ホーム > 青年漫画 > 月刊コミック電撃大王 > あずまんが大王

7.25点(レビュー数:71人)

作者あずまきよひこ

巻数4巻 (完結)

連載誌月刊コミック電撃大王:1999年~ / メディアワークス

更新時刻 2011-01-12 13:04:48

あらすじ あなたが読みたいと思っていたのもたぶん、こんなマンガです。怖そうに見えるけど実はカワイイもの大好きな榊さん、空回り暴走元気少女のともちゃん、10歳の天才女子高生・ちよちゃん、担任の自覚がないゆかり先生……などなど、フツーの女子高生のなんかどうでもいい毎日。そんなところがいいんです。ちょっとズレた人々のなんかほのぼのしちゃう4コマストーリーマンガ。

備考 2002年『あずまんが大王 THE ANIMATION』としてTVアニメ化。またこれに先駆けて前年に同タイトルで6分間の短編映画が公開された。
2009年に連載開始10周年を記念して、書き下ろし新作である補習編が「ゲッサン」に掲載され、それを収録した新装版の単行本が全3巻で小学館から出版された。

シェア
Check

あずまんが大王のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全71 件

8点 p-mcgoohanさん

飛び級少女はおいといて、そこまで変わり者が居ない。
そんなキャラたちだけでよくここまで物語を成り立たせてきたものだと感心する作品。

シュールな回も多いが、
「は?シュールか何だか知らんがこれのどこが面白いんだ?」
と思わせることはなく、
さあ笑え、と押し付けがましいこともしない。
非常に読みやすい。

たった4巻で終わった作品だが、もっと引き伸ばしてもよかったなと思わせる珍しい一作。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-05-16 06:53:38] [修正:2017-05-16 06:53:38] [このレビューのURL]

8点 朔太さん

4コマギャグ漫画の形式をとりつつも、実は良き日本女子高校生の日常を気持ち良く表現した
シナリオ漫画とお見受けした。実際、1年生ではキャラの紹介レベルのエピソード集だが、
全体を通すと恒例のように夏休みには別荘合宿に出かけているし、文化祭も毎年
喫茶店で、運動会ネタも変化はなく、進学校らしき背景にブレがない。
女子高生に有りがちな恋愛談義は一切なく、教師も基本女性でキャラが立つ。

3年生時点では感情移入が完了していて、最終段近くには全員の大学合格を祈らずには
いられなかったし、13歳の天才少女の首席卒業を全員が拍手で祝福するシーンや
猫好き少女と西表ヤマネコの出会いと再会には感動する。

愛すべき少女たちの原型は、きっとあなたの身近にも潜在的にいたはずで、ここを
上手く描いてくれた男性作家のあずま氏には感服した。一押しです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-09-06 18:14:26] [修正:2015-09-06 18:15:12] [このレビューのURL]

天才幼女、天然、クール、眼鏡など萌えの属性をほぼ制覇してます。
でも全然あざとくなくないです。

キャラもそれぞれ役割があり、その動かし方が上手いです。

日常生活に潜む笑いの取り上げ方もいいです。
大阪のあるあるネタは毎回笑えます。

引き延ばしも無く、高校3年間でスパッと終わりました。
虚しさも半端ありませんでしたが。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-11-24 10:56:52] [修正:2015-03-01 23:37:35] [このレビューのURL]

3点 pazzoさん

よつばと!はかなり楽しめたが、あずまんがはいまいち楽しめなかった。

4コマはもっとはっきり笑いを取りにきてほしい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-03-11 17:52:05] [修正:2013-03-11 17:52:05] [このレビューのURL]

8点 とこまさん

友達っていいなと思える作品です。終わり方も良かった。ゆかり先生がミサトさんにしか見えないのは僕だけ?巻数も少ないのでサクッと読めてオススメです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-12-28 09:38:08] [修正:2012-12-28 09:38:08] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

あずまんが大王と同じ作者の漫画

あずまきよひこの情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊コミック電撃大王の情報をもっと見る