ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスピリッツ > 最終兵器彼女

5.79点(レビュー数:72人)

作者高橋しん

巻数7巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスピリッツ:2000年~ / 小学館

更新時刻 2011-01-12 14:08:44

あらすじ 時代背景が「現在」の戦争中の日本。
普通の高校生のはずのシュウジとチセ。彼らの心にも戦争が大きくのしかかり、覚悟を決める時代。

チセの口癖は「ゴメンナサイ」だった。ドジで背が小さく、あまりしゃべらない「彼女」。
ある日シュウジが友達たちと札幌へ買い物に行くと、空襲に遭ってしまう。
そこに現れた日本の最新式の兵器。ソレは敵を打ち落とし、地に舞い降りた。
白煙に包まれたそれは間違いなくシュウジの「彼女」だった。
「ごめんね、シュウちゃん。あたし、こんな体になっちゃった」

シェア
Check

最終兵器彼女のレビュー

点数別:
11件~ 15件を表示/全72 件

7点 s-fateさん

あまりマンガは買わない友人から借りて読んで、「よくこんな重い話のマンガ買ったね」と感想を言った記憶があります。絵と話のギャップも手伝って余計そう思いますが、一気に読み終えるだけの作品ではあったので、7点としておきます。ただし読後感が負の方向に振れるタイプなので、それがいやな人にはオススメできません。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-08-16 10:27:30] [修正:2011-08-16 10:27:30] [このレビューのURL]

6点 まささん

この漫画は誰にでも好き好んで見れる様には出来ていないと思う。
良く言われるのが彼女が何故兵器になってしまったのか
とか中で出てくる現象については一切書かれていません。
例えば戦争している相手は誰なのか?何故戦争になっているのか?
この辺りが理解出来ない人で漫画読めない人は最カノは向いていません。

あくまでも最終兵器彼女のコンセプトは
「この星で一番最後のラブストーリー。」

作者に怒られそうですが、めっちゃネタバレ
何かの原因(映画では核戦争が始まった)で地球の最後(崩壊)を知ってしまった世界中の人達が安全な地(日本とか)へ侵略してきます。この時点ではブラジル方面は穴が空いてるらしい。そのために逆の日本方面に来る。
OVA「Another love song」を見ると分かります。九州そして関東が占領され北へ北へ。それを阻止する為に、兵器になったしゅうじの彼女が戦います実際は他にも兵器になった人(OVA見ろ)はいるのですが。
ちせ(彼女)は自分の故郷の町の人達を守る為、彼氏を守る為に強く、そして侵略してくる大量の人を殺していきます。ちせは殺人に気が変になり、彼氏からは怖がられ逃げたりしますが、それでも彼氏を助けたいと願います。人を殺す度に人間としての心が壊れていきますが彼氏を願い生きます。そして地球崩壊の日に故郷の町の人達を救えない事を悟り、地球崩壊で苦しまないように、自分の手で町の人達を殺戮します。
ただし、彼氏だけは助けたいと願い。自分が宇宙船になり地球から逃げようとするが、彼氏の食べ物を持ってくるのを忘れます。
ちせとしゅうじが助かった様に例えられやすいですが(そのパターンはエヴァ)、実際はちせは人間でなくなり物体として残っておらず思い出にだけの存在。そして唯一助かったと思えるしゅうじは食料が無いので結局、餓死。
この作品はどうやっても救えない人や恋人達へのメッセージだと思う

地球の最後を知った時に自分の(彼氏、彼女)や家族にあなたならどうしますか?って言いたい作品なんだろうけどなにぶん、あの絵だからね

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-08-06 21:52:27] [修正:2011-08-06 22:33:14] [このレビューのURL]

4点 ジブリ好き!さん

徹底して描かれる「キミとボク」という世界。
セカイ系作品として有名ですが、いつ、いかなる時でもただ愛し合う二人をただ見ているだけの作品です。
読み手との相性がかなーり問われます。

不条理で絶望的な中で貫かれる愛の凄さを感じる作品。
周りの大切な人たちが次々に死んでいく中で、その悲しみの中で深まっていくキミとボクの愛の形…。絶望渦巻く終末の中でも、全くストレートでなく、じれったいような恋愛関係。それを如実に表す文字の背景への溶け込みや、ナレーションのような手紙のやりとりなど、他に類をみない表現法。
これらにどこまで感動できるのか、否か。

とにかく世界観はほとんど明かされず、話を補完できません。番外編短編集も、ヒントになりません。でもストーリーなんてあってないようなもの、どうでもいいんです。
愛情表現にはこれでもかと性描写を使い、読んだ当時が小学生だったのであまり好印象を持っていませんでした。高校で先輩がこれを読んで泣いたというので読み返してみましたが、やっぱり理解できません。最近読み返しました。全然理解できないし、自分には面白くないです。

しかし間違いなく内容的にもテーマ的にも突き抜けた作品であり(戦争していっぱい死んでく中で愛を育むキミとボク)、一読の価値はある特異な作品なのです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2010-03-13 22:43:19] [修正:2011-06-05 14:33:25] [このレビューのURL]

5点 グレッチェンさん

高校生の時に初めて最終兵器彼女を
読んだためか強く印象に残っていた。


この作品は世界系と言われているが
なるほどなと思う。最後に人類は滅び
シュウジとチセの二人?が
生き残って終わるまさに世界系。


他の人の言葉を貸ると
それは恋愛の排他性と残酷さを
表現しているらしい
最終兵器彼女は
そのため諸々の設定ではなく
あくまでシュウジとチセ二人の恋愛を
中心にしたため、戦争の背景とか
あまり詳しく描写されないんだとか



最終兵器彼女は
恋をするということは、ある意味遺伝子を
残したい思うとても本能的で動物的なもので
あることを表現している。
(やたらに性的なシーンがあることから
そう推測してみた。もしかしたらそうじゃなく
サービスな可能性や偏見な意味ではないが作者の性癖
も関係している可能性も無論ある)


つまり最終兵器彼女は究極な恋愛の本質を
表現した一つの異色な作品なのだと思う
だからこの作品を読んでいて気持ち悪くも
快感にも感じられる

だからこそ面白く感じる人にはとことんはまり
はまらない人はまったくはまらない作品となった

そんな問題作

ナイスレビュー: 1

[投稿:2011-04-20 22:23:48] [修正:2011-04-20 22:27:18] [このレビューのURL]

10点 批判は嫌い君さん

自分はめちゃくちゃよかったと思いました^^
意見はやっぱり割れますね;_;なんか悲しいです><
なんか常にサイカノの事が頭から離れません!
自分と同じ気持ちの人はきっといるはず^^
とにかくとてもよかったです!

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-02-27 23:31:36] [修正:2011-02-27 23:31:36] [このレビューのURL]

PR


最終兵器彼女と同じ作者の漫画

高橋しんの情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスピリッツの情報をもっと見る