ホーム > 青年漫画 > 漫画アクション > 一平

7点(レビュー数:3人)

作者太田垣康男

巻数18巻 (完結)

連載誌漫画アクション:1993年~ / 双葉社

更新時刻 2010-12-05 14:12:48

あらすじ 剣道一筋に打ち込み、目標である浅倉警部補を追いかけるように、剣道で強くなるために警察官になった主人公の熱血青年・荻野一平が、交番勤務から刑事になり、様々な事件に遭遇し、またコミュニケーションの中で、一平は剣を仕事に生かし、また仕事が剣の腕を高めるという、「剣業一致」の道を進み始めることで人間的に成長していく様子を描く。

シェア
Check

一平のレビュー

点数別:
1件~ 3件を表示/全3 件

5点 デビルチョコさん

様々な事件が起こるが、
どのエピソードも良く出来ていた。

主人公が制服警官から刑事になる経緯も丁寧に描かれていて読み応えがあった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-02-13 22:14:24] [修正:2015-04-11 20:27:48] [このレビューのURL]

8点 森エンテスさん

どのエピソードも非常にレベルが高い警察官を主人公にした人間ドラマを描いた傑作です。

中学生売春AVからシャブにまつわる話まで、警察(刑事)の嫌な役回りを目に出来ますし、片方では剣道の大会の話だったり、ラブコメ調の話だったり、ダイハードみたいな話だったり、非常にバランスが良いと思います。

個人的には名作だと思います。

現在連載しているMOONLIGHT MILEが好きな人はマストで、そうでない人もMOONLIGHT MILEよりも読みやすいので是非読んでほしいですね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-11-15 22:17:15] [修正:2011-11-15 22:17:15] [このレビューのURL]

8点 臼井健士さん

警官・刑事漫画のヒューマンストーリーとしてはこれが頂点ではないかと思う。
ジャンプの某警察官漫画とは比較対象にすらならないシリアスな展開と完成度。
連載雑誌がメジャーでなかった関係からか現在は絶版か・・・・?
絵も巻を重ねるほどに上手くなっていったのだが、登場人物の顔が縦に長く伸びたのが唯一の不満点。
刑事になってからはヒューマンドラマにより一層の磨きがかかり、特に最初に一平が経験した殺人事件は印象的な話だった。
しかし・・・最後のマフィアとの国内での銃撃戦はちょっと無理のある展開だったか。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-12-05 17:17:25] [修正:2010-12-05 17:17:25] [このレビューのURL]


一平と同じ作者の漫画

太田垣康男の情報をもっと見る

同年代の漫画

漫画アクションの情報をもっと見る