ホーム > 青年漫画 > 週刊ヤングジャンプ > GANTZ

6.27点(レビュー数:139人)

作者奥浩哉

巻数37巻 (完結)

連載誌週刊ヤングジャンプ:2000年~ / 集英社

更新時刻 2011-04-04 21:47:28

あらすじ 主人公・玄野計は、ちょっと斜に構えていて無気力、女の子の事位しか考えていない16歳の高校生。ある日、地下鉄のホームで小学校時代の同級生・加藤勝が、線路に落ちた男を助けようとする現場に遭遇し、そのまま加藤とともにはねられバラバラになって、即死…と思われたが、瞬時にしてマンションの一室に移動する。そこには巨大な黒い球体と、玄野たちと同様に「死んだはずの」人間が集まっていた。「ガンツ」と呼ばれるその球体は、部屋に集まった玄野たちに指令と武器を与える。そして、彼らは否応なしに、正体不明の宇宙人と戦うというミッションを課せられるのだ。

備考 2004年TVアニメ化。2005年PS2でゲーム化。また2011年実写映画化された。途中から隔週連載になった。

シェア
Check

GANTZのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全139 件

4点 skさん

あまりハマらなかったです。
それでいて絵柄がリアリティ出してるだけで魅力がなく悪い意味で気持ち悪いです。
作者は読みやすい(笑)を心掛けているらしいのですが言うほど読みやすくないです。
稚拙な会話も目に余りますね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2021-10-01 05:52:35] [修正:2021-10-01 06:12:54] [このレビューのURL]

10点 morさん

いわゆる、奇想。
物語を書く上で作家が守ろうとする常識を無視し、時に踏襲し、そのバランスが良かった。
既視感ばかりの漫画ばかりじゃあ面白いものも面白くなくなりますよ。
唯一無二の世界をつくりあげた奥浩哉は凄い。GANTZは凄い。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-02-01 06:52:05] [修正:2018-02-01 06:52:05] [このレビューのURL]

5点 gundam22vさん

エログロ、ゲームルール、化け物とバトル、サバイバルパニックなどでこの手の漫画の先駆的存在ではあるのでしょうが、今読むと色々と粗さが目立ちます。特に緻密な背景絵に比べると人物絵が生きている感じに乏しいのが残念でした。強烈なエログロもまるで人形がという気持ちにしかなりませんでした。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2017-07-20 18:23:49] [修正:2017-07-20 18:23:49] [このレビューのURL]

3点 k0e3n2t0aさん

物語が破綻している。描きたいものを描いているだけの漫画。
まぁ、雰囲気とか好きな人はいると思うが、物語で説明が欲しかったことについてほぼ説明がなかった。あと、なんか描写が汚い。絵は比較的綺麗。
読んでて暇つぶし程度にはなる。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-01-21 17:12:44] [修正:2016-01-21 17:12:44] [このレビューのURL]

6点 三助さん

[ネタバレあり]

こういう漫画は謎が解明されない方がいいと思うんですよね。
ネギ星人やキョロちゃん星人達とずっと戯れてて欲しかった。
ぬらりひょんで終わってたら今頃語り草になってたでしょう。

一つ不思議に思うのは
レイカに化けて稲葉とセックスしてたオニ星人は一体何がしたかったのか。
あいつオスじゃないの?
どうでもいいか

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-04-15 22:41:54] [修正:2015-04-15 22:41:54] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

GANTZと同じ作者の漫画

奥浩哉の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊ヤングジャンプの情報をもっと見る