ホーム > 不明 > ハルタ > 星屑ニーナ

6.33点(レビュー数:6人)

作者福島聡

巻数4巻 (完結)

連載誌ハルタ:2010年~ / エンターブレイン

更新時刻 2011-08-06 01:28:03

あらすじ ゴミ捨て場に投棄されて、過去の記録(メモリー)が消滅してしまったロボットの星屑(ほしくず)。彼を拾った美少女ニーナはロボットの主人とならず、先生として、星屑を成長させることにした。(wikipediaより)

シェア
Check

星屑ニーナのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全5 件

6点 TTYYさん

なんとも独特な雰囲気のある作品でした
シュールな感じがありながらも、ほのぼのして心温まるような部分があったり哀愁漂う切なさもあったりと・・・

少し個性的な作風や作画というのもあって決して万人受けするような作品とは思えませんが
人によっては隠れた良作になり得る作品では無いかと思います
話は結構ブッ飛んでいますし、自分も手放しで面白いと他人に勧めれるかと言われたら躊躇してしまいますが
個人的には心にゆっくりと響いて来るような感覚があってとても良かったです



・作画やデザイン〇 癖が強いですがストーリーと相まって独特な雰囲気出してます

・キャラクター全般 描き方、掘り下げ方、キャラ同士の絡み、台詞や言い回し
これがこの作品で一番の肝になる部分だなと思います
この作品に対する好き嫌いもたぶんこの部分で分かれる気がします

単純に良いキャラだったとか可愛いとかシュールとかそう言った表面的な部分だけでは無く
言い回し方や表現、キャラ同士の絡みに深みがあって非常に良いです
含んだような台詞や抽象的に描いてくる部分も多いので
読み取るのが苦手な方やストレートな表現を好む方だとちょっとダメかもしれません

ただそういった部分が苦手でなければ
人間味に溢れるキャラクター像や展開がジンワリと伝わってくるような心に響く良さを味わえると思います
感覚に寄った部分なので明確に説明するのもちょっと難しいです


悪い点を挙げるなら

・ストーリーの超展開っぷり
たぶんこの作品を良いと感じた人にとってはそんなに重要な部分では無いと思いますが・・・
各展開での結末だけを見たらそこまで不満は無いと思いますし

ただ無理矢理な展開やぶっ飛んだ部分も多いんで細かい所気にしだすと正直突っ込み所は満載です(笑
この辺のストーリーをもう少し綺麗に繋げて纏めれたらより良い作品になったんじゃないかなとは思いました。


感覚に寄った曖昧な評価になってしまいましたが
本当この作品の良し悪しに関しては感覚次第な気しますね
不満と言う程の部分は有りませんでしたが
終盤に向けて作品全体通してもう少し上手く繋げて統括される物があったらなーとは思いましたので控えめに6点で

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-06-21 06:07:00] [修正:2015-06-21 06:07:00] [このレビューのURL]

時間の飛び方や経過が驚くほど速いです。
一千年単位でタイムスキップしたりします。

人間とロボットの温かい交流というありがちなものかと思ったら、
壮大なスケールで歴史を俯瞰しているようなSFものでした。

壮大なストーリーの根底には、
誰かを想う気持ちや愛など普遍的なテーマが詰まってます。

キャラも生き生きしていて魅力的です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-03-25 11:05:42] [修正:2015-03-25 11:05:42] [このレビューのURL]

6点 ジブリ好き!さん

この作者ほんと癖強すぎ!
機動旅団とか読み切れんかった人間のレビューっす

「神の速度で過ぎゆく時間」ってことで、一巻で76年経過、二巻はわからん。
作中の時代が光の速さで過ぎてゆく、というアイデアは思いついてもできないというか活かせる人は少なそう。味のある絵と星屑のキャラがポイントですね。いや、ニーナか。

ただやっぱり、冷静にやっぱり、面白いかどうかっていうとちょっと難しい。
星を取ってくる話とか蝶を追っかける話は好きだし、ニーナの台詞がいちいちウィットに富んでて楽しいんだけど、時間経過早すぎてお話に入りこめんのよ。
うーん、ストライクゾーンの狭い作品……

切ないのかギャグなのか。ふざけてんのかマジなのか。
不明。中途半端って言っても良いんだろうが、自分的には不明です。
ただし惹かれる何かはある。
例えばカバーの装丁、めちゃめちゃ良い!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-01-22 01:20:22] [修正:2012-02-01 21:40:30] [このレビューのURL]

8点 二軍Tシャツさん

一巻だけでは何とも言えないのでレビューを避けていましたが、二巻が発売されたので。
一巻読んだときは正直何が描きたいのかよくわからず、相変わらずキャラや世界観、セリフ回しは好きなんだけども、うーん、どうなの?という感じでした。

二巻、素晴らしい。
本当に素晴らしい。

「空飛ぶアオイ」から「少年少女」、「Day Dream(ry」「機動旅団」「鵺の砦」などと作品が増えるにつれ作風が暗く、難解になっている印象でしたが、今作は「少年少女」に近い印象を受けました。

とはいっても二巻の最後には・・・

「A.I.」って映画ありますよね、スピルバーグの。
あれに似てます、ちょっとだけ。


ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-12-25 16:16:46] [修正:2011-12-25 16:17:47] [このレビューのURL]

7点 booさん

「機動旅団八福神」などで一部に熱狂的なファンを持つ福島聡のSFコメディ。

捨てられた旧式の少年型ロボットは主人を求め歩き回るも電池切れを起こして倒れてしまった。そこに偶然謎の少女ニーナが通りかかり、助けられることになる。主人になって下さいと頼むロボットに主人は嫌だけどあなたの先生にならなってあげる、と言うニーナ。ロボットは星屑と名付けられ、ニーナの人生を伴に過ごしていくことになるが…。

アラレちゃんと星の王子様が混ざったような雰囲気というと分かってもらえるだろうか。自由奔放な少女ニーナと星屑が過ごす突拍子もない日常。宇宙からはたまに巨大な雷魚が落ちてくるし、その雷魚の口の中に入って宇宙に行けたり、スクーターは空飛んでたりと世界はキラキラな無秩序に満ちている。
作中での時がたつスピードが非常に速いのでニーナはどんどん年をとっていく。しかしロボットの星屑はもちろん年をとらない。そして主人がいなくなってもじっとその記憶を大切にして生きていく星屑。
心を持たない彼がただただ哀しく、そしてこんなに愛おしくなるのはなぜだろう。電池が切れると記憶がなくなってしまう星屑は否応無しに人間と関わり続ける事になる。そのクリクリとしたお目目でこれからも人間と楽しい記憶を刻み続けてくれたらいいな。

ポップでキラキラとした世界観、星屑とニーナのとびっきりのキュートさを感じるだけで読む価値はあります。これからの展開とラスト次第では名作となりうるでしょう。2巻以降が本番だと思うので7点にしておきますが、かなり期待の作品です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-08-06 02:13:49] [修正:2011-08-06 04:39:16] [このレビューのURL]

PR


星屑ニーナと同じ作者の漫画

福島聡の情報をもっと見る

同年代の漫画

ハルタの情報をもっと見る