ホーム > 少年漫画 > 週刊少年マガジン > デビルマン

7.8点(レビュー数:70人)

作者永井豪

巻数5巻 (完結)

連載誌週刊少年マガジン:1972年~ / 講談社

更新時刻 2012-10-21 10:47:53

あらすじ 父の死の謎を追う少年飛鳥了。その内に悪魔(デーモン)は人間の理性が無くなったときにその体を乗っ取れるという仮説を打ち出す。親友の不動明を誘い,逆に悪魔の体の方を乗っ取ってやろうという計画を打ち出し,結果として不動明はデーモンの勇者アモンと合体し意識を乗っ取り,デビルマンになった。そして来たるデーモン軍団を迎え撃つ!!

備考  既存の少年漫画になかったエログロ、終末的思想、後半からの凄まじい展開は当時の読者に衝撃を与え、後年輩出された名作には少なからずこれの影響を受けたものも存在すると言われる。
 70年代を代表する作品。
 また、作者にとってもお気に入りの作品らしく文庫化や豪華版などにされたときには大幅の加筆修正も行っている。

シェア
Check

デビルマンのレビュー

点数別:
21件~ 25件を表示/全70 件

9点 ブリキの金魚さん

全てが圧倒的。結末も美しい。本当に衝撃的な最後まで衝撃の連続です。絶望に次ぐ絶望。初期衝動の塊のような作品。でも、魔法がかかっているとしか思えない程素晴らしい作品です。

悪魔とは一体何なのでしょう。その答えは・・・。

具体性に欠ける説明ばかりですみません。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-04-22 10:24:11] [修正:2011-04-22 15:47:06] [このレビューのURL]

9点 FAZZさん

今見ても衝撃的な作品。
終盤が圧倒的に面白いです。
集団心理の恐ろしさや絶望感が滲み出ててました。
ただ過去編は蛇足だと思いました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-03-09 19:31:10] [修正:2011-03-09 19:31:10] [このレビューのURL]

7点 torinokidさん

言わずと知れた名作中の名作。終末系マンガの元祖と言っても良いかも。

呑気な感じのアニメに比べて、原作のまあ強烈なこと。
初めて読んだときは、脳髄の奥深くをぶん殴られたような感じだった。

ラストは秀逸。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-02-07 19:05:52] [修正:2011-02-25 22:12:52] [このレビューのURL]

10点 森エンテスさん

何度かレビューをしようとして、書いては消してを繰り返し諦めてきた作品。

まず、漫画読者が現在、様々な表現の作品を読むことが出来るのは、永井豪という天才がエロにしろ、バイオレンスにしろ先人達の良識・良心から生まれた境界を壊し続けたからである。

そして、この『デビルマン』という作品もまた、境界を壊した作品です。

現在の少年漫画ではありえない表現があり、当時のマガジン編集部の英断には頭が下がります。

内容的にも、読者である少年達の人生を変えてしまうほどのインパクトを持っており、その内容は21世紀に入った今読んでも鳥肌が立つほどの威力を持っています。

僕がこの作品を読んだ時には既に高校を卒業した後でした。
もしも小中高生の頃に読んでいたら・・・・と思うと、怖いものがあります。

これは漫画界が生んだ『聖書』の一つです。
そして、ここから幾つもの宗派が生まれて翻訳されていったのです。

「不朽の名作」・・・この作品の為にある言葉です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-02-23 21:37:01] [修正:2011-02-23 21:37:01] [このレビューのURL]

9点 gotouさん

最近始めて漫画の方を読んだのですが衝撃でした。
アニメの印象しかなかったもんですから・・・。

たった五巻しか無いけれども…内容は今までのどの漫画よりもぎっしり詰まっていました。
アニメしか見たことの無い人は恐らく「こんな話だったのか!」と衝撃を受けること間違い無し。

所々に張ってある伏線の張り方も上手でした。
怒涛の展開のラストも感動してしまいました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2005-04-24 23:30:17] [修正:2010-11-11 00:28:00] [このレビューのURL]

PR


デビルマンと同じ作者の漫画

永井豪の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年マガジンの情報をもっと見る