ホーム > 青年漫画 > 月刊IKKI > ぼくらの

6.96点(レビュー数:51人)

作者鬼頭莫宏

巻数11巻 (完結)

連載誌月刊IKKI:2003年~ / 小学館

更新時刻 2009-11-25 06:28:37

あらすじ ぼくらの大切な地球に、異形の巨大ロボットが迫る!
迎え討つは15人の少年少女のみ! S
Fファンタジーの鬼才が贈るニュータイプ・アクションコミック。
(amazonより)

シェア
Check

ぼくらののレビュー

点数別:
46件~ 50件を表示/全51 件

6点 ガチャピンさん

[ネタバレあり]

死に逝く子供達を見て、自分がこの巨大な乗り物(?)を操縦するなら最期に何をするだろうか・・みたいなことを思わず考えちゃいました。

と同時にこの作者は作中で子供を殺すことに生き甲斐を感じてるじゃないか?とも思ってしまった‥。

操縦したら死ぬ、というルールなのですが、漫画とはいえやっぱり人が理不尽に死んでいくのは見ていてかなり辛いものがあります。
この作品に出てくる11,2の子供達が抱えているモノはそれぞれなのですが、やはり彼らには死んで欲しくない。自分はもうすぐ死ぬ、という極限状態の中でもわずかな希望を見出せる者もいた。死と引き換えに…なんて思わず、生きて自分の運命と戦って欲しいです。

怪物を全て倒したら子供達全てが生き返るというエンディングだったらいいな‥まあ無いか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-07-09 23:58:13] [修正:2007-07-10 00:14:00] [このレビューのURL]

3点 ゆきやさん

それなりに話題になってるので一気に買い揃えました。
なんか…こういう世界観にはついていけなかったかな。

戦闘シーンがごちゃごちゃしてて、何やってるか分からない場面が多数あった。そしてなによりも、、、こいつら小学生?と思うほど全員大人びている(汗
そうでもない奴もいるけれど、妙に冷静だったり、不条理をあっさり割り切ったり、やけに思考型の奴が多い。
自分が小学生だった頃はそんなんじゃなかったなぁ。
そういう意味でも感情移入できなかった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-07-03 01:32:48] [修正:2007-07-03 01:32:48] [このレビューのURL]

6点 rongaiさん

[ネタバレあり]

前作「なるたる」に比べたら全然軽い方なんじゃないかなあと思ったり。
感覚麻痺でも起こしたんでしょうか、あたい…。

1巻に付き3人くらいは子供が死にます…。
前作を読破しているから、
作者がどんな作風なのか免疫がある分だけ
多少の覚悟をもってして読みましたので、
子供が死ぬってことに強い不信感を抱くことがなくなりました。

何かを守るためには、何かを犠牲にしなければならない。
その何かってのが自分の命だったら…。

子供には荷が重過ぎますッ!!
しかも守るものが「地球」という漠然とした実感のないモノ。
大人だって地球規模のものを守れないのに、
子供に託すなんて辛すぎますッ!!
それぞれの想いを胸に、彼らは彼らなりに敵と戦うのです。

敵の正体が5巻くらいから明らかになるのだけど、
そこからもっと物語に残酷性が出てきます。
鬼頭さん独特な白い絵もコマ割りも健在ですので、
余計に残酷さが浮き彫りになることでしょう。

少年少女たちの「死」と引き換えの言動と心理を丁寧に、
そして残酷に描く。
究極の形がココにある。


なんだか読後に、たまらない気持ちになる作品デス。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2007-06-12 11:46:14] [修正:2007-06-20 19:26:25] [このレビューのURL]

9点 chihiroさん

鬼頭さんは「なるたる」からのファンなのですが、
独特なタッチもですけど、見る人を引き込む心理描写はさすが。続きが気になって仕方ない作品のひとつです。

アニメも期待してたんですけど、あまりにも露骨な伏線に
かなりがっかりしました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-04-14 22:23:40] [修正:2007-04-14 22:23:40] [このレビューのURL]

[ネタバレあり]

15人(?)の中学生が、自分の命と引き換えに未知なる敵から地球を守る。命と引き換えに…つまり、『敵』を倒しても、結局、命を失ってしまう。ちなみに、負けても地球は滅んでしまうので、どちらにせよ『死』を免れることはできない。なんと不条理な。

キャラに感情移入できたとこで、敵が出てきて、戦って、死んでしまう。これはつらい。

ポイントは、死を意識することで、少年少女たちは、急に輝きだす…ということ? 自分はそう思いました。

自分たちもいつかは必ず死ぬ運命。遅かれ早かれ死ぬのだから、死を意識して、必死に生きることが大事。そういうメッセージがこめられているのでは?そう勝手に解釈して、8点。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2006-10-03 00:05:02] [修正:2006-10-03 00:05:02] [このレビューのURL]

PR


ぼくらのと同じ作者の漫画

鬼頭莫宏の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊IKKIの情報をもっと見る