ホーム > 少年漫画 > 月刊少年ガンガン > 鋼の錬金術師

7.63点(レビュー数:128人)

作者荒川弘

巻数27巻 (完結)

連載誌月刊少年ガンガン:2001年~ / スクウェア・エニックス

更新時刻 2012-10-15 02:24:28

あらすじ エドワードとアルフォンスの兄弟は、幼き日に喪った母を錬金術により蘇らせようと試みる。しかし、錬成は失敗しエドワードは左足と弟のアルフォンスを失ってしまう。なんとか自分の右腕を代償にアルフォンスの魂を錬成し鎧に定着させることに成功するがその代償はあまりにも高すぎた。そして兄弟はすべてを取り戻す事を誓うのだった…。

備考 2004年 第49回小学館漫画賞(少年向け部門)受賞

シェア
Check

鋼の錬金術師のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全128 件

10点 ひるちゃんさん

いや?やられましたね?。こんなにのめりこんだ作品はこれが初めてです。見てて面白いし、作者の画力も高い。必死なのが見ててものすごく伝わってきます。今の少年漫画は恥とのめりこまない作品ばかりなのですが、これだけは違った。本当に文句なしです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-02-19 09:05:40] [修正:2020-02-19 09:05:40] [このレビューのURL]

ポケモントレーナーみゆきです♪

名言がいーっぱいあって、私の人生に大きく影響してます!

「錬金術」という架空の技術(魔法のように見える)を扱いながらも、本質は人間ドラマがメインです。
それぞれのキャラクターが様々な問題に立ち向かって、たいせつなものを大切にするために動くさまは人の心を動かします☆

特に、一貫してテーマとなっている

「人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない 何かを得るためには、それと同等の代価が必要になる それが、錬金術における等価交換の原則だ」(本文より)

という言葉は、ずっと私の仕事観の根底にあります。

どんなものでも、まず時間などの対価を差し出すからこそ望むものが得られるんだって気付かされました!

この作者さんの言葉に背中を押されて一歩踏み出してきた経験もたくさんあるので、やっぱり10点の作品です♪

以上、ポケモントレーナーみゆきでしたー!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2019-12-31 18:37:21] [修正:2020-01-09 22:00:54] [このレビューのURL]

8点 チーズカバオさん

丁寧に練られたストーリー構成の中で、少年少女にも届きやすいよう丁寧に描かれるテーマ性が素晴らしい。
作者の人格が滲み出ていると思う。
道徳的観点で言えば、寄生獣並に子供に読ませたい名作である。

惜しむらくは、アニメの完結に追われる形で半ば強引に纏められたラスト数話の展開の早さか。
アニメ版を見るからに、初期プロットではもう少し丁寧に描かれていたであろうことが予想される。
そこに至るまでが過不足無かったため、最後の駆け足的展開のバランスの悪さが本当に惜しい。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2019-11-16 05:43:22] [修正:2019-11-16 05:43:22] [このレビューのURL]

9点 yumenneさん

面白い。思うのはやはり女性著者の方が話をまとめるのがうまいなと言うこと。一本通ったストーリー展開は漫画では長期連載では難しいと思うがしっかり結末まで進んでくれる。ファンタジーと現実感の塩梅も程よい。
ソツがないし読んでいて本当にワクワクする。(女性がこれを書くのはすごいよね。)

自分が読んだ中で一番完成されたストーリー漫画作品。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-05-12 15:27:27] [修正:2018-05-12 15:27:27] [このレビューのURL]

緻密なストーリーと重いテーマが適度に配分されてます。

ストーリー構成がかなり作り込まれています。
壮大なストーリーを収束する伏線回収も見事です。

何かを得るためには何かを失わなければならないと言う重いテーマを
前向きに捉えるという概念構成が良かったです。

時々説教臭かったですが。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-03 16:20:02] [修正:2016-04-10 19:35:57] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

鋼の錬金術師と同じ作者の漫画

荒川弘の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊少年ガンガンの情報をもっと見る