ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスピリッツ > 最終兵器彼女

5.79点(レビュー数:72人)

作者高橋しん

巻数7巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスピリッツ:2000年~ / 小学館

更新時刻 2011-01-12 14:08:44

あらすじ 時代背景が「現在」の戦争中の日本。
普通の高校生のはずのシュウジとチセ。彼らの心にも戦争が大きくのしかかり、覚悟を決める時代。

チセの口癖は「ゴメンナサイ」だった。ドジで背が小さく、あまりしゃべらない「彼女」。
ある日シュウジが友達たちと札幌へ買い物に行くと、空襲に遭ってしまう。
そこに現れた日本の最新式の兵器。ソレは敵を打ち落とし、地に舞い降りた。
白煙に包まれたそれは間違いなくシュウジの「彼女」だった。
「ごめんね、シュウちゃん。あたし、こんな体になっちゃった」

シェア
Check

最終兵器彼女のレビュー

点数別:
16件~ 20件を表示/全72 件

0点 三助さん

出し抜けに彼女が最終兵器になってしまいます。理由は不明。
特に知りたいとも思わないので読むのをやめました。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2008-11-29 10:20:06] [修正:2010-10-08 20:22:18] [このレビューのURL]

8点 codyさん

賛否両論ですが、僕はちせとしゅうじに感情移入できるかどうかがすべてだと思います。
なににリアリティを求めるのかはそれぞれ違うと思います。戦争の描写にリアリティがないとか、なによりも最終兵器にリアリティがないとかいう意見もあると思います。
でもこの漫画の本質はそこじゃないのではないでしょうか。極限状態での二人がどのような想いを持つのかに作者はリアリティを置いているのじゃないかと感じます。

ドジでのろまで謝ってばかりのちせは現実にはありえないようなキャラクターですが、僕はそんなちせが好きです。
最初はあり得ない設定につっこみをいれたり二人の想いに否定的な感情も出てきました。ふゆみやテツの存在も不愉快でした。
「おいおいそれでいいのかよ」って思ってみたり。でもそんなふうに二人を心配している自分がいて、「あぁこの作品にのめり込んでいる」自分がいました。

つまりそういうことなんだと思います。設定につっこもうとおもったらどこまででもつっこめる穴だらけの漫画かもしれません。でもちせが好きでしゅうじがうっとうしくてあけみがかわいくて、その関係に何か思うところがあればそれでそれでいいんじゃないでしょうか。
それじゃあ納得できないと言う人にはあまりオススメできないと思います。

最後にテツ、俺のちせに手を出すんじゃねぇ!

長文失礼しました。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-10-05 06:50:07] [修正:2010-10-05 06:50:07] [このレビューのURL]

3点 そのばしのぎさん

なんだかセカイ系という言葉でレッテル貼りをして、思考停止してしまっている気がするのだが、そういった表現は手塚治虫も火の鳥などで描いてきた事ではないだろうか。

となると、高橋しんの描く人物像や描写に感情移入できるか、魅力を感じるか、という部分で評価が分かれると思う。
自分にはこれが男女の恋愛の姿というよりは、むしろピグマリオン・コンプレックス(人形偏愛)の一種のように思える。リアルドールに衣装を着せ、一緒に食事を摂ったり、団欒する妄想の世界で生活をしている人達が世の中にはいる。あぁ、別に抱き枕やエア彼女といった存在でも良いかもしれない。
そういった物に対する一方的なパラノイアを美化させただけではないだろうか。

チセを気持ち悪いと感じるのはそういう人形みたいな存在だからだと思う。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-09-19 13:15:31] [修正:2010-09-19 19:52:54] [このレビューのURL]

0点 トトさん

彼女は最終兵器になりました。

「なぜ?」と思うか思わないかで点数が分かれます。
残念ながら私は疑問がわきました。

おかげでそのほかの多くのシーンで気持ち悪いと感じた作品。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2009-01-12 19:08:35] [修正:2010-07-23 11:16:04] [このレビューのURL]

1点 numaruさん

1点という厳しい評価ですが、ストーリーは本当に胸を打つものがあり、もし現代に戦争が起こったら・・・・すごく考えさせられました。

主人公や、その主人公を好きだった幼馴染の死に際など、胸が締め付けられます。物語は斬新で、新しいし、高橋先生しか描けない世界だと思います。


ではなぜ1点なのか。


ストーリーは先述のとおり素晴らしいのですが


ハッキリ言ってヒロインの女の子が気持ち悪いです。


こんな女、いません。


高橋先生の理想の女性像、つまり・・・すぐ頬を赤らめて上目づかいで照れながらナヨナヨ近づいたり離れたり


すみません文字にしても伝わりません、実際読んでみてください。


あまりにも現実味がなく、恋愛ゲームの女の子のような・・・着せ替え人形のような・・・


とにかくそういった子を可愛いと感じてる、という作者の嗜好が、あまりにもダイレクトに伝わって物凄い気持ち悪いです。「どう?この子かわいいでしょ?」みたいな。

先述した幼馴染の女の子はギリギリそこが抑えられていて、まだ現実的な体温がありましたので、死ぬ際は素直に悲しむことができました。


しかしヒロインは、まあとにかく気持ち悪いです。兵器になってから不気味とかそんなじゃなく、1話から、です。

ヒロインがもっと現実的な女の子なら紛れもなく名作として位置づけられていたでしょう。でもヒロインひとりで完全な嫌悪感を抱いてしまいましたので、私はもう無理です。


6点5点でも良かったのですが、「できることなら読みたくなかった漫画」という欄はこの点数らしいので1点とさせていただきます。

ヒロインが可愛いと思えるひとには名作になると思います。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2010-07-20 01:21:43] [修正:2010-07-20 01:23:15] [このレビューのURL]

PR


最終兵器彼女と同じ作者の漫画

高橋しんの情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスピリッツの情報をもっと見る