ホーム > 青年漫画 > ヤングキングアワーズ > 惑星のさみだれ

6.67点(レビュー数:43人)

作者水上悟志

巻数10巻 (完結)

連載誌ヤングキングアワーズ:2005年~ / 少年画報社

更新時刻 2011-07-21 13:22:59

あらすじ ある朝起きたら言葉を喋るトカゲがいた……。
平凡な大学生だった夕日の前に現れたトカゲの名はノイ。彼は地球を滅ぼす魔法使いから姫を守るために馳せ参じた騎士という。拒否する間もなくノイから指輪と能力が与えられた夕日に襲いかかる敵。逃げまどう夕日を救ったのは隣りに住む少女・さみだれだった。野望を隠し持つ姫さみだれにトカゲの騎士ノイ。そして心に傷を持った歪んだ騎士・夕日。野望にバトルに恋愛?に。地球を巡る小さいようででっかい物語が始まる。

シェア
Check

惑星のさみだれのレビュー

点数別:
6件~ 10件を表示/全43 件

6点 勾玉さん

4巻あたりまでずっとつまらなくて、読み進めるのが辛かった。
迫力のない敵の造形、乱立するキャラクター、読んでいて恥ずかしくなるセリフやシーンに、薄ら寒いノリ、
序盤はそれこそ打ち切られなかったのが不思議に思えるレベルだが、
物語が中盤に差し掛かった頃からようやくエンジンがかかり、
そこからは序盤の鬱憤を晴らすかのように、ラストまでギアが上がりつづけていった。

おそらくこの漫画は結末の構想が先にあり、そこから物語を組み立てていったのだろう、
物語が収束していく終盤は面白いが、序盤は設定と謎を散りばめるばかりで面白さを感じにくい。
キッチリ伏線の回収をし、それぞれのキャラのエピローグもフォローされており
読み終わったあとの充足感は見事なのだが、序盤のつまらなさが仇となって他人に薦める気にならない作品である。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2021-01-10 23:31:00] [修正:2021-01-10 23:31:00] [このレビューのURL]

2点 チーズカバオさん

浅い浅い浅い、薄い薄い薄い、イタイイタイイタイの大不快漫画。
この作者は多分、若い頃に吸収した創作物が漫画とアニメに偏り過ぎていたんだろうなと思う。まあ、作者と同じような感性を持つ読者のツボはピンポイントで突きまくってる気はするし、ハマる人にとってはたまらんのだろうけど。
とは言え、好き嫌いは置いておくにしても客観的に考えて、そんなに出来の良い漫画とは思えないなー。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2018-10-03 21:20:38] [修正:2018-10-03 21:20:38] [このレビューのURL]

導入部分から魅力は感じられなかったので、先が不安でしたが、案の定でした。

伏線回収は上手いと思いますが、主人公の最終目標はイタいし、
ストーリーには引きつけられなかったです。

感動シーンみたいなのもありますが、それまでが希薄すぎて何も感じなかったです。

怪物みたいのも裏山とかにいて、違和感がありました。

キャラの心理描写不足で、どのような経緯で考えが変わったのか、
訳がわからず、感情移入できなかった。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2014-11-03 16:23:47] [修正:2015-05-28 22:03:07] [このレビューのURL]

3点 ガッデム松尾さん

ネットでの評価が高いので最後まで読んだが、最後まで面白さを見つける事ができなかった作品。残念。
自分が感じたのは、「拳を振り上げたまま、なかなか振り下ろさない」ような展開ばかりだったということ。なので、展開が明瞭なようでいて、ダラダラといったような雰囲気の漫画と受け取りました。

ナイスレビュー: 1

[投稿:2014-05-24 21:38:34] [修正:2014-05-24 21:38:34] [このレビューのURL]

4点 rocket乙πさん

評価が高いので読んでみましたが、正直、どこが面白いのかまったく分からない。                                                                                                                                                          

ナイスレビュー: 1

[投稿:2012-09-12 01:02:51] [修正:2012-09-12 01:03:41] [このレビューのURL]

PR


惑星のさみだれと同じ作者の漫画

水上悟志の情報をもっと見る

同年代の漫画

ヤングキングアワーズの情報をもっと見る