ホーム > 青年漫画 > 月刊アフタヌーン > ラブロマ

7.04点(レビュー数:22人)

作者とよ田みのる

巻数5巻 (完結)

連載誌月刊アフタヌーン:2002年~ / 講談社

更新時刻 2010-08-30 12:43:12

あらすじ 「根岸さん、好きです。俺と付き合ってください」
ファーストコンタクトは突然の告白から始まった。
あまりにも正直な星野くんと、根岸さんの初々しい恋のゆくえは――。

備考 元は2002年「月刊アフタヌーン」春の四季大賞を受賞した読みきり「ラブロマ」が原型。

シェア
Check

ラブロマのレビュー

点数別:
6件~ 10件を表示/全22 件

8点 ITSUKIさん

何も特別な事が起こらない日常は平穏と言います。
しかし恋人と過ごす毎日は、普通な日々が刺激的に感じるんです。

一番最初の物語の「つかみ」から上手いなぁと思いました。
とても純愛な内容で、ドロドロしません。なんとも平和な世界です。
それに星野の普通からちょっと(大分?)ずれた思考回路からくるボケとそれに思わずツッコむ根岸さんの台詞やテンポが良くってリズム良く読み進められます。
(この気持ちよさの謎は4巻のおまけ漫画で明らかに。作者も無意識だった様ですが漫画ってこうやってできてるんだなぁと感心しました)

恋人でいる事・いられる事がどんなに大事で素晴らしいのか。
そんな事をはっとさせられる星野のキャラがとても好きです。

とよ田先生の作品は「FLIP-FLAP」以来二作目だったのですが、「ラブロマ」でとよ田先生の絵柄・作風が好きになれました。
場面転換の仕方、オチの付け方、カラーの塗り方などなど独特だなぁと思います。
全5巻で長すぎないのも○。
さっと読めて「あー面白かった」っていい気分で読み終えられます。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-06-05 22:49:05] [修正:2010-06-05 22:53:55] [このレビューのURL]

8点 リヴィエラさん

感情を素直に表現する少女に恋をし、感情を包み隠さず言葉にすると決めた少年。その想いは愛を、そして感動を生む。

なんでも正直に答える主人公の言葉はいちいち面白くもあるが痛烈に心を抉ることもある。
この主人公の発す負の感情には何故かこちらが泣きそうになってしまった。
ただのほのぼの系漫画だと片付けるのは勿体無い。素直にそう感じた。

ただ、こんなにも面白いと思ってしまったのは主人公が素直な気持ちをハッキリと言うことを苦としない人間で、奥手な自分の理想像とで言うべき人物だったからなんだろうなぁ。
この漫画、自分は大好きです。
ラブコメやギャグなどでなく恋愛物(ラブロマンス)として読んで頂きたい。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-06-23 15:16:44] [修正:2010-05-03 17:23:25] [このレビューのURL]

8点 がいさん

なんというか…綺麗な漫画です。
ラブラブというよりは、
ケンカ(漫才)したり嫉妬したり欲情したりもするものの、
そういうのも含めて
凄い純粋でまっすぐで綺麗に描かれています。
まあ何だかんだで恥ずかしいぐらいラブラブな訳ですが。

こんな風に恋愛しても周りにからかわれたりして
恥ずかしい思いをするだろうなーと思いつつ、
星野君はそんなの関係なしでどんどん突撃するし、
ネギちゃんも恥ずかしがりつつもなんだかんだで受け入れ
お互い愛し愛されている自信があるのが羨ましいです。


絵柄が一見恋愛漫画というよりはSF漫画チックで
初見ではその内容と絵柄のギャップにイマイチ馴染めませんでしたが
読めば読むほどその絵柄がかえっていい味出していると思います。


また、脇キャラ一人一人がかなり愉快でそれぞれの恋愛模様も見モノですし
カバー裏などでサブキャラ同盟とかやってたりするのも面白いです。
個人的には地味なくせにおいしいとこ持っていくハシバが好き。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-03-24 21:20:58] [修正:2010-03-24 23:56:13] [このレビューのURL]

今でいうとこの「素直クール」というとこでしょうか
違うか

超がつくほど馬鹿正直な星野君に告白された根岸さんが
彼と周囲に振り回されながら愛をはぐくんでいくラブコメディ
絵柄も独特ですが、それがかえってこのジャンルにありがちな媚臭がなく
男女問わず楽しめるラブコメです

星野君(ボケ)と根岸さん(ツッコミ)の漫才のような掛け合いをメインに
コメディ色を強く出していますが、
それと平行して二人の恋人のステップを積み重ね
最終的に「みかん」に至るまで恋愛模様を描ききったのはえらいですね。

全体を通して微笑ましい気持ちになります。

星野君みたいな人がたくさんいれば世界も平和になるのかな〜

ナイスレビュー: 1

[投稿:2009-09-29 20:51:53] [修正:2009-09-29 20:51:53] [このレビューのURL]

7点 オカシューさん

ラブコメとしてオリジナリティを感じる大良作と思います。
ただ絵に関しては未完成な印象を受けました。もう少し洗練されてくれたらうれしいかな。

アフタヌーンという掲載誌も微妙な気が・・・
少年誌でならもっと大きく評価されているであろうと思いました。

多くの漫画を読み漁っていると刺激の強い作品がありすぎて心の感覚が鈍くなってきてる気がします。
だからこの作品がまだ楽しく読めている自分にホッとしたりもしています。

「闇金!ウシジマくん」読んで「シグルイ」読んで「ラブロマ」読んでどれも楽しめる・・・人間は簡単に推し量れない複雑な生き物だという事でしょうか・・・?

所持巻数 4巻

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-08-28 23:05:20] [修正:2009-08-28 23:05:20] [このレビューのURL]

PR


ラブロマと同じ作者の漫画

とよ田みのるの情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊アフタヌーンの情報をもっと見る