ホーム > 不明 > 月刊flowers > 7SEEDS

8.19点(レビュー数:31人)

作者田村由美

巻数35巻 (完結)

連載誌月刊flowers:2001年~ / 小学館

更新時刻 2010-12-19 06:50:18

あらすじ 人類が滅びた近未来、政府プロジェクトにより冷凍保存されていた若者達が目覚め、次々と押し寄せる絶望と困難に真っ向から挑む

シェア
Check

7SEEDSのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全31 件

6点 punpeeさん

地球滅亡ものは個人的に好きなので、大体読みましたが、
メジャー作の「サバイバル」や「ドラゴンヘッド」等よりポップでエンターテイメント性が高い。
そういう漫画だと早い段階で認識しないと、読み手によっては「このテーマを舐めてる」感が拭い去れないかもしれません。

ストーリーは偶然性が強く、ご都合主義ではありますが、一つ一つのエピソードを作る力は持たれていると思います。
キャラクターもしっかりしていると思います。

ただ、少女漫画なので、男性が魅力を感じるかキャラ設定かどうかは、人それぞれかと思います。
少なくとも私は、夏のAチームのキャラクターと、それらのキャラが他のキャラとの関わりでどういった化学反応を起こすかという部分で引き込まれました。
なので、7巻くらいから面白くなり、個人的には少女漫画の中では一番楽しめる作品です。


微妙な点数に落ち着いた理由としては、やはり絵ですかね。
絵の美しさで加点こそあれ、減点はしない主義なんですけど、なんか「手抜き」を感じたり、「雑」なんですよね。
背景のトーンの貼り方や、線の引き方、猛獣等のフォルム、あと手書きの字が平仮名が多く、下手で読みにくい。。。
人間ドラマに力を入れ、そういった細かい描写を曖昧にしてしまっている感を感じます。


最後に、こういった世界滅亡ものは終わらせ方が非常に難しいと思います。
読み手に解釈を任せる様な、スッキリしないパターンになる気もしますが、、、
現在は若干、中弛みも感じますが、終わったら再評価させて頂くつもりです。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2016-03-10 20:42:20] [修正:2016-03-10 20:42:20] [このレビューのURL]

6点 三助さん

[ネタバレあり]

少女マンガとは思えないほど熱い漫画。
絵柄を変えてジャンプに載せても良いんじゃないかってぐらい。

問題は絵柄。まず長髪の男が多すぎる!
サバイバルしてるんだから邪魔になるでしょ、せめて結べって。
そしてどいつもこいつも長身で絵に描いたようなイケメンだらけ。
女性向けのコミックに無粋な突っ込みかもしれませんが、
このひと身長2m超えてね?っていう頭身のキャラが多すぎです。キャプテン翼並。

それと「誰だっけこいつ」って思うことが読んでて多い。
まぁこれは登場人物が多すぎるのでしょうがないとは思いますが。

個人的には夏のAチームにはもっと活躍して欲しかったなぁ。
厳選に厳選を重ねた超エリート集団なのにただの選民思想を持った嫌な奴らに成り下がっている。
次第に和解していきますが、勿体つけて登場した割には周囲も大して彼らの造詣の深さに驚いてないし。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-08-23 21:31:57] [修正:2015-12-22 19:41:44] [このレビューのURL]

9点 Scroogeさん

大河SFサバイバル物語。
人類が絶滅した未来で、人類の再生を託された若者たちが、過酷な環境を生き抜く漫画。
時々で主人公の視点が切り替わる群像劇の形式で、傷つけあい、助け合う仲間を描く。

まず、これほど長大な物語をダレずに着実に書き続けることがすごい。
物語、漫画表現、いずれにも手抜きがない。

個人的には、セカイ系の作品群の最後に位置する作品だと思う。
1)主人公たちの関係性が世界や社会の運命と直結。
(学校→村→街→国のような中間集団がない。)
2)成長や多様性を促す時間的、空間的な広がりがない。
(親がいない、自分より若い者がいない、他所の人がいない)
というセカイ系の条件を、この作品は徹底的に満たしている。

セカイ系作品群がこのような条件を持つのは、他者が怖い、成熟が信じられない、故に自分以外を見たくない欲望の表れだが、
7SEEDSでは問題をその先に進めている。

親たちはみな死んだ。自分たちより若い者はまだ生まれていない。
ここ以外に人はいない。自分たちとセカイしかない、という環境に若者が置かれたとき、
彼らは人間らしく生きられるか?という問題設定。

そして答えはイエス。
いかなる時も知恵と勇気を持ち寄って彼らは生き延びようとする。
最終的に人類の再生が叶っても叶わなくても、彼らの尊さは損なわれない。
というような作品だと思う。

2015年現在、もはやセカイ系作品は商業的には旬を過ぎている。
余計な心配だが読者の高齢化も進むので、そろそろまとめに入ったほうが良いのではなかろうか。

田村由美の他にこんな漫画を描く人はちょっといないという意味で9点。
絵柄は古臭いし、大ゴマで無理やり押し切っているところもある。
また、序盤、中盤の説明的な展開もしんどいと言えばしんどい。
だが、我慢して読むだけの価値はあるので、苦手な人も頑張ってみてほしい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-11-01 03:24:41] [修正:2015-11-01 03:24:41] [このレビューのURL]

8点 デビルチョコさん

面白い。
物語の設定がかなり練られていると思う。
続きが気になるストーリー構成も見事。

他の方のレビューにもあったが、これはSFサバイバル。
もう一度言いたい。これはSFサバイバル。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-02-12 20:33:11] [修正:2015-03-15 09:49:06] [このレビューのURL]

10点 さん


『絵が嫌いならばこそ、ぜひ手にとって見て欲しい作品です』

評価:一生手元において置きたい作品の中のひとつ

この作品の最大のポイントは、少女漫画でありながら、グロ描写があることでも、SFであることでも、サバイバルであることでもありません。

群集劇でありながら、ひとりひとりの心理描写を丁寧に描いていることです。

たしかに舞台設定も非常に面白いのですが、読めば読むほど上記のポイントは、キャラクター、心情あるいは信念とでも言うのでしょうか。そういうものを表現するためのツールに思えてきます。

あくまでも一個人の意見ではありますが、それくらい、心理描写=成長=生きるということに重きをおいている作品だと思っていただけると幸いです。
(これは田村由美の他作品も同じかと)

このポイントは群集劇が苦手な人からすれば、視点が定まらず不安定な作品ということになりますが、好きな人からすればたまりません。

正直、田村由美に多大に影響を受けている私でも、絵はあまりうまくないと思います。最初は苦手でした。
けれど途中で絵の上手い下手が気にならなくなりました。
途中でむしろこの絵でなければこれほどの激しい感情を抱くことはないだろうと気が付きました。

この作品は好きになるにしても嫌いになるにしても、普段はそう出てこないような激しい感情を掘り起こしてくれるものです。

もし退屈でたまらないのであれば、この絵に嫌悪感を抱くのならば、ぜひ手にとってみてください。
どんな感想を抱くかはわかりませんが、少なくとも退屈はしないことでしょう。
(おすすめはまとめ読みですが、そこはここにお任せいたします)


※田村由美の作品は『BASARA』→『シカゴ』→『巴がゆく!』→『7SEEDS』→『猫mix幻奇譚とらじ』の順番で手に取りました。

※間違いなく自分の人生に影響を与えたので点数を変更。
9→10

ナイスレビュー: 1

[投稿:2014-09-27 20:06:04] [修正:2014-10-13 22:39:21] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
1234567

7SEEDSと同じ作者の漫画

田村由美の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊flowersの情報をもっと見る