してしまった料理マンガです。主人公があまりにも独善的かつ話の始まる前にジイさんに幼少からこっぴどく鍛え上げられているので、よくある付け焼刃的な努力の描写もほとんどなく、とにかく料理勝負。
 過去に料理勝負よりのマンガといえば古くは「包丁人味平」がありますが、あの作品も後半カレー戦争でスパイスの調合を極めるあまり麻薬に行き着いていましたが、この作品は序盤から一服盛って体が動かなくなる料理とか笑いが止まらなくなる料理とかを、勝つために、または確信犯的に作ってしまいます。序盤でこれでは27巻ある時点で、料理のメニューのインフレが起きると予想できますが、まぁそのとおりのオチになります。
 また基本中華料理で、きっと食べればうまいのでしょうが、身近じゃなさ過ぎるものが多くて、うまそうとか、ちょっと作ってみるかとか、そういう気がまったく起きないのも特徴です。
 個人的には濃い作風でワンパターンをごまかしている印象はありますが、一応一通り読めるので6点としておきます。
 評論家大谷の舌に嘘をつけないツンデレぶりが今となると笑えます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-08-29 16:52:06] [修正:2011-08-29 16:52:06] [このレビューのURL]

5点 columbo87さん

とんでもバトル料理漫画としては非常に有名です。
主人公ジャンの性格が非常に捻じ曲がっていますので、彼を気に入るかどうかで読み続けられるかどうかが決まってくると思います。

コンビニコミックで読みましたが、最終巻に載せられた最終回のボツ案と西条先生のコメントを読んで戦慄しました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-04-28 15:40:09] [修正:2011-04-28 15:40:09] [このレビューのURL]

7点 とろっちさん

「料理は勝負!」 「勝つためには容赦しないぜ!」
初期の美味しんぼとかクッキングパパとかとは対極にある料理漫画。
ミスター味っ子ぐらいからバトル形式の料理漫画が増え始めましたが、これはその最たるもの。

「そんなに勝ちたいのか? ケンカを売り歩くのがお前の料理か?」 「そうだ!」
食べた人を喜ばせる料理なんてものには見向きもせず、相手に勝つためだけの料理、もっと言えば
相手を負けさせるためだけの料理なんてものも平気で作ります。
相手の料理をマズく感じさせるための料理だとか、審査員の舌や人格までも破壊する料理だとか。
そんな主人公・ジャンのキャラの濃さが特徴的ですが、彼は悪意の塊のような存在かと思いきや、
素直でかわいいところもあったりして、何だか憎めないキャラだったりします。
ジャンよりもっと憎たらしいキャラが大勢出てくるのもそう感じる一因かもしれません。

ゲテモノ漫画と評されていることに個人的にはちょっとビックリです。
まあそのインパクトは確かに大きいと思いますが、全27巻、3桁に達するであろう登場料理の中で、
ゲテモノと言えるのはほんの一部なのに。
常任の料理監修の人が相当厳しかったらしく、また取材協力として常に多数のホテルや料理店の名が
挙がっていることもあってか、出てくる料理自体は基本的にまともです。
ただジャンの調理方法やその描写の仕方がかなりグロかったり異質だったりするので、
そこで合わない人が出てくるのかもしれません。

まあそんなこんなで料理があまり旨そうに見えません。
もっと正確に表現すると、実際に食べてみれば凄く旨いんでしょうけど、意表を突くような料理が多く、
作り方が複雑・高度すぎて味が想像できないんですね。
だから実食のシーンでも(食欲的に)何かいま一つ盛り上がってこないです。
でもバトルが面白いのでついつい読み進めてしまう、変な料理漫画です。

続編「R」ではジャンが真っ当な料理しか作らなくなってしまっているので、
こちらの方が読んでいて楽しいですね。
ちなみにコミックスおまけページの料理レシピは簡単に作れるものが多くてなかなか良いです。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-02-28 01:24:49] [修正:2011-02-28 01:24:49] [このレビューのURL]

7点 shredderさん

料理漫画ですが

特筆すべきは主人公のアクの強さ!

独特な料理は審査員にも被害が及びます。

あらゆる所に敵を作ってそれでも曲げない主人公の精神的強さには脱帽!

ついつい読んでしまう面白い漫画です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-10-27 11:22:28] [修正:2010-10-27 11:24:59] [このレビューのURL]

7点 即身仏さん

非常に濃い画風ながらも、料理漫画の中では監修の人が厳しかった影響か、結構美味そうな感じは有った。ただ、この漫画最大の特徴はとにかく奇想天外というか斜め45度な料理とか登場人物であり、女性キャラのデカ乳と同じく他の料理漫画を凌駕するインパクトがこの漫画にはあった。料理もそうだが、登場人物が濃いというよりちょっと異常なんじゃないの?と思ってしまうのが見受けられた。ただ、主人公が勝つ為には手を抜かず全力で相手を叩き潰す様な、好感度なんて糞喰らえ的なキャラクターなのでそんなに影響は無い。と言うより、その時点で篩いにかけられて居る筈なのでこの漫画を読んでいる人はそういうのは気にならないであろう(笑)

とにかく、人を選ぶ漫画であるのは確かだが実力自体は間違いの無い漫画なのは確かである。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-10-12 20:41:10] [修正:2010-10-12 20:41:10] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123

鉄鍋のジャン!と同じ作者の漫画

西条真二の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年チャンピオンの情報をもっと見る