ホーム > 青年漫画 > ビッグコミックスピリッツ > 最終兵器彼女

5.79点(レビュー数:72人)

作者高橋しん

巻数7巻 (完結)

連載誌ビッグコミックスピリッツ:2000年~ / 小学館

更新時刻 2011-01-12 14:08:44

あらすじ 時代背景が「現在」の戦争中の日本。
普通の高校生のはずのシュウジとチセ。彼らの心にも戦争が大きくのしかかり、覚悟を決める時代。

チセの口癖は「ゴメンナサイ」だった。ドジで背が小さく、あまりしゃべらない「彼女」。
ある日シュウジが友達たちと札幌へ買い物に行くと、空襲に遭ってしまう。
そこに現れた日本の最新式の兵器。ソレは敵を打ち落とし、地に舞い降りた。
白煙に包まれたそれは間違いなくシュウジの「彼女」だった。
「ごめんね、シュウちゃん。あたし、こんな体になっちゃった」

シェア
Check

最終兵器彼女のレビュー

点数別:
6件~ 10件を表示/全72 件

6点 あおはなさん

意外と泣ける。

ちせとしゅう・・・意外と泣ける。

純愛、どこまでも純愛、最終兵器でも純愛、離ればなれでも純愛、どんだけ死んでも純愛、世界が滅んでも純愛。

ただそれだけだけど、逆にただそれだけでここまで読めれば結構すごいことなのなのかも?

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-10-16 19:32:21] [修正:2012-10-16 19:32:21] [このレビューのURL]

6点 a1102b1204さん

好き嫌いがかなり分かれる作品。

キャチコピや設定がすごく好きで、
だからすごく期待して読んでしまいました。

まあ正直期待より劣っていた気もしますが
中々良い作品だと思います。

後半はとてもわくわくして、二人の行く末を全力で見守りながら
楽しく読ませて頂きました(笑)

感動はしましたが涙腺ゆるゆるな私でも泣かなかったので
「よし、泣くぞ!」という気分で読むのはおすすめ致しません・・

期待しすぎずに温かい目で読んでほしいです。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-05-18 23:56:50] [修正:2012-08-27 18:39:13] [このレビューのURL]

5点 しょうようさん

タイトルでずっと気になっていたのでつい先日アマゾンの全巻セットを買いました。

つい先ほど読み終わった感想です。
最後の2巻はとても自分的にはおもしろかったです。
ストーリーも最終局面となり、戦争の理由や世界の現状などもおおまかにですが明らかとなり段々と終末感の漂う感じになってきます。
そして、ラストを読み終わった後の余韻がなんとも心地良かったです。
ハッピーともバッドともつかないエンドですが、何か一つの映画を観終わった後のような気分になります。
ラストの感想としてはなかなか満足しています。
しかし、なかだるみが少々ありすぎたような気がします・・・実際途中の話の内容を詳しく思い出せません。
この物語自体3巻もあれば充分の余韻を残し終わらせることのできた内容だったのではないかと思います。
あと、一番気になったのがセックスの多さですね・・・。
何かあればすぐセックス、セックス。こういう描写も表現のうちなのでいいとは思うのですが、あまりにも回数が多すぎて途中から「またかよ・・・」という気持ちにさせられ、シラけてしまいます。

あとは他の方も書かれていますが、世界観や設定に説明不足と感じてしまう方が多く、そういう方は大抵この漫画に入り込むことができません。自分もその一人で、「主題はラブストーリーなのだから気にするな」と言い聞かせてましたがやはり一々「?」の感じられてしまうことが多く、またその度にしらけてしまいます・・・。

上の方に書いたとおり、ラストはなかなか面白かったのですがそこに至るまでの物語にたびたび違和感等を感じてしまったためこの点数です。

ナイスレビュー: 0

[投稿:2012-04-17 22:21:01] [修正:2012-04-17 22:21:01] [このレビューのURL]

9点 tamajiroさん

とある番組の受け売りですが、この作品は「あえて書かないことで表現する漫画」です。そして作品のテーマとしては「究極の愛の形とは」といったところでしょうか。

私個人としてはこの作品は大好きですね。恋愛ものの漫画は数多く見てきましたが恋愛部門では私の中では堂々の№1です。

台詞のインパクト、はじめから終わりまで計算された構成は一本の映画を見たかのような満足感でした。ページをめくった次の瞬間にはまったく対照的な描写をあてたりとか、交換日記を背景にしたり、まったく言葉のない繊細な描写とか凄かったですね。

ただし、点数をつけるのは凄く悩みますよねw

前に述べましたがこの作品は「あえて書かないことで表現する漫画」だからです。

なんでチセが最終兵器なのか、どことの戦争なのか、何で戦争してるのか、戦況はどうなってるのか全くわかりません。でもこれはあくまでも「シュウジとチセの恋愛」を追った話であり、作品の趣旨とは関係がないという作者の意向ですからね。書き忘れではないわけですからそこにこだわるのはきっと違うんでしょう。

まあ、実際戦争があったらなにもわからないまま死んで行くのがほとんどなんだろうな。なんて思いながら私はよんでましたけど

賛否両論は出るんだと思います。極論ですからね。当然といえば当然です。
ただしあくまでも恋愛にこだわる作品の姿勢に私は心を打たれたし、こういう作品があったほうがいいんだと私は思います。というよりこういう作品をもっと色んな人にも書いて欲しいですね。


ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-10-03 01:18:44] [修正:2012-03-20 22:55:31] [このレビューのURL]

10点 japanese.boyさん

大変申し訳ありませんが、僕としてはこの作品は思い出補正がかかり過ぎているので10点にします。これを初めて読んだのは中学生の時でした。当時ピュア(?)だった時期に読んだため、これは衝撃的でしたね。
とにかく素性が分からない敵となぜか戦争になって世界がダメになっていく、それと並行してちせがどんどん兵器としての純度を上げていく。だけど恋はしたいという、どうしようもない無力感とかが切なすぎました。あと最後のシュウジとちせの○○のシーンは、それまで我慢してきた遣る瀬無い感情が溶けるような気持ちになり、「行くとこまで行っちゃえ!」と2人を応援しつつ号泣でした(笑)
読み終わった時、胸にボーンと大きい孔が開いたようになり、頭がボーっとして何も考えられなくなりました。それからしばらく中毒になり、授業中ふと気がつくとシュウジとちせが幸せに暮らしている様子を妄想してしまうという、治療の方法がないハマり方をしてしまいました。ここまでハマってしまった漫画は他にないかもしれないですねぇ。

いろいろ考えて10点

ナイスレビュー: 0

[投稿:2011-12-20 00:03:48] [修正:2011-12-20 00:27:14] [このレビューのURL]

PR


最終兵器彼女と同じ作者の漫画

高橋しんの情報をもっと見る

同年代の漫画

ビッグコミックスピリッツの情報をもっと見る