ホーム > 青年漫画 > 週刊ヤングジャンプ > リアル

8.13点(レビュー数:83人)

作者井上雄彦

巻数14巻 (連載中)

連載誌週刊ヤングジャンプ:1999年~ / 集英社

更新時刻 2011-01-18 06:05:07

あらすじ バスケをやめてから何をやっても上手くいかなくなった男、野宮朋美が古ぼけた体育館で車イスの男、戸川清春と出会ったことから物語は始まる。彼らが直面する現実(リアル)とは…?

備考 5年の休載期間を経て連載が再開された。

シェア
Check

リアルのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全83 件

10点 おもちぃの嫁さん

私も理学療法士ですが、疾患、患者の障害受容など事細かく描かれている。話が進むにつれ変化していく心理的描写、青春スポーツマンガとはまた違った苦悩や障害を背負った者のスポーツの様子を一人でも多くの方に知ってほしい。もし自分がこうなったら・・・。そういったことを考えたことがある方は少ないと思う。障害を負ったものにどう接していくべきか、障害というものをどう受け止めるべきなのか考えさせられる作品。3人のストーリーに目が行きがちだが、家族や友人の心境や生活の変化などにも注目してほしい。ぜひ読んでほしい作品です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2016-03-22 16:56:36] [修正:2016-03-22 16:56:36] [このレビューのURL]

群像劇もの結構好きなので、小群像劇でリンクしてる部分とか高評価です。

悲惨な環境に陥ることで、その現実を受け止め、
再び人生を見つめ直す話で、若干重めではあります。

でも少しづつ苦難を乗り越えて、成長する過程は心が奮えます。

主要人物3人以外の人物のサイドストーリーも豊富で読み応えがあります。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2014-10-28 16:48:08] [修正:2015-11-19 16:50:31] [このレビューのURL]

7点 わたなべさん

やはりスラムダンクと比べてしまうのが辛いところ。

話としては面白く、登場人物全員が成長していくポジティブな作品なので障碍者が多く出てくるにも関わらず読んでいて暗くはならない。

しかしそれぞれのキャラにスポットライトを当てながら話が進むため、スラムダンク時代のテンポの良さが失われてしまっている。

でも、読んで損はしない作品。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2015-07-16 22:42:51] [修正:2015-07-16 22:42:51] [このレビューのURL]

8点 こんぴんさん

[ネタバレあり]

スラムダンクより重い内容ですが、バスケ物で同じ作者のスラムダンクが好きな人なら楽しめると思います。
バスケ重視のスラムダンクと比べると、バスケはおまけでそれぞれの人のリアルな生き方を描いている漫画です。
そして、スラムダンクに登場するキャラクターも出てきます。

バガボンドと並行執筆しているため、なかなか新刊が出ないのが辛いです。

まとめとして、当然スラムダンクと並ぶバスケ2大漫画と言っても過言ではありません。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-05-30 20:24:31] [修正:2015-05-30 20:24:31] [このレビューのURL]

10点 デビルチョコさん

事故で歩けなくなる、という所からストーリーが動き出す。

周囲は事故前と同じように生活しているのに、何故、、、
心理描写が丁寧で登場人物達の葛藤が伝わってくる。

また一人一人が様々な問題や悩みを抱え、
それを乗り越えて生きようとする姿が心をうつ。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-02-12 19:48:50] [修正:2015-03-04 19:22:25] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

リアルと同じ作者の漫画

井上雄彦の情報をもっと見る

同年代の漫画

  • GANTZ

    総合点:6.28点

    レビュー数:138人

  • ALIVE

    総合点:5.33点

    レビュー数:3人

  • ARCANA

    総合点:7点

    レビュー数:3人

  • 妹−あかね−

    総合点:3.66点

    レビュー数:3人

  • 01 ZERO ONE

    総合点:4点

    レビュー数:2人

週刊ヤングジャンプの情報をもっと見る