ホーム > 青年漫画 > 月刊アフタヌーン > ラブロマ

7.04点(レビュー数:22人)

作者とよ田みのる

巻数5巻 (完結)

連載誌月刊アフタヌーン:2002年~ / 講談社

更新時刻 2010-08-30 12:43:12

あらすじ 「根岸さん、好きです。俺と付き合ってください」
ファーストコンタクトは突然の告白から始まった。
あまりにも正直な星野くんと、根岸さんの初々しい恋のゆくえは――。

備考 元は2002年「月刊アフタヌーン」春の四季大賞を受賞した読みきり「ラブロマ」が原型。

シェア
Check

ラブロマのレビュー

点数別:
16件~ 20件を表示/全22 件

7点 ともえさん

少し理屈っぽいところもありますが、主人公のネギちゃんと星野くんのど付き合いギャグが面白いので、良い感じなラブコメになっておりますね。
まさしく『高校生の恋愛』というところが好きです。
直球ストレートで恋愛というテーマを模索していく感じ、清々しくて甘ずっぱいです。
主人公も面白いのですがサブキャラも面白くて良い味してます。
結構沢山出てくるのですが、ほぼ全員ちゃんと作品のスパイスになってるのが凄いです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2007-02-01 23:44:30] [修正:2007-02-01 23:44:30] [このレビューのURL]

6点 dollboxさん

最初から最後まで実に清々しい作品でした。
そうやって書くと頭の古いおっさんみたいだけど、本当にそうなんだもん。
恋愛にも自分にも相手にもマジメで正直なホシネギコンビと、
ポップでかわいい絵柄がマッチして、いい読後感が残ります。
コミカルで微笑ましい良作です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2006-01-23 03:37:46] [修正:2006-01-23 03:37:46] [このレビューのURL]

7点 paperinaさん

[ネタバレあり]

祝!完結。
ダラダラ長引かせずにサクッと終わらせましたね。
(作中でちゃんと年月が経過していたせいでもあるでしょうが)

感情で動く根岸ちゃんと理屈で動く星野くんが
恋人になってからが話のスタート。
お互いに分かり合い、仲を深めあおうとするさまは
ひしひしと良質だなぁと感じます。
ある種の哲学や考え方の指針になるような部分がありつつも
作品そのもののおもしろさの妨げになるようなことにはなっておらず、
むしろ作品の味になっています。

・・・しかし、5巻で「みかん」を連発するとは思いませんでした。
気になる方はお確かめください。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2005-12-27 19:38:53] [修正:2005-12-27 19:38:53] [このレビューのURL]

5点 真樹さん

うーん…同系統のほのぼのラブコメ漫画で比較するなら
これよりは「ういういDAYS」の方が私は好きですね。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2005-09-20 03:42:03] [修正:2005-09-20 03:42:03] [このレビューのURL]

6点 roiさん

他人の幸せを見るのが嫌いな人は、まずスルーした方がよろしい漫画。今のところ主人公のお2人がやたらとベタベタしている展開しかありません。と言ってもこの2人の場合はど突き合う(と言うか一方的にど突かれる)ことがベタベタしてることになってるんですが・・・。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2005-09-13 15:16:21] [修正:2005-09-13 15:16:21] [このレビューのURL]

PR


ラブロマと同じ作者の漫画

とよ田みのるの情報をもっと見る

同年代の漫画

月刊アフタヌーンの情報をもっと見る