「Leon」さんのページ

総レビュー数: 2163レビュー(全て表示) 最終投稿: 2015年09月19日

この作品に関してはギャグではなくほのぼの冒険もの路線で
やっていった方が良かったと思う。それでも児童誌ギャグ漫画に
ありがちな下ネタに頼ってないことやガンツという良キャラを
生み出せたのは評価できる。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-07-25 15:22:08] [修正:2018-10-30 23:49:42] [このレビューのURL]

かとうひろしの高校野球漫画。
コロコロとは思えないレベルの高さに仰天した。
本作の魅力を箇条書きで簡潔に示そうと思う。

・絵
やや古臭さは否めないものの、画力自体はかなり高い。

・キャラクター
主人公の大空を筆頭に魅力的なキャラクターばかり。
「落ちこぼれでも生きる道がある」ということををかつての
クラスメイトに示そうとして前の学校を出たマフィア、
母親の再会を夢見て野球に打ち込んでいるミラクル、
病気の弟のために一生懸命努力するネズミ、
今年で廃校になるので死ぬ気で頑張る鳥校ナイン等々…、
これらの魅力的なキャラクターが織りなすストーリーは当然最高のものに仕上がっているでしょう。

・試合展開
試合数は少ないもののテンポよく無駄な引き伸ばしがない。
マフィアの野球に対する想いが伝わる聖エルモ戦、小学生相手にボロ負けした赤間が原ファイターズ戦、
その挫折から立ち直った1回戦、スパイデータを使ったものの博愛メンバーには通用せず実力戦となった鳥校戦、
どれも素晴らしいレベルに達しています。

・最終回
これが自分が本作に10点を付ける1番の理由です。
博愛野球部の優勝にこれまで大空達を馬鹿にしていた黒八木教頭が涙を流して喜ぶ姿もさることながら
ミラクルのお袋さんが成長した息子の姿を見て心の底から感動してたのも素晴らしかった。
また、博愛高校の生徒たちがガラガラの応援席に集まって応援するさまも感動しましたね。
最後に大空が試合終了後に立ち去るのもどこか寂しさを感じました。
打ち切りでもこれだけ素晴らしい最終回を描き上げたかとう先生には脱帽です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-09-20 22:17:07] [修正:2018-10-30 23:45:51] [このレビューのURL]

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-10-27 17:53:42] [修正:2018-10-27 17:53:42] [このレビューのURL]

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-10-27 16:34:40] [修正:2018-10-27 16:34:40] [このレビューのURL]

3点 巨娘

「神戸在住」とはここまで印象が違う作品を描けるのは
凄いけど、それが面白いかと言われると話は別。
主人公を筆頭に本当にアレなキャラクターの掛け合いが
笑えなかった。それ以上に「神戸在住」ではプラスになっていた
独特なコマ割り(ナレーション)が読み進める際に邪魔に
なってしまっていた。2巻で一旦ギブアップしました。

(追記)
でも、3巻以降になると慣れてきたせいか、不思議と
読み進められた。サチとタケルの恋愛話やタケルが
昔の職場にヘルプとして出た話は素直にいい話だと
思った。焼き鳥屋や接客業のウンチクも効果的に
出せていた。ギャグではなくもっとこういう所を
出してくれたらいい評価は付けていた。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-05-31 10:38:15] [修正:2018-10-25 16:01:33] [このレビューのURL]

他の作品と比べてやや派手さや熱量を欠いているが、
ウンチクや迫力のある格闘シーンはしっかりしていていいと思う。
終盤は失速していたがそれでも十分面白かった。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-09-22 18:30:36] [修正:2018-10-25 15:55:31] [このレビューのURL]

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-10-25 15:34:12] [修正:2018-10-25 15:34:12] [このレビューのURL]

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-10-25 15:33:51] [修正:2018-10-25 15:33:51] [このレビューのURL]

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-10-25 15:33:25] [修正:2018-10-25 15:33:25] [このレビューのURL]

ナイスレビュー: 0

[投稿:2018-10-20 08:28:55] [修正:2018-10-20 08:28:55] [このレビューのURL]

<<前の10件
1234