ホーム > 青年漫画 > 月刊アフタヌーン > げんしけん

7.19点(レビュー数:68人)

作者木尾士目

巻数21巻 (完結)

連載誌月刊アフタヌーン:2002年~ / 講談社

更新時刻 2011-01-12 12:57:04

あらすじ 笹原完士は大学入学を機にそれまで秘めていた「漫画・アニメ・ゲーム」への思いを分かち合えるサークルへ入ることを決意した新入生。 見学で訪れた「現代視覚文化研究会」=「現視研(げんしけん)」の2年生・斑目の策略により根拠のないプライドを崩された笹原だったが、未だ自分がオタクであることを認められないでいた。 しかし、同人ショップや即売会などに、モデル並のルックスに反比例したオタク・高坂、そして斑目たち「現視研」のメンバーと行動をともにしていくなかで、ココロを解放していった笹原はこの道に進む覚悟(!)を決めていく。高坂にベタ惚れな(非オタク)春日部咲やコスプレイヤー・大野など様々な人間も加わって、今日も「現視研」を舞台にした笹原のオタクライフはゆるりと流れるのであった。

備考 2010年12月号から『げんしけん-二代目-』が読み切り版の続きの第57話から期間限定で連載再開。だが、月刊アフタヌーンの2011年5月号に限定解除(圧倒的人気にお応えして「期間限定」せずに続けます!!)とげんしけん-二代目-の単行本収録はげんしけん全9巻からの継続の第10巻(読み切り第56話収録)からの刊行で副題に「二代目の壱」がつく事が告知された。「二代目」としての巻数は副題で数える形式をとっている。

シェア
Check

げんしけんのレビュー

点数別:
21件~ 25件を表示/全68 件

6点 ひらがなさん

一巻〜四巻までは凄く面白かったです。

其れ以降も面白いのですが、自分にはちょっと・・・。

最初の頃は、皆結構仲が良くて好きでしたが
コミフェス出展までの回は読んでいてテンションが下がりました。
締めきり云々で喧嘩していて・・・。

大野さんも無理やり笹原と荻上をくっ付けようとしたり・・・。
(この時点で、姑みたいな大野さんが嫌いになりました。)

全体的にいい作品ではありますが・・・

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-09-28 18:31:46] [修正:2009-09-28 18:31:46] [このレビューのURL]

7点 飛魔人さん

未知の世界 
距離を置いたり 自分は違うと否定してしまう

漫画、アニメ、ゲーム、PC、コスプレ etc
踏み込んでしまえば案外楽しいのかも


斑目のラストは、せつねぇ  だが、それがいい

ナイスレビュー: 0

[投稿:2008-10-27 07:05:45] [修正:2009-09-17 00:11:13] [このレビューのURL]

7点 カメ田さん

オタクな自分は楽しめましたが、そうじゃない人はそこまでおもしろさを感じないかもしれません。
そういう意味で読む人を選ぶと思います。

途中に出てくる小ネタの元ネタがだいたい分かってしまい、自分がオタクだと再認識できました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-05-29 21:18:00] [修正:2009-05-29 21:18:00] [このレビューのURL]

8点 はささん

大学の漫画アニメゲーム何でもありのオタクサークル「現代視覚文化研究会」、通称げんしけんの生活を描いた漫画。

オタクのあるあるネタというわけでは無い気がしますが、
オタクというか同じ系統の人でないとなかなか楽しめない話なんじゃないかと思います。
同人誌を描いたりコスプレしたり部室でウダウダしたりといったほのぼのした日常や、
あとちょっと恋愛などの人間ドラマに近い話とかドタバタとかが混じったりします。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-05-05 21:17:57] [修正:2009-05-05 21:17:57] [このレビューのURL]

1点 柴猫さん

特に見所は無かった。
好きな人は好きなんだと思うけど、私自信はダメだった。

唯一笑えたのは、『ぷよぷよ』。
分かる人には分かると思う。
でも、本当に唯一だった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-02-26 14:21:57] [修正:2009-02-26 14:21:57] [このレビューのURL]

PR


げんしけんと同じ作者の漫画

木尾士目の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊アフタヌーンの情報をもっと見る