ホーム > 青年漫画 > 月刊コミックブレイド > あまんちゅ!

6.41点(レビュー数:12人)

作者天野こずえ

巻数12巻 (連載中)

連載誌月刊コミックブレイド:2009年~ / マックガーデン

更新時刻 2012-07-16 19:44:10

あらすじ ダイビングを心から愛する少女、「小日向光(ぴかり)」は夢ヶ丘高校に入学。そこでぴかりは「大木双葉(てこ)」と出会い、共にダイビング部へと入部する…。

シェア
Check

あまんちゅ!のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全12 件

7点 クランベリーさん

ARIAはファンタジー世界という舞台だからこそ、あのゆったりした世界観も「ここはこういう世界なんだなー」って割り切って楽しむことができたんだと思ってましたが、あれをそのまま日本の高校に持ち込んでも物語が成立するのがすごい。

学校生活を舞台にしている以上、そこには確かな時間の流れがあって、その時その瞬間を楽しんでいる彼らがとても微笑ましい。
高校生の主人公が内面的に成長していく姿と併せて、変わらない世界の美しさと少しずつ変わっていく日常の楽しさとを素敵に描いた作品。
そんな時の流れにいつか終わりが来てしまう寂しさを感じてしまうのは、私がもう大人になってしまったからかな。

デフォルメ絵は確かにかわいいんだけど、最初の頃は連発しすぎてちょっと読みづらかったかも。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-03-26 22:16:51] [修正:2017-03-26 22:16:51] [このレビューのURL]

癒されるし、読み心地もいいです。
ただ「ARIA」同様、内容に中身はないです。

「ARIA」よりは心理描写が抽象的ではなく、細かくなってきました。
ダイビングの知識、技術も十分に描かれてます。

本格的なダイビングシーンはありませんが。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-12-01 17:28:03] [修正:2014-12-01 17:28:03] [このレビューのURL]

6点 kikiさん

かわいい女子高生達が学校生活&ダイビング、何気ない日常の風景をキラキラと楽しんでいるマッタリした作品。
キャラやヒロイン達の心のモヤモヤ、日常の素敵さなどは普通にありがちで斬新さはないけど、安定はしてるかと。
私は「ARIA」は気恥ずかしすぎて読めなかったのですが、こちらはダイビングというちゃんとしたクッションがあるせいか大丈夫でした。


制服かわいいけど、夏服にブーツは絶対女子達足臭いと思う…

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-02-01 23:11:51] [修正:2014-02-01 23:11:51] [このレビューのURL]

9点 dai.sさん

「ARIA」を生み出した天野こずえ先生の期待作。

ARIAに負けず劣らずの天野ワールドは未だ健在。
先生が描く「何気ない日常」→「素敵な日常」に、私たち読者は時に考えさせられ時に癒されるだろう。
ARIAとはまた違った何気なさ、学生生活のありふれた素敵さを見ることができる。

また本編とは別に作品の見所として、デフォルメされたキャラのかわいさや猫たち視点のお話があるので、その辺りにも注目して読んでみると、また違った面白さが発見できるかもしれない。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-08-10 17:49:15] [修正:2012-04-01 15:59:54] [このレビューのURL]

6点 s-fateさん

 見開きの景色、ゆったりした時間設定、マスコット(猫)、恥ずかしい台詞と芸風は変わっていません。しかしその芸風だからこそ、体育会系にありがちな変に熱くなる展開になること無しにダイビングの面白さを伝えることに成功していると思います。今のところサラッと読めるので6点。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-09-01 00:46:53] [修正:2011-09-01 00:46:53] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123

あまんちゅ!と同じ作者の漫画

  • ARIA

    総合点:7.9点

    レビュー数:63人

  • AQUA

    総合点:7.35点

    レビュー数:14人

  • 浪漫倶楽部

    総合点:7.5点

    レビュー数:2人

天野こずえの情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊コミックブレイドの情報をもっと見る