ホーム > 少年漫画 > 月刊少年マガジン > Pumpkin Scissors

6.7点(レビュー数:20人)

作者岩永亮太郎

巻数21巻 (連載中)

連載誌月刊少年マガジン:2002年~ / 講談社

更新時刻 2009-11-25 06:36:08

あらすじ 社会を覆う欺瞞のブ厚い皮を斬り裂き、腐敗したその実を暴き出す!!帝国陸軍情報部第3課 通称――Pumpkin Scissors(パンプキン・シザーズ)!!!

備考 「マガジンGREAT」(後のマガジンイーノ)で連載開始。2006年10月より「月刊少年マガジン」に移籍。単行本はKCDXから発売。

シェア
Check

Pumpkin Scissorsのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全20 件

2点 Scroogeさん

休戦中の帝国を舞台にした軍人たちの漫画。
いかに敵を倒すかでなく、戦争で傷ついた人と社会に対して何ができるのかを模索するのがテーマ。
ぶっちゃければ答えは正解なし。
国家システムの欺瞞や有力者の都合の狭間をうまい事どうにかしつつ人々に寄り添いあがくだけ。

主人公はパンプキンシザーズ小隊の面々。庶民として、貴族として、ベテラン軍人として、
様々な立場から頑張るという話。
骨太かつオリジナリティのあるテーマでとても魅力的。
作者のどうあってもこれを描くのだという決意と情熱がすごい。

だが、この作品を特徴づけるのは漫画としての下手さ加減。
上手い部分がない。
設定、キャラクターデザイン、構図、セリフ回し、話の展開。
あらゆる部分がダサく野暮ったい。

見た目を洗練させる事をすっぱり諦めて、ただひたすらテーマを掘り下げている。
それを作者の傲慢と取るか、読者に媚びない姿勢と取るかが評価を分けるだろう。

物語の冒頭は意味不明で、他の方のレビューやアニメを見て、
いろいろと想像で補ったうえでどうにか辻褄の合う物語性を見出すことができた。
漫画を読むだけなのに手間をかけさせられたという思いで2点。

ただ、世界観にすっと入り込めた人や、
コマとコマの間を読みほどく作業が苦にならない人なら、
高評価もあるだろう。

作者の魂をノミで削り出して作品化しているような物語だが、
結局どのような結末に着地するのかが、気になるところ。





ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-06-07 02:06:07] [修正:2016-06-07 02:06:48] [このレビューのURL]

7点 カメオさん

戦災復興、黒魔術的な技術革新、超能力、騎士、バーサーカー

この漫画を形作るピースをいくつか挙げてみる。
絵柄にあまり重厚感がないこともあり、一見すると薄っぺらいファンタジーのように見えてしまう。

が、読んでみると分かる。
前述のテーマを読者に多少強引ではあるが心地よく飲み込ませる、
非常に『説得力』のある漫画であるということが。
すこしでも踏み外せば茶番になってしまうところを”間違える”ことなく、
丁寧に、丁寧に描いているからだ。

戦災復興という、根幹となっているテーマに対して全く手を抜かないことが、
この漫画をブレない強い漫画にした。

似たような表現でしつこいかもしれないが
パッと見以上に「本当に、本当に、よくやっている漫画」なのだ。


ぜひ読んでほしい唯一無二の作品の一つである。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-11-01 12:49:11] [修正:2015-11-01 12:49:11] [このレビューのURL]

7点 デビルチョコさん

凄く分かりやすい戦争を題材にした漫画。

戦争を行う国としてのメリットやデメリットを、
上手くストーリーに絡めて描いている。

戦災復興という設定も良い。
戦時中ではなく、戦後の問題や人々の葛藤の描写が丁寧。

予想以上に壮大なスケールの為、まだまだ話が続きそう。
完結したら、また最初から読んでみようと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-02-14 00:29:10] [修正:2015-03-15 11:39:37] [このレビューのURL]

9点 木路亂さん

ずっと右肩上がり!
ホント面白い!
ただ画力が…
アニメも長期作品だったら間違いなく名作になっていたでしょう

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-03-26 18:07:58] [修正:2014-03-26 18:07:58] [このレビューのURL]

戦災復興をストーリーの中心に据えているのはなかなか珍しい。
戦争の終わり=誰もが望んだ平和 とはならない
貴族、軍人、その他の平民にはそれぞれの立場があり
その格差が招く不和をどうにかして乗り越えていく。

内容については登場人物それぞれの思惑や信念が描かれ交差する点では、
ハガレンに通じるものがあるかなと。
裏を返せば、登場人物が多いので
国や軍、敵組織などのストーリーを描かなくてはならなくなるため
話の全体が分かりにくくなることも。
それでも緻密でよく練られたストーリーを描き続けられるのはすごいと思う。


ただ、絵が残念。
顔のパーツがおかしかったり
マーチスの前髪がホラーになったり
背景がときどき白くなったり
序盤では下手さが顕著。
そして下ネタは読んでてしらけるのでいらないような気も…

各章ごとのテーマもはっきりしているのだが
やはり大きなテーマは「戦争復興とは?そしてその終わりとは?」といったところ。
大筋には数々の伏線も残し、終わりが見えない!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-04-17 18:41:43] [修正:2013-03-18 17:01:46] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
1234

Pumpkin Scissorsと同じ作者の漫画

該当なし

岩永亮太郎の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊少年マガジンの情報をもっと見る