ホーム > 不明 > 月刊コミック@バンチ > BTOOOM!

6.16点(レビュー数:6人)

作者井上淳哉

巻数26巻 (完結)

連載誌月刊コミック@バンチ:2009年~ / 新潮社

更新時刻 2009-11-25 00:47:07

あらすじ 舞台は南海の名もなき孤島。繰り広げられるのは名もなき殺人ゲーム。戦うは無作為に選ばれた人々。そのゲームのルールは手にした8個(1種)の爆弾で相手を7人殺せば島から脱出できるというものだった。極めつけはこのゲームのルールが…流行のネットゲーム『BTOOOM!』と全く同じだったのだ!

備考 「週刊コミックバンチ」で連載開始され、同誌の休刊に伴い2011年から「月刊コミック@バンチ」に移籍した。

シェア
Check

BTOOOM!のレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全6 件

8点 gundam22vさん

最近完結した長期連載デスゲーム作品。B級アクション映画への突っ込み所や話が大きくなり過ぎたのはではと思う所はありますが、最初から最後まで一気に読み進めてしまうだけの絵と引きがあります。作者の元ゲームクリエイター経験も随所に発揮されていて、最終巻マルチエンディングも面白い試みでした。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-08-27 18:23:38] [修正:2018-08-27 20:11:02] [このレビューのURL]

7点 みゅーみゅーさん

おおー!ありがちな設定!と思いましたが
思いのほかはまってしまった。
最近読んだ中では一番の当たりです( -ω- )

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-10-21 15:42:32] [修正:2014-10-21 15:42:32] [このレビューのURL]

6点 臼井健士さん

簡単にいうと「ボンバーマン」+「サバイバル」。
無人島を舞台にした爆弾を用いたプレーヤー同士の殺し合いである。

主人公は引き篭もり人間だが、ネットのゲームでは世界ランクに名を連ねるほどの人間。それが現実の殺し合いゲームに強制参加させられてしまう。

島の中には自分と同じように強制参加させられたプレーヤーが無数。
彼等を殺すことで自らの生還への道が開けるのか・・・・・?

襲い掛かるプレーヤー、そして毒トカゲ。
ゲーム世界では世界ランクの主人公が果たして現実でも勝者たりえるだろうか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-01-17 22:41:10] [修正:2013-08-18 20:18:22] [このレビューのURL]

6点 s-fateさん

また孤島でサバイバルか、と思います。主人公ネトゲ三昧でほぼニートで引きこもりやっていて昔ちょっと優等生程度の設定で即時にサバイバルに順応して素晴らしい身体能力を発揮する御都合主義とかこれだけ騒いでほとんど日数が経っていないとかツッコミどころはあります。しかし、彼岸島と同じく突っ込んだら負けだと思います。読むのにそれほど時間がかかりませんので、突っ込む間もなく一気読みがいいと思います。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2013-02-03 02:16:55] [修正:2013-02-03 02:16:55] [このレビューのURL]

6点 jdf54jさん

爆弾でバトルロワイヤルをする以外の何者でもない。
一読する分には楽しめるが、読み返そうとは思わない。
つまらないわけではないが、ひたすら殺し合いの内容、
申し訳程度に人情話はあるが。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-11-01 02:56:38] [修正:2012-11-01 02:56:38] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12

BTOOOM!と同じ作者の漫画

井上淳哉の情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊コミック@バンチの情報をもっと見る