ホーム > 不明 > ハルタ > 星屑ニーナ

6.33点(レビュー数:6人)

作者福島聡

巻数4巻 (完結)

連載誌ハルタ:2010年~ / エンターブレイン

更新時刻 2011-08-06 01:28:03

あらすじ ゴミ捨て場に投棄されて、過去の記録(メモリー)が消滅してしまったロボットの星屑(ほしくず)。彼を拾った美少女ニーナはロボットの主人とならず、先生として、星屑を成長させることにした。(wikipediaより)

シェア
Check

星屑ニーナのレビュー

点数別:
6件~ 6件を表示/全6 件

7点 booさん

「機動旅団八福神」などで一部に熱狂的なファンを持つ福島聡のSFコメディ。

捨てられた旧式の少年型ロボットは主人を求め歩き回るも電池切れを起こして倒れてしまった。そこに偶然謎の少女ニーナが通りかかり、助けられることになる。主人になって下さいと頼むロボットに主人は嫌だけどあなたの先生にならなってあげる、と言うニーナ。ロボットは星屑と名付けられ、ニーナの人生を伴に過ごしていくことになるが…。

アラレちゃんと星の王子様が混ざったような雰囲気というと分かってもらえるだろうか。自由奔放な少女ニーナと星屑が過ごす突拍子もない日常。宇宙からはたまに巨大な雷魚が落ちてくるし、その雷魚の口の中に入って宇宙に行けたり、スクーターは空飛んでたりと世界はキラキラな無秩序に満ちている。
作中での時がたつスピードが非常に速いのでニーナはどんどん年をとっていく。しかしロボットの星屑はもちろん年をとらない。そして主人がいなくなってもじっとその記憶を大切にして生きていく星屑。
心を持たない彼がただただ哀しく、そしてこんなに愛おしくなるのはなぜだろう。電池が切れると記憶がなくなってしまう星屑は否応無しに人間と関わり続ける事になる。そのクリクリとしたお目目でこれからも人間と楽しい記憶を刻み続けてくれたらいいな。

ポップでキラキラとした世界観、星屑とニーナのとびっきりのキュートさを感じるだけで読む価値はあります。これからの展開とラスト次第では名作となりうるでしょう。2巻以降が本番だと思うので7点にしておきますが、かなり期待の作品です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-08-06 02:13:49] [修正:2011-08-06 04:39:16] [このレビューのURL]


12
次の10件>>

星屑ニーナと同じ作者の漫画

福島聡の情報をもっと見る

同年代の漫画

ハルタの情報をもっと見る