ホーム > 少女漫画 > 花とゆめ > 動物のお医者さん

7.68点(レビュー数:22人)

作者佐々木倫子

巻数12巻 (完結)

連載誌花とゆめ:1988年~ / 白泉社

更新時刻 2012-01-19 13:35:09

あらすじ H大学獣医学部に通う主人公西根公輝とそれを取り巻く動物やら友人やらの日常を描いたコメディタッチの作品。

シェア
Check

動物のお医者さんのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全22 件

6点 シドさん

個性的な人物と動物たちが織りなす日常を描いた作品で、ハスキー犬チョビをはじめとする動物たちが可愛いです。動物たちの考えていることが本当かは分かりませんが、個性を表現できています。
笑いのポイントとしては理不尽な点が目立つのですが、何とも憎めない理不尽さが和ませてくれる感じがします。
作品を通したほのぼの感とギャグのセンスが、佐々木ワールド全開ですね。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2012-11-02 00:00:35] [修正:2012-11-02 00:01:32] [このレビューのURL]

4点 メデューサさん

すごい気軽に読めすぎちゃって特に何も残らないかな……
まぁ動物はかわいいですね。
ほのぼの系嫌いじゃないんだけどなぁ…なんかこれはどうも。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-06-21 14:55:06] [修正:2011-06-29 14:32:12] [このレビューのURL]

6点 よしみんさん

結構出てくるキャラが面白くて、ハマる人はとことんハマりそう。
結構どうでもいい描写が多いような気もするが、まぁ落第点。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-06-29 00:46:15] [修正:2011-06-29 00:46:15] [このレビューのURL]

8点 columbo87さん

H大学を舞台に獣医の卵ハムテル達の日常が淡々と、それでいて適度なドタバタとで展開される。
結構専門的な部分に触れる漫画なのだが、とても読みやすい、初見は小学生のころでしたが、それでもすんなりと読めて笑えるのは、佐々木倫子先生の構成、絶妙なバランス感覚のなせるところだなぁ、と。
人間も動物の対等な、友達とか家族といった感じの関係性にはほのぼのとさせられる。
キャラクターの造詣も素晴らしく、私は大体の漫画は登場人物の名前をあんまり覚えてないタイプなのですが、まるで知り合いのごとくこの漫画の登場人物の名前は思い出せる、そのくらい各々キャラが立っている(それでいて派手すぎもせず)漫画です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-06-04 17:58:52] [修正:2011-06-04 17:58:52] [このレビューのURL]

8点 朔太さん

市民図書に何年も前から置いてあり、それこそ2年に1度くらいの割合で

文字通り、何度も読み返しています。

女性漫画家の欠点である動きのない人物描写が、逆にのんびりした

癒しの世界を醸し出しています。

登場者全てが、なんとも憎めない愛すべき人物に仕上がっており、

愛犬チョビと仲間に囲まれて、いつまでも雪国の中で暮らして生きたい

って、すっかり感情移入してしまいます。

佐々木倫子は、森本梢子に並んで私が受け付けるたった2人の女性漫画家

といえます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-01-02 10:00:43] [修正:2011-01-02 10:00:43] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
12345

動物のお医者さんと同じ作者の漫画

佐々木倫子の情報をもっと見る

同年代の漫画

花とゆめの情報をもっと見る