ホーム > 青年漫画 > 月刊アフタヌーン > 我らコンタクティ

6.33点(レビュー数:3人)

作者森田るい

巻数1巻 (完結)

連載誌月刊アフタヌーン:2017年~ / 講談社

更新時刻 2018-08-16 02:32:20

あらすじ 学校時代クラスの中心的存在だった椎ノ木カナエ。しかし現在は冴えない会社員生活を悶々と送っていた。 ある日、カナエは酒の席で社長にいじめられ、たまらずその場から逃げ出してしまう。歩道橋で会社を辞めようかと悩むカナエに1人の男が声を掛けてくる。男はカナエの小学校時代の冴えない同級生、現在も冴えない中平かずきだった。

備考 2018年、マンガ大賞2018にノミネート。 3月22日、第2位に選出された。

シェア
Check

我らコンタクティのレビュー

点数別:
1件~ 3件を表示/全3 件

6点 朔太さん

必ずしも健全な精神の持ち主とは言えませんが、
元気で明るく前向きな女性が主人公です。
学校時代は、クラスの中心的存在だったけど、
今や地味な会社勤めが嫌になっています。
彼女とは180度正反対のロケットオタクとの
かけ合わせの妙があります。
とにかく、熱くロケットを飛ばす夢に邁進するオタク
には、主人公だけでなく読者もその面白さというか、
興味がそそられません。

しかし、主人公と同じ速度で、読み手も何だか夢の
ある世界のように思えてきますから、見事な演出でした。
女性らしい細い線を重ねて、独特の描画をみせてくれました。
なかなか結構かと思います。
ラストの回のまとめ方もこれ以上は考えにくいほど良かったです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2021-05-30 15:54:53] [修正:2021-05-30 15:56:32] [このレビューのURL]

単巻完結でおすすめを挙げるとしたらこれを挙げます。

独特の柔和な描線が動きやアクションに大きく寄与してます。デフォルメが丁度いい塩梅です。アングルも結構凝ってます。

拝金的だったり、反発を抱いてた人物たちが一気呵成していったり、人物の想いとロケットの推進が比例していく様は熱くなります。「好き」が伝播していくっていうのはとても尊いですね。
リフトオフシーンは「王立宇宙軍」思い出しました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-04-04 12:49:16] [修正:2020-04-04 12:49:16] [このレビューのURL]

6点 gundam22vさん

正直前半は低調に感じましたが、後半ついにロケット打ち上げが近づくにつれて盛り上がってラストは感動も。
下町ロケットをバディものにしたような話で全一巻で良くまとまったとは思います(2018年漫画大賞2位に見合うかはともかく)。上手い絵ではないですが個性があって表紙よりも主人公がずっとかわいいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-09-06 17:47:14] [修正:2018-09-06 17:47:14] [このレビューのURL]


我らコンタクティと同じ作者の漫画

該当なし

森田るいの情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊アフタヌーンの情報をもっと見る