ホーム > 青年漫画 > 月刊IKKI > ぼくらの

6.96点(レビュー数:51人)

作者鬼頭莫宏

巻数11巻 (完結)

連載誌月刊IKKI:2003年~ / 小学館

更新時刻 2009-11-25 06:28:37

あらすじ ぼくらの大切な地球に、異形の巨大ロボットが迫る!
迎え討つは15人の少年少女のみ! S
Fファンタジーの鬼才が贈るニュータイプ・アクションコミック。
(amazonより)

シェア
Check

ぼくらののレビュー

点数別:
21件~ 25件を表示/全51 件

9点 shinpe-さん

ロボットものとか、怪獣を子どもたちが倒すとか、そんな紋きり型の分類じゃこの作品の素晴らしさは説明できないと思います。エヴァとの類似性は両方の作品を見た人なら必ず気づかされる点ですが、エヴァの追体験というアナロジーでは読み解くことの出来ない魅力を抱えた作品であることは間違い無いです。

次々とやってくる正体不明の怪獣。子どもたちの双肩に圧し掛かる責任。悲惨かつ救いの無い展開と結末。でもなぜか読み終わった後に前を向いて、自分の生きる現実に立ち向かわなくては、との決意を新たにさせられる作品です。少なくとも僕にとっては。

おそらく家族の愛、絆、何気ない日常の素晴らしさ、そんなものに子どもたちが気づいていく過程を描いていくのが巧いのです。死を意識しなければ生を意識することも無い。そんな中で彼らが自分たちの使命と向き合い、ありふれた日常を生きていく姿は乾いた印象を与える作者の絵と相まって、この漫画の唯一無二の魅力を構成していると思います。

もちろん物語を支える設定は秀逸の一言。無茶とも言える設定を無理なく物語の枠の中に収めていると思います。

子どもたちが死んでいくことに関しては賛否両論でしょうが、少なくとも実際には絶対あってはならないことを扱えるということも、漫画というメディアの持つ一種の武器なんだな、という当たり前のことも再確認しました。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-02-15 19:10:41] [修正:2010-02-15 19:13:36] [このレビューのURL]

7点 ショーンさん

なるたるよりは断然面白いと思うが、子供達がどんどん亡くなっていくのはやはりつらい。ですが、毎回一人一人に焦点を当てるので、子供達の現状や内面を深く知る事が出来る。でも気分が沈んでいく漫画。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-01-30 02:47:18] [修正:2010-01-30 02:47:18] [このレビューのURL]

8点 bugbugさん

一度読んでみると、単純に面白い
読み返してみると、伏線や設定が緻密なことに気が付き驚かされる。
ずっと我慢して完結を待って一気読みしたが、我慢した甲斐があった

あまり細かい設定を褒めると読む楽しみを奪ってしまいそうで怖いので
些細な話は割愛しますが
設定を明かすタイミングが絶妙すぎる
早すぎず遅すぎず、少なすぎず多すぎず。これが不十分な漫画が多すぎる

個々のエピソードは安定感がなかった
面白い話はとことん面白いんだが、低調なエピソードも多い

総評として、
巻数も丁度いいし脂乗ってる漫画家の優良作品

ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-01-24 05:14:23] [修正:2010-01-24 05:16:12] [このレビューのURL]

9点 りあんさん

最終巻、読み終わりました。
読んだ後の喪失感が凄い作品でした。

子供たち一人一人にテーマ築き、最後まで逃れられない、
死に対する戦闘を描ききったのことが、さすがは鬼頭先生
最後のウシロの戦闘シーンなんてほとんど絵だけなのに、
あの表現だけで体が震いあがりました。

子供にしてはみんな落ち着きすぎって意見がちらほらありますが
作中ではちゃんと説明なかったけど、コエムシたちはそういう心に
何かしこりがある人達を集めてたんじゃないかな?って、読み返してみると思います。

まあ何にしても終わってからも色々考えさせられる作品だと思います。



ナイスレビュー: 1

[投稿:2009-12-28 18:25:13] [修正:2009-12-28 18:25:13] [このレビューのURL]

4点 ひらがなさん

一応友人に勧められて読みました。
人の死を確り重い物と捉えた上で描いているのが
この作品の評判を下げない理由だと思う。

作者なりに伝えたい事があるのであろう。

でも、自分はやっぱり人の(特に子供の)死を
描くのには賛同できない。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-11-21 02:01:08] [修正:2009-11-21 02:01:08] [このレビューのURL]

PR


ぼくらのと同じ作者の漫画

鬼頭莫宏の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊IKKIの情報をもっと見る