ホーム > 少年漫画 > 週刊少年マガジン > デビルマン

7.8点(レビュー数:70人)

作者永井豪

巻数5巻 (完結)

連載誌週刊少年マガジン:1972年~ / 講談社

更新時刻 2012-10-21 10:47:53

あらすじ 父の死の謎を追う少年飛鳥了。その内に悪魔(デーモン)は人間の理性が無くなったときにその体を乗っ取れるという仮説を打ち出す。親友の不動明を誘い,逆に悪魔の体の方を乗っ取ってやろうという計画を打ち出し,結果として不動明はデーモンの勇者アモンと合体し意識を乗っ取り,デビルマンになった。そして来たるデーモン軍団を迎え撃つ!!

備考  既存の少年漫画になかったエログロ、終末的思想、後半からの凄まじい展開は当時の読者に衝撃を与え、後年輩出された名作には少なからずこれの影響を受けたものも存在すると言われる。
 70年代を代表する作品。
 また、作者にとってもお気に入りの作品らしく文庫化や豪華版などにされたときには大幅の加筆修正も行っている。

シェア
Check

デビルマンのレビュー

点数別:
1件~ 5件を表示/全70 件

9点 skさん

面白かった!
強いメッセージ性に加えて暴力表現を駆使したエンタメ性はハマる人には堪らないんじゃないでしょうか。
良作です!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2021-10-01 05:33:46] [修正:2021-10-01 14:28:27] [このレビューのURL]

10点 チーズカバオさん

恐らく、当時の多くの子供達が自分たちの読んでいる漫画というメディアがいかに無限の可能性を秘めているかに気付かないまま古典的名作漫画に触れ続けていた時に、
直感的に漫画の凄さを思い知るきっかけとなった作品なのではないだろうか。

作者の技術とかそういうものではなく、根本的な感性がイカれてないとこんなものは描けないし、容赦なく少年漫画としてこれを世に送り出されたことも信じられない。
この作品が誕生したこと自体が奇跡的である。

そしてこの作品がなければ、漫画やアニメを日本の文化と言われるまでに押し上げた数々の歴史的名作も生まれなかっただろう。
漫画・アニメ界に残した功績の偉大さで言えば、ドラゴンボールに次ぐと言えると思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2020-10-22 15:07:09] [修正:2020-10-22 15:07:09] [このレビューのURL]

10点 鈴森一さん

[ネタバレあり]

本当は、予備知識なしに読んでほしい作品です。
でも、この情報過多の時代ではそれも難しいかな、とも思いつつ、レビューします。

人間を守るために戦う主人公が、次第に人間に守る価値があるのかと自問し、いろいろあって守るべき価値はないと判断します。

その結果、人間は滅んでしまい、ラストシーンへ繋がります。

この、衝撃の結末へと向かうまでのストーリーやパワーが素晴らしいです?

私は小学生の頃に予備知識なくこの漫画を読みました。
その結果、それまでの価値観が確かに変わりました?
まさに、人生に影響を与えた漫画です。

ナイスレビュー: 2

[投稿:2016-11-27 13:11:20] [修正:2016-11-27 13:11:20] [このレビューのURL]

9点 ゴンさんさん

思っていた展開と違いビックリしました。
主人公がデビルマンとなり敵と戦うだけの話だと思っていたら全然違いました。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-10-12 17:37:38] [修正:2015-10-12 17:37:38] [このレビューのURL]

1点 えあさん

さっき銭ゲバを評価したばかりだが、これも同じ。
残酷だったり基地外な描写をすれば異端扱い。
マンガってそういうのじゃないと思う。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2015-05-19 23:54:19] [修正:2015-05-19 23:54:19] [このレビューのURL]

PR


<<前の10件
123456789

デビルマンと同じ作者の漫画

永井豪の情報をもっと見る

同年代の漫画

週刊少年マガジンの情報をもっと見る